初心者にお勧め!競馬の勝ち方を身につける3つの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬でお金を稼ぐには、競馬を投資として取り組む必要があり、そのためには「投資競馬」を勉強するのが一番の近道です。

競馬は基本ギャンブルであり、普通に馬券を予想して買うだけでは、的中はしてもお金は増えません。

競馬の勝ち方を身につけたいのであれば、競馬について勉強する必要がある。

競馬のルールや基本的な知識を取り入れるのはもちろん、実際に予想したり馬券を買ってみたりする経験も競馬の勝ち方を身につける勉強の1つになります。

とはいえ、競馬の勝ち方を明確に紹介している教科書もないし、投資競馬について教えている学校もないため、競馬の勝ち方を独学で勉強しなければいけません。

そこでここでは、なるべく最短距離で競馬の勝ち方を勉強するための方法を3つ紹介します。

もしこれから、投資競馬に取り組み、競馬の勝ち方を身につけたいのであれば、ぜひ参考にしてください。



SPONSORED LINK

 

情報商材から競馬の勝ち方を勉強する

競馬の勝ち方についてもっとも効率よく勉強する方法の1つが、情報商材の活用です。

情報商材を使って勉強する最大のメリットは、あらかじめノウハウやロジックが公開されていることで、過去のレースから検証したりせずとも、ロジックが学べるところです。

そのため、過去何ヶ月~何年かのレースを検証する手間が省けますから、勉強時間を一気に短縮することができます。

また、情報商材によってメインで使う馬券種やレースの選び方についても異なり、当然1回的中した際にもらえる配当の期待値も変わってきます。

複勝を使った競馬手法と三連単を使った競馬手法とでは、的中した時の払戻金はもちろん、投資に必要な資金や的中率や回収率も変わってきます。

そのため「自分は競馬でどのくらいの利益を出したいのか?」を前もって明確化し、それを体現している情報商材をめぐり合うことができれば、早ければ2~3ヶ月くらいで競馬の勝ち方をマスターできるでしょう。

しかし実際は、情報商材を買ってもなかなか勝てない人のほうが多く、そこには2つの理由があると考えられます。

1つは購入した内容が粗悪な情報商材(いわゆる詐欺商材)を買ってしまったこと。

情報商材は、書店に並んでいる本とは違い、立ち読みすることができないため、買って中身を見るまでどういったノウハウなのかを正確に知ることができません。

馬券を的中させて稼ぐ力が身につく優良な競馬商材の選び方」で、詐欺商材を買わない方法について解説していますが、こうした“目利き”が重要になってきます。

そしてもう1つは、情報商材を買っても表面だけさらっと読んで勉強した気になっていること。

実は情報商材を買いつつも「この商材はダメだ」と言っている人のほとんどは後者であり、競馬で勝てない理由を自分の勉強不測ではなく情報商材のせいにしている傾向があるのです。

販売ページによっては多少誇張した表現で謳っているかもしれませんが、お金を稼ぐことの難しさを考えれば、ちょっとやそっとの勉強ですぐに勝てるようになりません。

特にノウハウやロジックなどといった“馬券術”を探している人は、こうしたテクニックさえしれば百発百中になれる!・・・と妄想している人が多いように感じます。

競馬商材を買っても全く勝てない人の3つの共通点」でも紹介しているような人は、情報商材を買っても競馬で勝てないままですので、そうならないよう正しく情報商材を使って競馬の勝ち方ついて勉強してください。

 

ゲームから競馬の勝ち方を勉強する

昔から競馬を題材にしたゲームも多く販売されており、こうしたゲームから競馬を始めるようになった人も少なくありません。

ゲームを使って勉強する最大のメリットはやはり“楽しみながら”競馬の勉強ができる点で、ゲームをしながら競馬についての知識が学べるため、他の勉強方法に比べて格段と知識の吸収が高いです。

特に血統についての勉強にはもってこいで、血統を加味した競馬の勝ち方を学びたい人には、ゲームを使っての勉強はお勧めです。

ただ最近は、あまり競馬のゲームは販売されていないため、タイムリーな情報を得ることができません。

また、過去のレースについてもある程度のロジックに従って展開されるため、出走する競走馬も、当然各年のレース結果も異なってきますから、過去レースの検証には使えません。

そのため、血統を使った競馬の勝ち方に特化した勉強法と言えるでしょう。

特に次の2つは血統を用いた競馬予想の火付け役とも言われているゲームです。

ダービースタリオン

1991年にアスキーが開発した競馬シミュレーションゲームで「ダビスタ」と略された人気タイトルです。

特にダービースタリオン・全国版が爆発的にヒットし、血統を極めるために色々と交配を考えた人も多く、このゲームによって血統理論であるインブリードやニックスなどといった言葉が浸透するきっかけになりました。

また、ゲーム構成は実にシンプルで、自分で作った競走馬を全国のプレイヤーと対決することができるブリーダーカップも開催されました。

ウイニングポスト

1993年にコーエーテクモゲームズから発売された競馬シミュレーションゲームで、リアルな競馬育成ゲームとして現在も発売されています。

現在は8まで発売されていますが、内容としては最新データの反映と新しい追加要素を加えたマイナーチェンジだけなので、中古で購入しても大きな影響はありません。

 

書籍や雑誌から競馬の勝ち方を勉強する

競馬に関する書籍は雑誌や競馬新聞の他に、競馬について研究された内容がまとめられた書籍などが過去にいろいろ出版されており、そこには競馬予想におけるヒントがたくさん盛り込まれています。

こうした書籍を読んで競馬の勝ち方に必要な知識や見解を身につけるのも勉強の1つと言えるでしょう。

本を使って勉強する一番のメリットは自己投資金額が全くかからないことです。

例えば競馬の情報商材であれば、相場で1万~2万円程度しますし、ゲームをやろうにもまずハードを買わないといけませんから、中古で揃えようと思っても3万円前後は見積もっておく必要があります。

それに対して本は、新品で買っても2000円前後、中古で探せば数百円で手に入れることができるため、さほど懐を痛めることはありません。

また、多少古い本でも書かれている内容はそこまで色あせていないものが多いため、間違った情報をインプットすることも少ないのもメリットの1つと言えるでしょう。

ただし、書籍等に書かれている内容のほとんどは競馬の勝ち方に直結した内容ではありません。

本に書かれていることの多くはかなりマニアックな内容なものが多いため、本を読めば馬券がスムーズに選べるわけではありませんし、

情報商材のようにロジックやノウハウが直接書いてあるわけではなく、あくまでも馬券選びの参考となる情報が記載されているため、それを競馬にどうつなげるかはその人の実践から学んだ経験に大きく左右します。

つまり、本を読んですぐに的中率や回収率の向上に直結しない、ということ。

理想としては、本などで競馬予想の知識を取り入れ、情報商材でその知識を活かせるノウハウを身につけて実践するのが、競馬の勝ち方を効率よく勉強できる方法の1つかもしれません。

 

競馬の勝ち方を勉強する際に心掛けること

競馬の勝ち方の勉強法としては

・情報商材を使う
・ゲームで楽しく勉強する
・書籍や雑誌から学ぶ

という3つの方法がありますが、これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあることをこれまでお伝えしました。

そして、どんな方法で勉強するにしても、心掛けてもらいたいことがあります。

それは“真面目にコツコツ勉強する”だけでは競馬の勝ち方を身につけるのは難しい・・・ということ。

確かに真面目にコツコツ勉強し続けていれば、時間はかかりますが大きな失敗をすることなく、競馬の勝ち方は身につくと思います。

しかし、そうなるまでの長い道のりを歩き切るには、かなりの忍耐力が必要です。

この忍耐力が続かずに勉強を途中で挫折するため、色々な勉強法を実践しても長続きせず、結局勝てないままの人が多いが現状。

では競馬の勉強を続けるための忍耐力を持つにはどうしたらいいのか・・・方法はいろいろありますが、一番効果的なのは「一緒に勉強する仲間」を作ることだと思います。

つまり、1人でコツコツ勉強をするのではなく、複数の人とコツコツ勉強することによって、1人で抱える忍耐力を頭割りするのです。

例えば受験勉強でも1人でやるよりも塾や学校などで友達とやったほうが効果的であるように、競馬の勉強も自分と同じように競馬で稼ぐ力を身につける人達と集まってやった方が効率よく勉強することができる・・・というわけ。

ではどうやって「競馬で稼げるようになりたい」と思っている人と出会うかというと、競馬セミナーなどに参加するのが一番。

セミナーには講師の人はもちろん、競馬でお金を稼ぐことを目標にしている人達が集まっているわけですから、そういったところに足を運び、話をして情報交換をすることによって、親睦を深め、仲間を作っていくのです。

多少お金や時間はかかりますが、自己投資と考えれば決して高くありませんし、なによりも1人でやっていてダメだったのだから、現状を少しでも変える必要があります。

もしそうした案内を受け取ったのであれば、思い切って参加してみるのもいいでしょう。

 

競馬の勝ち方を学ぶことそのものを楽しもう

競馬で稼ぐためとはいえ、やはり勉強が苦手ない人もいると思います。

そんな苦手な勉強をどうやって継続していくのか・・・その方法はやはり“楽しみながら”やるのが一番ではないでしょうか。

競馬の勉強は決して義務的なものではなく、自身の必要性に応じて行うものです。

つまり、競馬の勉強をするのも自由ですし、しないのも自由であり、しなかったからといって誰かに怒られたりペナルティを受けるわけではありません。

ただ、競馬でお金を稼げるようになるには多少なりとも競馬の勝ち方について学ぶ必要があり、それをせずにして競馬でお金を稼ぐことはできません。

勉強方法もいろいろありますし、工夫次第では楽しみながら競馬について学べる方法はいくらでもあると思いますので、色々な方法を模索して“ストレスのかからない独自の勉強法”を実践されてみてはいかがでしょう。

そうすれば「勉強しなくちゃ・・・」といったネガティブなものではなく、「勉強しよう!」というポジティブな気持ちで始めることができ、ビックリするほど短期間で結果を出すことができるはずですから。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。