馬券生活するために知っておくべき競馬の知識あれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬をする人は主に2種類のタイプに分けられます。

1つは単純に競馬が好きで趣味として馬券を買っている人
もう1つは競馬でお金を稼いで馬券生活を送っている人(もしくは送ろうと思っている人)

競馬はギャンブルですから予想して購入した馬券が的中すれば払戻金としてお金が返ってきます。上手にやれば馬券生活も夢ではありませんし、実際に馬券生活を送っている人も少なからずいます。

馬券を買う以上やっぱり的中してお金を稼ぎたい!と思っている人は多いと思います。そこでここでは競馬生活を送るために知っておくべき競馬の知識について紹介します。

ただ馬券を当てたいだけでしたら特に気にする必要もないですが「競馬でお金を稼ぎたい!」という人はこれらの知識を知っておかないと損をしかねません。結構軽視している人も多いすが非常に大事なことなので、ちゃんと知っておきましょう。



SPONSORED LINK

馬券を的中し続けても「生活」はできない

競馬で稼ぐ基本的な手順としては

1.どの馬が来るか予想する
2.馬券を買う

で、購入した馬券が的中すれば払戻金が受け取れます。馬券は1点あたり100円から購入できますが掛け金の上限は特に決まっていませんのでいくらでも賭けられます。(マークシートの場合は75万円が上限)

払戻金は的中馬券についた配当(オッズ)によって変わります。例えば的中した馬券の最終オッズが1.5倍で馬券を1万円で購入したなら払戻金は15,000円となります。

・・・が、実は払戻金が発生する前に実は掛け金の何パーセントかは競馬を主催者(中央競馬の場合はJRA)にお金が渡っています。これを「控除」といいます。

いくら控除されるかは馬券種によって異なります。例えば単勝や複勝であれば掛け金の20%がJRAの取り分となり、残りの80%を的中馬券購入者に均等に配布されます。

各馬券種のJRAの取り分はこちら。このJRAの取り分を「控除率」といいます。

単勝、複勝・・・80%
枠連、馬連、ワイド・・・77.5%
馬単、三連複・・・75%
三連単・・・72.5%
WIN5・・・70%

簡単に言えば、単勝1.1倍のガチガチ大本命だけ見つけて単勝馬券1点狙いをしても控除が発生するため回収率が100%を下回る計算になります。回収率が100%を下回るということは、的中馬券を買っても損をするわけですから、当然馬券生活など送れるはずもありません。

馬券生活を送るうえで大切なのは「回収率が100%以上になる買い方をする」こと。

回収率を無視して買い続けても的中馬券が増えるばかりで肝心のお金は一向に増えない・・・なんて現象を起こしかねませんので、ご自分の買い方が回収率何%なのか?はきちんと把握しておく必要があります。

 

馬券生活が送れる3つの競馬戦略

馬券生活を送るためには控除率の存在を加味した競馬戦略が必要になります。分かりやすく言えば回収率が必ず100%を超えるような買い方をするのが必須というわけ。

回収率が100%を超えさすれば収支は必ずプラスになります。あとは掛け金や狙うオッズの調整することでより多くのお金を手元に戻せますので、まずは回収率100%オーバーを目指してください。

では具体的に回収率100%を超えるにはどうしたらいいのか?

細かい選択肢は色々ありますが、ざっくり分けると3つの戦略が考えられます。

1.高配当狙いの多点買い

馬券生活を送るうえで多くの人が考える戦略の1つが、高配当を狙った多点買いです。主に三連単や三連複といった馬券で勝負する傾向があります。

三連単であればよほど上位で決着しない限り100倍以上のオッズが期待できます。あとは的中してもトリガミにならないよう点数を調整したり掛け金をコントロールして回収率を安定させればOK。

多点買いで勝負するため、1点100円で買ったとしても1レース当たり数千円の掛け金が必要なります。さらに毎回買った馬券のどれかが的中するわけではないので、ある程度まとまった掛け金が用意できるかどうかがポイント。

ロジックが確立すれば何十万円かけて何百万円稼ぐ・・・なんてこともできるのがこの戦略も魅力でもあります。

2.穴馬狙いの1点買い

多点買いできるほどの資金がない人や多点買いするための資金を作りたい人が取り組んでいるのが穴馬狙いの1点買いです。穴馬は主に単勝などの的中条件が簡単な馬券種で勝負し、三連単など1点狙いでの的中が難しい馬券種は使いません。

穴馬と言っても万馬券が期待できる大穴ではなく数千円の中穴狙いがメイン。的中する可能性がありつつ、当たった時の見返りが大きいのがメリットといえるでしょう。

当然穴馬が馬券に絡んでもらわないといけないので、レース選択が重要になります。本命が来るような手堅いレースではなく、中位人気の馬が勝つ可能性がありそうな荒れるレースに的を絞って馬券を買えるかが重要。

また、的中したら深追いせずに潔く撤退できるかどうかも回収率を安定させられるかの大きなカギとなります。

3.複勝メインで的中率重視

競馬中級者の人はあまり好みませんが、玄人や馬券生活者の人がこぞって取り組んでいるのが的中率を重視した競馬戦略です。主に複勝や単勝など控除率が低い馬券種やワイド馬券など的中させるのが容易な馬券種を中心に使っています。

狙っているオッズは1.5倍~2倍前後と決して高くないゾーンで勝負しています。ただし、的中率が高いため掛け金を高くして的中した際の利益を大きく取っているのがこの競馬戦略のポイント。

どれだけ自身の手法で的中率を上げられるかが重要になってきますが、的中率が高めればハズレ馬券を買う回数そのものが減りますので、コンスタントに手元のお金が増えていくでしょう。

 

馬券生活で必ず落ちる“落とし穴”

馬券における控除率については聞いたことがあったり投資競馬の情報商材等で目にした人もいると思います。ただ真剣に考えて馬券を選ぶ際に控除率を頭に入れながら馬券を買っている人は決して多くないはず。

さらに考えている人が少ないのが馬券にかかる「税金」です。

「競馬で稼いだお金って税金かかるの?」と思っている人もいるかもしれませんが、競馬で年間50万円以上の利益が出ている場合は税金を支払う必要があります。なぜなら競馬で稼いだお金は「一時所得」とみなされるからです。

一時所得には最大50万円まで控除される特別控除がありますが、馬券生活するのであれば当然50万円以上の利益を出す必要があります。そのため、税金がいくらかかるか?と同時に“税額を抑えた馬券の買い方”も考えなければいけません。

実のところ税金まで考えて馬券を買っている人はほとんどといっていいほどいません。なんせ課税対象額まで競馬で稼いでいる人がほとんどいないからです。

しかし、今のうちから節税を視野に入れた馬券の買い方をしておかないと、後々痛い目を見ます。税金を支払わなければ追徴課税はもちろん重加算税もプラスしてビックリするようなお金を税金として納めなければいけません。

時にこれから競馬を収入源の1つにしようと考えている人は、競馬にかかる税金の仕組みについても勉強しておくといいでしょう。競馬にかかる税金の抑え方については下記ページで詳しく紹介しています。

≫競馬にかかる税金を最小限に抑えられる馬券の買い方

馬券の購入費は「経費」じゃないの?

競馬における税金において勘違いしている人が多いのが“経費”の取り扱い方です。特に多点買いをしている人は「経費がどれか?」を正しく知っておかないと裁判沙汰になります。

基本的に競馬の利益における経費は「的中馬券の購入金額」のみです。

例えば三連単を1点100円で100点買って10万円的中したとしましょう。この時10万円を的中させるために100円×100点=1万円分の馬券を買ったので「経費は1万円」とほとんどの人が考えます。

しかし実際に経費として算出されるのは10万円払い戻しされる馬券1点のみ。ですから経費は100円ということなり、課税対象額は10万円-100円=99,900円となります。

ただし中には例外的にハズレ馬券が「経費」として認められるケースもあります。実際に馬券生活を送っていた人が税務署にこの点を指摘された際に起こした裁判ではハズレ馬券も経費と認められる判決が出ました。

ですがこの判決を鵜呑みにして「ハズレ馬券が経費になる」と思ったら大間違い。

経費と認められたのはあくまでも“投機的に”購入していたことを裁判で立証できたから。裏を返せば投機的に馬券を買っていることを立証できなければ経費として認められないことを意味します。

ではどう買えば“投機的”と認められるかについては未だにきちんとした基準が定まっていません。この基準が明確にならないうちは「ハズレ馬券は経費にならない」という考えで取り組んだほうが安全と言えるでしょう。

 

まとめ

馬券で生活することは決して簡単ではありませんが、かといってそこまで難しいわけでもありません。ただ趣味として馬券を買うよりも考慮すべき点がいくつかありますので、そこはしっかり知っておいたほうがいいでしょう。

特に税金については軽く見ていると後でとんでもない爆弾となって自分に降りかかってくる可能性があります。馬券生活を送るとまではいわなくても、競馬である程度収入を得ようと考えているのであれば、払戻金に関する税金については勉強しておいたほうがいいかもしれませんね。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。