競馬にかかる税金を最小限に抑えられる馬券の買い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年「投資競馬」という言葉が浸透し出してから、お金を稼ぐことを目的にして競馬に取り組んでいる人が増えてきました。

その多くは、「どうやって馬券を的中させればいいのか?」を考えていますが、実はもう1つ考えなくてはならないものがあります。

それが“税金”です。

税金は国民の義務であり、所得に対してかかるもので、当然競馬で稼いだお金にも税金はかかります。

しかし、税金を払うほど競馬で“利益”が出ていないため、気にせず実践している人も多いですが、実は多くの人が競馬にかかる税金を勘違いしています。

そこでここでは、競馬にかかる税金についての正しい知識と、競馬にかかる税金を抑える方法について紹介しますので、競馬での稼ぎ方と同時並行で勉強していってもらえればと思います。



SPONSORED LINK

 

競馬にかかる税金の算出方法

そもそも競馬で的中して得たお金(払戻金)に税金がかかるのか?とついてですが、これはかかります。

競馬で稼いだお金は「一時所得」として扱われ、課税対象となります。

とはいっても、競馬の払戻金全額が課税対象額になるわけではありません。

一時所得には最大50万円の特別控除があるため、競馬で稼いだお金が50万円に満たない場合は税金がかかりません。

また、馬券を購入した際のお金も経費として見なされるため、払戻金から差し引かれます。

つまり、競馬で稼いだお金の課税対象額は以下の式で求められるのです。

(年間馬券収入 - 的中馬券の購入費用 - 特別控除額)×1/2

例えば、年間の払戻金額が100万円で、その的中馬券を購入した金額が年間で30万円だった場合

(100万円-30万円-50万円)×1/2=10万円

となり、この10万円に対して課税されます。

さらに、競馬で稼いだお金は「一時所得」であり、課税は総合課税ですので、他の所得と合算することで税金が算出されます。

例えば、年収500万円のサラリーマンが競馬で100万円の払戻金を得ていた場合、先ほど算出した10万円は年収500万円にプラスされて税金が算出されます。

ということは、所得税は以下の金額になります。

(500万円+10万円(一時所得の課税対象額))×20%-427,500円
=592,500円

そして住民税は以下の金額になります。

(500万円+10万円(一時所得の課税対象額))×10%=51万円

つまり、一時所得が10万円増えた場合、税金は年間で約3万円増えることになります。

ここで紹介したのは一例であり、収入や競馬で稼いだお金によって違いがありますので、払戻金が年間50万円を超えた場合は、税理士など専門家に相談することをお勧めします。

 

税金で重要なのは“経費”の範囲

競馬にかかる税金においてポイントなのは2点

・年間の払戻金がいくらだったのか?
・馬券を的中させるのにかかった経費はいくらか?

先ほどお話しした通り、競馬で税金がかかるボーダーラインは年間払戻金が50万円以上ですから、年間支払額が50万円以上受け取ったのであれば、確定申告をして税金を納めなければいけません。

ということは、競馬で年間50万円以上ある場合は税金対策をする必要があります。

税金を支払うのは国民の義務ではあるものの、できることなら支払いたくない・・・

そこで支払う税金を抑えるためには経費を増やすしかないのですが、ここで重要なのが「何が経費なのか」ということ。

競馬における経費とは的中馬券を購入した金額を指します。

例えば、100円で買った馬券が的中して1000円の払戻金を得た場合、経費は100円ということになり、所得は900円となります。

ここで疑問に思うのが「外れ馬券は経費になるのか?」という点。

お金を稼ぐ目的で競馬をしている人の中には、馬券を買う際に何点かまとめて買う人も珍しくありません。

例えば、馬連3点を合計300円購入し、その中の1点が的中して1000円の払戻金を得た場合、300円賭けて1000円得たわけですから700円の利益を得たことになります。

ですが税金として計算する場合“的中馬券の購入費”のみが経費として認められるため、残りの外れ馬券200円分は経費として計算されません。

ということは・・・

三連単を1点100円で30点購入し、1万円の払戻金を得たのであれば、この1万円の経費は100円だけで残りの2900円は経費にならないのです。

ここで問題になったのは「競馬裁判男の手法から学ぶお金が増える馬券の買い方」でも紹介している競馬裁判です。

この裁判の判決を見て「外れ馬券も経費になるんだ!」と思っている人も多いと思いますが、あくまでも裁判を起こした人の手法は例外的に認められただけです。

そのため、高オッズ狙いの多点買いで馬券を買っている人が税務調査に入られた場合、ビックリするような追徴課税を請求される可能性があります。

 

マイナンバーによって変わる競馬の税金の納め方

競馬で得たお金に対しても税金はかかりますが、実際に支払っている人は決して多くありません。

なぜなら、インターネットなどで馬券を買う場合は銀行を使ってお金のやり取りが行われるため、記録が残ってしまいますが、競馬場や場外馬券場で馬券を買ったり払戻金を得たりした場合、お金のやり取りが記録に残りません。

ですから、競馬で稼いだお金がいくらだったのかを税務署が調べることができないため、確定申告をしなくても税務署にバレることがないのです。

ところが、2016年からスタートするマイナンバー制度によって、競馬場などで払戻金の貰い方が変わる可能性があります。

例えば万馬券を的中させて、その払戻金をもらおうとする場合、マイナンバーカードを提示しないともらえない・・・とか。

そしてJRAは、提示されたマイナンバーを報告することで、誰がいくら競馬で稼いだかを国が把握することができるようになるのです。

となれば当然“競馬で得た雑所得”分の納税を請求される可能性は高い。

もちろん万馬券に限らず、自動払戻機でも同様に、的中馬券を挿入する時にマイナンバーのカードの挿入を求められるかも知れない。

そして、その場で暫定的に一旦課税をしておいて確定申告をしてから、還付を受けるようになる可能性もある。

つまり何が言いたいかというと

万馬券の確率がきわめて高い三連単ばかりしていると、利益をほぼすべて税金として国に持っていかれる可能性が極めて高くなる。

・・・ということ。

これらはあくまでも可能性ではありますが、こうならないと断言できる保証もありません。

こうなってしまう前に、きちんと税金を考えた競馬の取り組み方を考える必要があります。

 

競馬の税金を抑えるコツは“馬券の買い方”

競馬に限らず、税金を抑える方法は経費を増やすことです。

仮に年間払戻金額が100万円であっても、馬券購入費が20万円と80万円とでは、一時所得が大きく違ってきます。

つまり、馬券購入費をかけて利益を増やすことによって税金の支払額を抑えることができるのです。

ただし、先ほども挙げたように外れ馬券は経費には含まれません。

馬券の経費を増やしながら競馬の利益を増やすためには、1点当たりの掛け金を少なくして多点買いをするよりも、点数を少なくして1点当たりの掛け金を増やす方が正しいのです。

1点当たりの掛け金が増えれば、的中した時の経費も増やせますし、掛け金が多ければオッズが低くても払戻金は多くなります。

ですが、不的中になれば掛け金が多くなる分損失も大きくなるため、ある程度的中率に重きを置いた馬券種で勝負することが前提になります。

その点から考えると、基本的には単勝・複勝・ワイド馬券を小数点数で勝負するのが基本になります。

例えば複勝1点買いや単勝2点買いなど。

反対に、三連単や三連複といった多点買いを前提とした買い方の馬券では、的中した際の税金が高くなってしまうため、お金を稼ぐ目的で競馬をするにはお勧めしません。

せっかく的中して稼いだお金を“税金”として取られてしまうわけですから。

つまり、三連単の多点買いで的中させる競馬手法を学ぶよりも、複勝1点で的中させるための方法を勉強し、その手法をベースにして投資競馬に取り組んだ方が、トータルで考えて手元にお金が残りやすい・・・ということ。

ある程度的中率が安定してくれば、徐々に掛け金を上げていくことによって、的中した時の払戻金も増やすことができます。

それに、三連単30点買いよりも複勝1点買いの方が、単純な的中率は高いため、“お金を稼ぐ”という目的から考えても、後者の方が効率的です。

税金の面からも、的中率の面からも、なるべく小数点数で買うのが投資競馬という観点から考えると正しい選択ではないでしょうか。

 

税金を考えるのも競馬で稼ぐには大切

これまで税金について競馬をしている人はほとんどいないでしょう。

しかし、この先色々な事を考えると税金対策をしながら競馬に取り組む必要があり、税金を無視した馬券の買い方は今後非常にリスクを伴うことになります。

1回の的中でもらえる金額を多くしようと欲張るのではなく、一定のスパンで収支をプラスにするような姿勢で取り組みましょう。

黙っていても、いずれは見つかってしまうのであれば、ちゃんと対策を立てて競馬を取り組んでください。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。