応用編

馬連を使った競馬必勝法~的中率60%も夢じゃない!~

必勝のイメージ画像

競馬の世界において高い確率で的中したり収支がプラスになるロジックや手法を『必勝法』と呼ぶ人がいます。必勝法は馬券種によって色々あり、情報商材やセミナーなどで紹介されています。

自分もかつては『必勝法』を用いて馬券を買っていました。自分が使っていたのは馬連でうまくいけば的中率60%は余裕でありましたね。

そんな以前自分が実践していた馬連を使った必勝法をここで紹介します。具体的な手法はもちろんデメリットやリスクについても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

必勝法の正体は馬連の『軸馬流し』

『必勝法』というのだからさぞ斬新な方法で馬を見つけて買うのだろう・・・と思う人もいるかもしれませんが、別に大した手法ではありません。自分が以前使っていた手法は

馬連を軸馬から流して買う

・・・ただこれだけです。

ご存知の人も多いと思いますがおさらいのために解説しますと、流しとは「この馬は確実に2着以内に入る」と思う馬を1頭決め、相手馬を変えて馬券買う方法。馬連をはじめ連対式馬券の基本的な買い方ともいえるでしょう。

例えばA、B、C、Dの4頭の馬のうちどれかが来ると予想し、さらに「Aは間違いなく2着以内」と予測した場合、

【A-B】【A-C】【A-D】

の以上3点を馬連で買うことを「軸馬流し」と言います。

軸馬流しのメリットは“買い目の点数が抑えられる”点。例えば先ほど紹介したAからDの組み合わせの馬券をすべて購入すると4頭をボックスで買った場合、

【A-B】【A-C】【A-D】
【B-C】【B-D】【C-D】

の6点を買うことになります。しかし馬の強さなどを考慮した時、的中しそうな組み合わせとそうでない組み合わせが出てくると思います。

特に「この馬は来るだろう!」というテッパンの馬がいた場合、その馬が絡んでいない馬券を買っても外れる可能性が高い。そこでテッパンの馬を“軸”に据えて、他の馬に流して買えば買い目の点数は抑えられますよね?

つまり軸馬流しとは確実に馬券に絡むであろう馬をピックアップし、その馬を中心に組み合わせた馬券だけを購入する手法を指します。軸馬がきちんと見つけられれば的中率を担保したまま買い目が減らせるので多くの人が利用している買い方と言えるでしょう。

軸馬流しを使った競馬必勝法のやり方

軸馬流し自体は多くの人が実践している買い方でもあります。特に馬連は2着までに入る馬を順不同でもいいので2頭当てれば的中となるため、軸馬さえ決めてしまえば残り1頭はどれか?を探せばいいだけですからね。

・・・なんて簡単に言いましたが実はこれが非常に難しい。

そもそも軸馬流しで馬券を買う場合、軸馬が馬券に絡んでこないと買った馬券すべてがパアになります。つまり『どうやって軸にする馬を決めるか?』が流しでの的中率に大きく関係してくるわけです。

もちろん軸馬が正しくてもヒモ馬が間違っていたら馬券は外れます。自分が以前使っていた必勝法は馬連の軸馬とヒモ馬を次のように探して馬券を買っていました。

馬の選び方については次の3つのルールを守ります。

軸馬にするのは「単勝1番人気」

先ほど『軸馬を決めるのが重要』といいました。流しで買う以上軸馬は必ず馬券に絡んでもらわないといけませんからね。

そこで軸馬を「単勝1番人気」に固定します。単勝オッズで1番人気・・・ということは多くの人が「この馬は1着に来る」と予想しているわけであり、それなりの根拠があるわけですからね。

もっと言えば単勝1番人気という情報以外は全く加味していません。「コンピ指数がどうだ」とか「前走何着だった」などといった情報はすべて無視して『単勝1番人気=軸馬』と決めていました。

馬連オッズが3.7~6.0倍の組み合わせを探す

軸馬を決めたら、次は組み合わせ相手となるヒモ馬を探します。この時自分がヒモ馬探しに使っていたら情報は「馬連オッズ」です。

具体的には馬連オッズが3.7~6.0倍の馬券をピックアップします。

例えば2019年5月18日の京都3レースの場合、単勝1番人気は12番です。この12番が絡んだ馬券でなおかつ馬連オッズが3.7~6.0倍の馬券となると

5-12・・・4.6倍
1-12・・・5.6倍

となります。この2つの組み合わせの馬券を買います。軸馬を探す時と同様にオッズ以外の情報は特に見なくても大丈夫です。

該当する馬券が1点以下のレースは見送り

自分が実践した必勝法の中でここが一番重要です。軸馬から流して馬連オッズが3.7~6.0倍のゾーンに入っている馬券を買うわけですが、レースによって対象となる点数が違います。

もし“買える馬券”が1点しかない場合、そのレースは見送ってください。

勝負するレースは“馬連で買える馬券が2点以上あるレース”に絞り込みます。2点以上買えるレースに絞り込むことで不的中に終わる可能性を最小限に抑えられます。

馬連による競馬必勝法を実践した結果

先ほど挙げた馬連必勝法における3つのルール

  1. 軸馬は単勝1番人気
  2. 買う馬連は馬連オッズが3.7~6.0倍
  3. 2点以上買えないレースは見送り

を守って馬券を買えれば今以上に的中しますし、回収率も大きく上がるはずです。ではこの必勝法でどのような結果が出るのか?

特に“2点以上買えないレースは見送り”の重要性を知ってもらうために

1点でもあえば買ったケース
2点以上あるレースに厳選したケース

の2つのパターンを紹介します。

対象の馬連馬券をすべて購入した場合

下記表は2014年8月30日(土)と31日(日)で検証した結果です。投入金額と回収額とともに的中率と回収率も表記してあります。

8月30日(土)のレース結果

レース 点数 結果
札幌1R 2点 不的中
小倉2R 3点 的中500円
新潟2R 2点 不的中
札幌4R 1点 不的中
札幌5R 2点 的中470円
小倉6R 1点 不的中
小倉7R 2点 的中540円
小倉8R 1点 不的中
札幌9R 1点 不的中
新潟9R 1点 不的中
小倉10R 1点 不的中
新潟10R 2点 的中420円
小倉11R 1点 不的中
札幌12R 1点 的中580円
  • 投入金額2,100円(21点)
  • 回収額2,510円
  • 的中率35.7%
  • 回収率119.5%

8月31日(日)のレース結果

レース 点数 結果
札幌1R 1点 不的中
小倉1R 2点 不的中
札幌2R 2点 的中400円
小倉2R 1点 不的中
札幌3R 1点 不的中
小倉3R 1点 不的中
札幌4R 1点 不的中
新潟4R 1点 不的中
新潟6R 1点 的中390円
札幌7R 1点 不的中
小倉7R 2点 的中520円
札幌8R 1点 不的中
小倉8R 1点 不的中
札幌10R 2点 不的中
新潟12R 1点 不的中
  • 投入金額1,900円(19点)
  • 回収額1,310円
  • 的中率20.0%
  • 回収率68.9%

2日間合計の収支結果

  • 投入金額4,000円(40点)
  • 回収額3,820円
  • 的中率27.6%
  • 回収率95.5%

必勝法のルールに従って購入した場合

次に同じ検証日で“2点以上買えないレースは見送り”というルールを採用した場合の結果です。下記の表を見てもらえば分かると思いますが的中率も回収率も大きく上昇します。

8月30日(土)のレース結果

レース 点数 結果
小倉2R 3点 的中500円
新潟2R 2点 不的中
札幌5R 2点 的中470円
小倉7R 1点 的中540円
新潟10R 1点 的中420円
  • 投入金額1,100円(11点)
  • 回収額1,930円
  • 的中率80.0%
  • 回収率175.5%

8月31日(日)のレース結果

レース 点数 結果
小倉1R 3点 不的中
札幌2R 2点 的中400円
小倉5R 2点 的中470円
札幌10R 1点 不的中
  • 投入金額800円(8点)
  • 回収額920円
  • 的中率50.0%
  • 回収率115.0%

2日間合計の収支結果

  • 投入金額1,900円(19点)
  • 回収額2,850円
  • 的中率66.7%
  • 回収率150.0%

このように、オッズから馬連の組み合わせを選ぶだけでもきちんと競馬で稼げます。競馬の馬選びはあれこれ情報の分析が必要・・・と感じるかもしれませんが、オッズをチェックするだけですから初心者でもできる必勝法と言えるでしょう。

馬連を使った競馬必勝法のデメリット

上の2つの表でまとめたようにオッズから馬連の組み合わせを見つけ出し、ルールに従って買うだけでお金を増やすことは可能です。いろんなロジックや手法を実践しても一向に的中率や回収率が改善されない人は一度試してみてもいいと思います。

ただし、本格的に実践する前にきちんと“デメリット”も理解してから使ってください。

実はこれまで紹介した馬連の必勝法には2つの弱点があります。この弱点を知っておかないといざ実践したらうまくいかない・・・なんてことになるので必ず知っておいてください。

的中率が安定しない

先ほど挙げた検証結果では

的中率60%
回収率150%

という結果になりました。しかし毎回この数字が出るか?というとそんなことはありません。

日によって走る馬が違いますし開催される会場も時期によって変わってきます。つまり勝負できるレースの数自体も変わってきます。

低い時だと1日に2~3レースしか対象がない時あれば的中率も20%くらいまで落ち込む時だってあります。もちろんルールを厳守して買い続ければ回収率はプラスになりますが、日によって的中率が乱高下する手法であることはあらかじめ理解して取り組んでください。

1日中競馬をしている必要がある

この必勝法最大のデメリットは1レース目から最終レースまで全レースをチェックしなければいけない点です。つまり『1日中競馬ができる環境』にいないといけない・・・という点。

土日が仕事だったり休日は家庭の事情で半日しか競馬ができない・・・という人はこの必勝法の旨味を100%体感できません。自分が最近この必勝法を使わなくなった理由はそこにあります。

競馬が開催される日に誰にも邪魔されずにできる人にはオススメですが、何らかの用事があって丸1日競馬ができない人は損して終わり・・・なんて事態もありえます。ならば別の方法(例えば複勝1点買いで勝ち逃げするなど)で取り組んだ方が的中率も回収率も安定し、より確実に競馬で結果が残せると思います。

まとめ

的中率が安定しなかったり実践できる人が限られるといったデメリットはあるものの、正しく使えばこの馬連必勝法はまだまだ活用できると思います。

今の自分は「1日中競馬をするのが億劫」と感じているため、今は別の方法を使って競馬で稼いでいますが1日中競馬をするのが苦じゃない人は難しい計算や分析をせずに馬連の買い目や勝負するレースを見極められるので興味があれば試してみてはいかがでしょう。

ただしお金を稼ぐ“投資競馬”をするのであれば資金管理やセルフコントロールは忘れずに。

【無料メールマガジン】大阪競馬ストーリー通信

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信やノウハウがあります。例えば

わずか5点で三連単を的中させるノウハウ
たった3分で軸馬を見つけられるテクニック
12年間プラス収支の人の買い目配信サービス
プロが厳選する穴馬予想情報
毎月5万円競馬で稼ぐマル秘競馬ソフト

などなど。しかしこうした情報を手にしても95%の人は競馬で勝てずただただお金を失っているのが現状です。

もちろん中には悪徳な業者が販売している詐欺まがいな情報もあります。

しかし競馬で稼げない最大の原因はあなたの「競馬のあり方」が間違っていることに他なりません。

「どうすれば手元のお金が増えるのか?」をしっかり考えて競馬に取り組めば、自然とお金は増えていきますし常に競馬の収支はプラスで終えられるはずです。

ですが現実は馬券を買ったほとんどの人が外し「競馬のあり方」を理解して買っているほんの一部の人だけが競馬で稼いでいます。

事実、競馬のあり方を学び競馬に対する考え方や取り組み方を変えたことによって、1年間で競馬で100万円稼いだ人もいます。彼の的中率は81%以上!

もしあなたが今後競馬でお金を減らしたくないと考えているのなら・・・

イチから競馬で稼ぐことを学んでみませんか?

僕は2007年に「大阪競馬ストーリー」を発足して以降、多くの人の「競馬のあり方」を矯正し、競馬で稼げる人を世に送り出してきました。

先ほど紹介した的中率81%の人も僕の無料メルマガをきっかけに競馬を学びはじめ、今では競馬を収入源の1つとして取り組んでいます。

あなたが今後競馬を「収入の1つ」として考えているのなら、そのための本質を身に着けるためにも「大阪競馬ストーリー通信」に登録してみてください。

大阪競馬ストーリー通信では他の競馬情報商材や情報配信サービスでは解説されていない「競馬のあり方」を正すための情報を無料でお伝えしています。

興味があれば下記フォームからメールアドレスを入力してお申し込みください。


もちろん内容が気に入らないのであればいつでも解除できます。

登録すれば某情報商材販売サイトの売上ランキングで3ヶ月連続1位を獲得した情報商材のアレンジ版をプレゼントしています。そちらを読んでから解除してもらっても結構です。

あなたにおすすめの関連記事