競馬で“稼ぐ”ためのコツ

馬券の買い方から見る競馬で勝てる人と勝てない人の違い

競馬でお金を稼ぐには、まずなんといっても馬券を買うことが必要です。

そして、競馬でお金を稼ぐ人とまったく的中せずにお金がドンドン無くなっていく人とでは、この馬券の買い方が大きく違います。

馬券を買う時

どのレースの馬券を買うか?
どの種類の馬券を買うか?
どの馬を軸に馬券買うか?

などによって戦略が変わってきますし、当然買う馬券も掛け金も変わってきます。

こうした戦略や競馬をする目的、さらには競馬に対する考え方や取り組む姿勢などによっても馬券の買い方はそれぞれ異なります。

つまり、馬券の買い方を見れば、競馬でお金が稼げるのかどうかを知ることができるのです。

そこでここでは、馬券の買い方にフォーカスして、競馬で稼ぐ人と損をする人との違いについてお話ししていきます。

[adsense]

 

損をする人がやりがちな馬券の買い方3選

現在、競馬で満足したお金を稼げている人は馬券購入者全体の5%ほどしかおらず、残りの95%は損をしている・・・と言われています。

では競馬で勝てる人と勝てない人との違いはどこにあるのか?

原因は色々あると思いますが、真っ先に挙げられる原因の1つが“馬券の買い方”でしょう。

競馬で勝てない人達というのは、競馬に関する知識がなかったり経験が足りないわけではなく“勝てない馬券”を無意識に買っている傾向があります。

もっと言えば、競馬で勝てない人達は「勝てない行動」をとっているのです。

だから的中しないような馬券を進んで買ってしまっているため、それらの行動を抑止すれば自然と勝てるようになるはず。

競馬で勝てない人ほど「どうすれば的中できるようになるか?」を求めがちですが、実は「なぜ買った馬券が外れるのか?」を見つめなおし、その原因を解消した買い方をするだけで、競馬で稼げるようになります。

そのため、まずは「競馬で稼げない理由」を知ってもらうべく、競馬で満足した利益が出せない人達がやりがちな買い方を4つ紹介します。

1:常に本命馬を軸にする

競馬でお金を稼ぐにはなんといっても馬券を的中させることが必須条件です。

そのためには、各レースで実力がある馬を見つけ、その馬を軸にして戦略を練るのが基本・・・ここまでの考え方は間違っていません。

ですが、多くの人は「実力がある馬=本命馬」と思い込み、本命馬を軸とした馬券の買い方をしている傾向があります。

確かに人気最下位の馬よりも上位人気の馬の方が馬券に絡んでくる可能性は高いでしょう。

しかし、上位人気の馬はそれだけ馬券が買われているため、どうしてもオッズが低くなりがちで、的中しても大きな利益を取ることができません。

上位人気が必ず1着になる保証も、3着以内に入ってくる確証があるわけではないのです。

もちろん本命馬を軸にすることがダメというわけではありません。

ただ、「本命馬を押さえておけばなんとかなるだろう」といった決めつけや思い込みで馬券買わないよう注意すること。

こうした決めつけが、不的中になったりトリガミになって資金を減らす原因になるのです。

2:万馬券の多点買い

ある程度競馬の経験を積んでいる人の中で、高オッズの馬券を多点買いして利益を伸ばそうとしている人がいます。

特に、三連単や三連複といった万馬券がつきやすい馬券種を好んで買っている人は、1つのレースで数十点購入するのも珍しくないはず。

ただし、こうした万馬券狙いの多点買いで勝負する場合は、ある程度レース展開が予想できる人でないと大きな損失を招く危険性があります。

特に三連単は「最小限にリスクを抑えた賢い三連単の買い目の選び方」でも紹介しているように、馬券を的中させるために100点以上買うことも珍しくありません。

ということは、それだけ資金が必要になる・・・ということ。

もちろん的中できれば、プラスの収支で終えることができますが、競馬で100%的中することは全通り購入する以外ないため、非常にハイリスクな方法と言わざるを得ません。

単純な確率でも、三連単100点買うよりも複勝1点購入したほうが的中する可能性が高いですから。

ある程度戦略に則って馬券を買うならまだしも“数打てば当たる”のような発想で多点買いをしているのであれば、いたずらに必要資金を増やすだけなので控えるようにしたほうがいいでしょう。

3:無計画なボックス買い

馬券の買い方の1つに「ボックス買い」というものがあります。

ボックス買いとは、選んだ馬を全て買い目に入れる買い方で、選んだ馬のどれが来ても的中する買い方を言います。

特に来る馬がなかなか絞り切れない初心者の方には効率の良い買い方で、的中率も決して悪くありませんが、その反面利益が出にくいという側面を持っています。

例えば選んだ馬が4頭いる場合、馬連でボックス買いをすると6通りの馬券を一度に購入したことになります。

この時1点100円で買ったとすると、的中して払戻金が600円以上つかないとトリガミになり、収支はマイナスになるのです。

トリガミを防ぐために、あらかじめ合成オッズを計算してマイナスになるようならあえてそのレースは避ける・・・といったことができればいいのですが「的中しやすいから」という理由だけでボックス買いで買いまくるのは資金をどんどん減らすだけなのでお勧めしません。

4:すべてのレースで馬券を買う

競馬で稼ぐ人達は、勝負するレースとそうでないレースをしっかり分けて挑みます。

こうすることによって、不的中になる可能性が高いレースに手を出さないようして、少しでも資金を失う機会を減らす努力をしているのです。

それに対して競馬で勝てない人ほど次から次へと目の前のレースの馬券を買い「当たった」「外れた」を一喜一憂している傾向があります。

確かに馬券を買わなければ的中しても配当は得られませんが、逆に不的中になるリスクを背負う必要もありません。

つまり、的中する可能性が高いレースの馬券だけ買い、そうでないレースはスルーすることが競馬における損失リスクを抑える方法の1つなのです。

闇雲に買っても馬券は当たりませんし、馬券が当たらない限りお金が増えることはありません。

ある程度計画的に競馬に挑み、しっかり準備をすることによってコンスタントに利益を積み上げられることを理解できないと、どれだけ競馬手法やノウハウをマスターしてもお金が増えることはないでしょう。

 

馬券の買い方=お金の使い方

先ほど、競馬で勝てない人達がやりがちな馬券の買い方を4つ紹介しました。

実際のところ、競馬で勝てない人がやってしまう“間違った馬券の買い方”というのはこれ以外にもまだたくさんあるのですが、買い方以外にも実は競馬で勝てない人に当てはまる1つの共通点があります。

それは「お金の使い方が下手」ということ。

競馬で勝てない人の多くは、たとえ買った馬券が外れても「次当てて取り返せばいい」という感覚で取り組んでいる人が多いように思えます。

確かに負けた分を取り返せるのであればそれに越したことはありません.

しかし、そもそも誤った馬券の買い方をしているから不的中になったのであり、まずはそこを解決しないことには競馬で負けたお金を取り返すことすらできません。

失敗した買い方をどれだけ続けても、その買い方を改めない限りどんどん負けは増えていくだけ。

こうした負のスパイラルに陥ってしまう原因は、馬券を買うお金の出処にあります。

現在競馬をしている人のほとんどは、何かしら仕事をしてたり事業をしていて毎月収入を得ていることでしょう。

そのため、競馬で損をしてもその収入から補てんすればまた競馬に挑戦できます。

ではもし、競馬にかけるお金が今手元にあるお金しかなかったら・・・?

きっとほとんどの人が慎重に馬券を買うようになり、しっかり戦略を考えたり手法をしっかり身に着けてから取り組むようになることでしょう。

つまり競馬で勝てない人ほど“お金がある有難み”を理解していないのです。

買った馬券が当たった・外れたを楽しみたいのであれば、それもいいでしょう。

しかし、競馬でお金を稼ごうと思うのであれば、お金が増える馬券の買い方を知る以前に、まず手元にあるお金を大切にする気持ちが重要なのです。

百発百中で的中する馬券の買い方を知っていても、手元にお金がなかったら競馬でお金は増やせませんからね、

このお金に対する考え方を少し改めるだけでも、競馬に対する取り組み方や馬券の買い方も変わってくるはず。

手法やノウハウを求める前に、まずは資金の大切さやお金の使い方について考えることが、競馬で勝てない人達がすべきことなのです。

 

馬券の買い方で大切なのは“不的中にならないこと”

競馬は公営ギャンブルですから、ギャンブルとして楽しむのであれば、どんな形で馬券を買おうが問題ありません。

ただし、競馬でお金を稼ごうと思うのであれば、ギャンブルと同じような買い方をしていてはいつまで経っても競馬で勝つことはできないでしょう。

なぜなら、ギャンブルは100%主催者(競馬の場合だとJRA)が勝つようになっているからです。

競馬でお金を稼ぎたいのであれば、競馬を“投資”として取り組む必要がある。

そして投資として取り組む以上、第一に考えるべきは、予想の仕方ではなくもなく“資金を減らさないような買い方”を心掛けること。

実は、競馬でお金を稼いでいる人というのは、資金が枯渇しないような買い方を心掛けているのです。

投資をする(馬券を買う)ことができなくなれば、どれだけ的中する馬券が分かっていてもお金を増やすことができない。

つまり、 “いかにお金を減らさないようにするか?”が投資競馬をするにあたって考えるべきことなのです。

この視点から考えると、ある程度競馬に取り組み方や馬券の買い方が見えてきます。

色々なレースに少額ずつ賭けるよりも、どの馬が来るかが分かりやすいレースに資金を投下したほうが効率よくお金を増やすことができます。

また、深追いせず利益が出た時点でしっかり勝ち逃げすることで、不的中になるリスクをゼロにすることができる。

このように、“的中させる”よりもむしろ“不的中にならない”ことを前提とした買い方こそが、投資競馬の取り組み方の基本と言えます。

大事なのは“どのノウハウを用いて競馬に取り組むか?”ではなく“ノウハウに合致しないレースには手を出さない”ことであり、これさえ心がければ、極端な話、どんな馬券の買い方をしてもそれなりに結果を出すことができるでしょう。

 

まずは今の馬券の買い方を反省してみよう

常に百発百中で的中させることができる馬券の買い方というのは存在しませんし、競馬で月何百万円稼ぐ人でも不的中になる馬券は必ずあります。

しかし、競馬で勝てる人というのは不的中になることも織り込み済みで戦略を立て、馬券の買い方を工夫しているので、たとえ外れても最終的には収支がプラスになるのです。

つまり、的中させることではなく“資金を減らさないこと”を重要視した馬券の買い方をすることが大事なのです。

もし、これまで競馬でまったく的中せず、どんどんお金がなくなっていくのであれば、自分が今まで何を基準にして馬券を買っていたか・・・を振り返ってみてください。

それをするだけでも、競馬で稼げるための糸口が見つかることでしょう。

[adsense]

【無料メールマガジン】大阪競馬ストーリー通信

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信やノウハウがあります。例えば

わずか5点で三連単を的中させるノウハウ
たった3分で軸馬を見つけられるテクニック
12年間プラス収支の人の買い目配信サービス
プロが厳選する穴馬予想情報
毎月5万円競馬で稼ぐマル秘競馬ソフト

などなど。しかしこうした情報を手にしても95%の人は競馬で勝てずただただお金を失っているのが現状です。

もちろん中には悪徳な業者が販売している詐欺まがいな情報もあります。

しかし競馬で稼げない最大の原因はあなたの「競馬のあり方」が間違っていることに他なりません。

「どうすれば手元のお金が増えるのか?」をしっかり考えて競馬に取り組めば、自然とお金は増えていきますし常に競馬の収支はプラスで終えられるはずです。

ですが現実は馬券を買ったほとんどの人が外し「競馬のあり方」を理解して買っているほんの一部の人だけが競馬で稼いでいます。

事実、競馬のあり方を学び競馬に対する考え方や取り組み方を変えたことによって、1年間で競馬で100万円稼いだ人もいます。彼の的中率は81%以上!

もしあなたが今後競馬でお金を減らしたくないと考えているのなら・・・

イチから競馬で稼ぐことを学んでみませんか?

僕は2007年に「大阪競馬ストーリー」を発足して以降、多くの人の「競馬のあり方」を矯正し、競馬で稼げる人を世に送り出してきました。

先ほど紹介した的中率81%の人も僕の無料メルマガをきっかけに競馬を学びはじめ、今では競馬を収入源の1つとして取り組んでいます。

あなたが今後競馬を「収入の1つ」として考えているのなら、そのための本質を身に着けるためにも「大阪競馬ストーリー通信」に登録してみてください。

大阪競馬ストーリー通信では他の競馬情報商材や情報配信サービスでは解説されていない「競馬のあり方」を正すための情報を無料でお伝えしています。

興味があれば下記フォームからメールアドレスを入力してお申し込みください。


もちろん内容が気に入らないのであればいつでも解除できます。

登録すれば某情報商材販売サイトの売上ランキングで3ヶ月連続1位を獲得した情報商材のアレンジ版をプレゼントしています。そちらを読んでから解除してもらっても結構です。

あなたにおすすめの関連記事