競馬で稼ぐなら複勝がベスト!その理由と具体的な買い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬には様々な馬券種があります。その中でも『お金が稼げる馬券はどれですか?』を聞かれたら迷わず「複勝です!」と答えます。

競馬でお金を稼いでいる人(または稼ごうとしている人)の多くは三連複や三連単など高配当が期待できる馬券を中心に取り組んでいるでしょう。特に三連単は超高配当な払戻金が発生するとニュースになるため「競馬で稼ぐなら三連単!」と思っている人も少なくありません。

でも実は“安定して”稼ぐのであれば複勝馬券が最適です。事実、毎月競馬で何十万円も稼いでいる人や馬券生活をしている人でも複勝を使っている人はたくさんいます。

ではなぜ複勝馬券がお金を稼ぐのに適しているのでしょうか?



SPONSORED LINK

複勝が競馬で投資する最適な馬券であるワケ

単に競馬を趣味や娯楽として楽しむだけでしたら、どの馬券種を買ってもいいですしどんな予想をしても大丈夫です。ただ「お金を稼ぎたい」と思っているのであれば複勝馬券を強くお勧めします。

複勝馬券の特徴はご存知の通り

3着以内に入ると思う馬を1頭予想する
着順によって払戻金が異なる
オッズは全馬券種の中で最も低くなりやすい

などがあります。しかしそれでも三連単はもちろん馬連や枠連よりも「お金を稼ぎやすい馬券種」と言えるでしょう。

その理由は次の3つにあります。

的中率が高い

複勝馬券が投資に向いている最大の理由は高い的中率にあります。仮にテキトーに馬を選んで複勝馬券を買っても的中する確率は3/出走頭数ですよね?

競馬でお金を稼ぎたいのであればまず上げるべき数字は「的中率」です。

的中率が高ければ払戻金を得られる機会が多くなるため資金の回転がよくなります。あとは手元にお金が残るよう工夫して(狙うオッズゾーンや掛け金など)繰り返し取り組むだけでどんどんお金は増えていきます。

1回の的中に何十万円もの払戻金を得られるのはロマンがあります・・・が、実際にそんな高配当が当たるのはごくまれ。ギャンブルとはそういうものですし、ギャンブルをしている以上お金が増えることはありません。

複勝馬券以上に的中率が高くなおかつ安定する馬券種は今のところありません。また馬の予想が他の馬券種に比べてシンプルで簡単なのも投資に向いている理由の1つです。

スタートの資金が少なく済む

例えば三連単の多点買いで投資競馬をする場合、1レース当たり何十点(場合によって百点以上)購入する必要があります。点数が増えればそれだけ必要資金が増えていきます。

しかし複勝は基本的に1点もしくは単勝やワイド馬券との組み合わせしかないため、1レース当たりの掛け金が少なくて済みます。特にこれから競馬でお金を稼ごう!という人からすると少ない資金から始められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

もっと言えば、連対馬券の多点買いよりも複勝1点買いのほうが的中率は高いです。

例えば16頭立てのレースで馬連を5点購入した場合、的中する可能性は5/120ですよね?それに対して複勝馬券1点買いは3/16。

分かりやすく数字をそろえると

5/120=0.04166・・・
3/16 =0.1875

もちろん点数を増やせば的中率も上がりますがどんどん掛け金はかさみます。的中率が安定してくれば点数が増えても問題ありませんが、やはり最初は的中率が安定しないため損失額が増えていきます。

つまり競馬で稼げない人ほど複勝から始めて資金を作っていくのが最も安全な方法なのです。

税金が抑えられる

投資とは「お金を稼ぐ行為」ですから、当然利益が出れば税金の対象になります。この税金を考えても複勝はお勧めです。

競馬の払戻金に関する課税対象額は

払戻金-的中した馬券の購入費

となります。例えば100円で買った馬券が200円になれば課税対象額は100円ですし、1万円になったら9900円が課税対象になります。

そして大事なのは「ハズレ馬券」はいくら買っても課税対象額には一切関係がありません。仮に1点100円で三連単を100点買って10万円的中しても上記の式に当てはめて課税対象額を算出すると

10万円-100円=99,900円

となり、残りのハズレ馬券の購入金額(9900円)はただ財布から消えただけ・・・になります。競馬における税金の算出についての詳細は下記ページで詳しく解説しています。

≫競馬にかかる税金を最小限に抑えられる馬券の買い方

対して複勝馬券で挑む場合、基本的に1点狙いもしくは最小点数しか買わないためムダな損失が抑えられます。しかも払戻金自体が低いため課税対象額も高くありません。

仮に複勝1点を1万円で購入し、おっず1.5倍ついたとしても課税対象額は

15,000円-10,000円=5,000円となります。

せっかく馬券を的中させたのにその大半を税金で持っていかれるのってなんかむなしくありませんか?複勝馬券はこうした税金によるリスクを最小限に抑えられるから投資する馬券種として推奨しています。

 

複勝馬券でお金を稼ぐポイント

先ほど説明した様に、複勝馬券は投資競馬をするうえでたくさんのメリットがあります。もちろん「的中しても配当が低い」というデメリットはありますが、それを補ってあまりあるほどもメリットがあります。

特にあらゆる競馬手法を実践しても一向にお金が増えない人は、一度原点に立ち戻る意味でも複勝で的中させるための研究や練習に取り組んでみてください。きっとこれまでやってきたどんな競馬手法よりも難易度は引くと思います。

とはいっても、いくら複勝馬券とはいえ闇雲に買っても当たりません。仮に的中しても微増もしくはマイナス収支になる可能性だってあります。

複勝馬券でお金を稼ぐために、まず次のことを意識してみてください。

基本は“複勝1点買い”

複勝馬券は的中率が高いですが配当が引くのが特徴です。特に上位人気になると最低オッズで2倍を切っている馬も珍しくありません。

そのため、複勝馬券を多点買いしてもトリガミ(的中しても収支がマイナスになる状態)になる可能性が高いため、複勝馬券で取り組む場合は基本的には1点買いを意識してください。

馬連や三連単など連対式馬券中心に買ってきた人は1点買いに不安を感じるかもしれませんが、複勝馬券の場合は1点買えば十分。

別に買った馬が1着に入らなくても3着以内に入れば的中となりますので、連対式馬券を予想するよりも難易度ははるかに簡単なはずですから。

1着に来る馬を探さない

複勝馬券は『3着までに入る馬』を予想する馬券です。つまり1着に来る馬を探す必要はどこにもありません。

もちろん結果的に1着に来ても複勝馬券は的中となりますが、2着や3着に来ても払戻金はもらえます。むしろ着順によっては2着や3着に入ったほうが配当が高くなることも珍しくありません。

複勝馬券は1着になっても3着になっても“的中馬券”です。「1着はないけど3着以内ならあるぞ?」という馬も馬券候補になりますので、そういった馬を見つける方法を極めると複勝馬券でも十分利益を積み重ねられます。

狙うオッズは2倍前後

複勝オッズの最大のデメリットは何といっても配当の低さです。特に1番人気の馬の複勝オッズは最低で1.2倍とか1.1倍の時もあります。

いくら的中率が高いとはいっても、1.2倍のオッズでは投資の旨味はありません。かといって複勝オッズで3倍以上ついていると的中する可能性がかなり低くなります。

狙うオッズのゾーンとしては2倍前後がベスト。最低オッズで見るなら1.5倍前後あればその馬で勝負する価値はあると思います。

ただし『複勝1.5倍の馬が狙い目』というわけではありません。『3着以内に入りそうな馬の最低複勝オッズが1.5倍なら』勝負する価値がある・・・という意味なのでその辺はお間違いなく。

どの馬が来るか分からないレースは「買わない」

複勝馬券を使って競馬で稼いでいる人というのは、総じて的中率が非常に高いです。50%超えはもはや当たり前で、80%オーバーの人もチラホラいます。

なぜここまで高いか?というと3着以内に入る馬が分からないレースには一切手を出していないから。

競馬で勝てない人ほど、開催しているレースを片っ端から手を出しては外れています。馬券を買う→外れる→負けを取り返すためにまた買う→外れる・・・の繰り返し。

対して競馬で稼いでいる人は狙い馬がハッキリしているレースにだけ手を出します。そのレースで的中させたら即撤退。

だから馬券を買う回数自体が圧倒的に少ないのです。的中率で言えば分母が少ないため、自然と的中率が上がっていきます。

競馬でお金を稼ぎたいのであれば「分からないレースは買わない」の徹底はほぼ必須。チャンスはいくらでも来ますので迷うくらいなら買わないほうが投資競馬としては正しい判断と言えるでしょう。

 

まとめ

現在色々な投資競馬手法や馬券予想術などが公開されていますが、個人的には複勝馬券が最も簡単かつ安定してお金を増やせる馬券種だと思っています。もちろん他の馬券種でも使い方さえ間違えなければお金は稼げますが、色々なリスクを考えると複勝が安全ではないかと。

特にこれまで競馬の情報商材を買ったり予想情報を定期購読していながらも一向に成功しない人は、一度複勝馬券主体で取り組んでみてください。多分これまで取り組んだどんな方法よりも簡単に結果が出ると思いますので。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。