レース選択のポイント

競馬勝ち組が実践している勝負レースを絞り込む3つのルール

勝負のイメージ画像

競馬で安定して稼いでいる人の中には「勝負レース」に狙いを定めて馬券を買っている人もいます。どんなレースが勝負レースか?については買っている馬券種や取り組み方によって定義が異なりますが“勝てる可能性が極めて高いレース”という認識でいいと思います。

自分も普段競馬に取り組む際は必ず勝負レースを探すところから始まります。勝負レースさえ見つけてしまえば極端な話あとは馬券を買うだけ・・・になります。

では具体的に勝負レースをどうやって見つければいいのか?自分は次のようなルールを作ってその日の勝負レースを探しています。

開催されるレースを7等分する

競馬はだいたい10時前から16時半まで1会場当たり12レース開催されています。開催会場は月によって2会場だったり3会場だったりしますが、個人的には競馬場ベースで勝負レースを選定しません。

自分が意識しているのはレースが開催される“時間帯”です。具体的には1日のレースを以下のように振り分けます。(下の表は中山、阪神、函館の3会場でレースが開催されている場合の振り分け)

グループ 時間 レース
Aグループ 9時50分~11時 函館1レース~中山3レース(8レース)
Bグループ 11時~12時 阪神3レース~函館5レース(5レース)
Cグループ 12時~13時 中山5レース~阪神6レース(5レース)
Dグループ 13時~14時 函館7レース~阪神8レース(6レース)
Eグループ 14時~15時 函館9レース~中山10レース(5レース)
Fグループ 15時~16時 阪神10レース~阪神11レース(4レース)
Gグループ 16時〜16時半 函館12レース~阪神12レース(3レース)

上の表を見てもらえば分かる通り1時間ごとにレースを区切っているだけです。この中から自分が得意とするレースが多いグループで勝負レースを見つけるようにしています。

各グループのレースの特徴

開催している競馬場ではなく時間帯によってグループ分けしましたが、実は各グループに属しているレースはそれぞれ特徴があります。

ザックリ分けると各グループの特徴は以下の通りです。

グループ レースの特徴
Aグループ 未勝利戦
Bグループ 未勝利戦+新馬戦
Cグループ 未勝利戦+条件戦(障害競走)
Dグループ 条件戦
Eグループ オープン戦
Fグループ オープン戦(メインレース)
Gグループ 条件戦

このように、時間帯に区切るとある程度レースのクラスで分類ができます。レースのクラスが違うということは、当然出走する馬の実力はもちろん馬券を買っている人の層や競馬関係者(馬主、調教師、騎手など)の思惑なども変わってきます。

これらはすべて馬券に大きく影響します。各レースの特徴については下記ページで紹介しているのでそちらを参考にしながら、自分にとって“勝負しやすいレース”を探してみてください。

競馬のレース画像
競馬の各レースの種類~競馬で稼ぐなら知っておくべき特徴~競馬のレースには種類があります。各レースの種類によって特徴があり「稼ぎやすいレース」と「稼ぎにくいレース」が特徴から判断できます。ではどんなレースが稼ぎやすいレースなのか?詳しく解説していきます...

勝負するレースの時間帯を決める

1日のうちに開催されるレースを時間帯でグループ分けしたら、次はその中のどこで勝負するか?を決めます。最初は開催されるレースに一通り目を通しますが、さらっと見て

「このレースは勝負できそう」
「このレースはちょっと無理かな~」

といった感じで勝負できそうなレースとできないレースを取捨選択します。そのあと、ピックアップしたレースがどの時間帯のグループに属しているか?をチェックし、勝負する時間帯を決めます。

この時勝負するグループを選ぶ基準は大きく分けて2つあります。

競馬ができる“時間”で決める

時間によってレースをグループ分けした理由は“真剣に競馬に取り組む時間”を限定するためでもあります。本気で競馬を使ってお金を稼ぎたいのであれば相当な集中力が必要になります・・・が、人の集中力なんてそう長くは持ちません。

そのため、あらかじめ集中して競馬を分析する時間帯をグループ分けして狙いを定めます。

例えば午前中に勝負できそうなレースが固まっていたら午前中に開催されるレース(上の表でいうとAグループもしくはBグループ)だけに照準を絞ります。また、午後イチのレースに固まっていたらDグループで勝負する・・・といった感じになります。

ただし、仕事や家族の予定などで競馬ができない時間帯がある人も多いと思います。例えば昨日夜勤だったから午前中は寝ていたい・・・という人は時間的に考えてもDグループ以降からの勝負になりますよね?

競馬でお金を稼ぐのは大切ですが、時にはそれ以上に大事なことに時間を使うこともあります。無理して競馬をするよりもじっくり考えられる時間が確保できる時に取り組んだ方が良い結果が出やすいので競馬に取り組める時間帯からグループを選びましょう。

勝負したいレースの種類で決める

1日中競馬に取り組める人でしたら、各グループのレース特徴から勝負するグループを選んでもかまいません。

例えば新馬戦を得意と自覚しているのであればBグループを中心に勝負できるレースを探すといいでしょう。また荒れるレース狙いで挑んでいる人はレースが荒れやすいFグループかGグループで勝負!と考えるでしょう。

一番やってはいけないのが「馬券が買えるレースは全部買う!」というやり方。

確かに馬券を買わないと的中しませんが、あれこれテキトーに買って当たるほど競馬は簡単ではありません。下記ページでも言及していますがレース選択は競馬でお金を稼ぐうえでとても重要なので、お金を稼ぐ目的で競馬をするのであれば必ずレースの選定は行いましょう。

パドック
競馬で稼ぐためのレース選びのポイント6ヶ条競馬で稼ぐ人はレース選びに力を入れます。なぜならレースがきちんと選べれば的中率が上がるとともに外れ馬券を買って損するリスクが下がるからです。具体的にレース選びで意識するのは次の6つが基本となります...

選んだ時間帯のレース以外では馬券を買わない

「なんでわざわざレースをグループ化するのか?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。その最大の理由は“勝負レース以外を除外するため”です。

競馬で稼げる人はあれもこれもレースに手を出しません。最も馬券が的中する可能性が高いレースを見極め、そのレースに資金を投入します。

自分にとって最も当てやすいレースを見極めるのには、それなりの勉強と経験値が必要です。失敗と反省を繰り返しながら少しずつ見極められるようになっていくわけです。

しかし「勝負したらいけないレース」は意外と簡単に見つけられます。

例えば『単勝1番人気で単勝オッズ2倍以下の馬を軸にして流す』という方法で馬券を買う場合、1番人気の単勝オッズが2倍以上のレースは“買ってはいけないレース”になりますよね?このように見送るレースが増えれば増えるほどムダな損失を減らすことができます。

さらに言えば、馬券を本気で当てようと思ったら真剣にレースを分析する必要があります。ただ全レースを深く分析するのは時間的にも精神的にも無理なので“真剣に競馬に向き合う時間”を作り、その時間だけ本気で競馬に取り組む。

それ以外の時間は勝負する時間以上の分析ができないため、不的中になる可能性が高いからあえてスルーする。このように競馬に取り組む時間にメリハリをつけて取り組むのが大切なのです。

だから勝負すると決めたグループ以外の時間帯は基本的に馬券を買ってはいけません。遊びでGⅠレースを買うくらいならいいですが、投資競馬をするのは控えた方がいいでしょう。

勝負レースで的中しても“即撤退”

特定の時間帯だけ集中して分析して競馬に取り組めば馬券が的中しやすくなります。もし勝負レースで的中したら次にやることは「競馬をやめること」です。

例えば午前中に勝負レースを見つけて勝った場合、まだ半日時間が残っていますよね?ここで

「どうせだったらもっと増やそう」

と欲が出ると予想が甘くなってたいてい負けます。

下記ページでも解説していますが、競馬で稼ぐのに最も大切なことは「負けないこと」です。欲を出して追いかけるよりも不的中になるリスクをつぶす方が大事なので、的中したらそれ以降のレースは絶対に手を出さないように。

ガッツポーズした男性
負けないための競馬戦略~馬券の買い方と馬の選び方~競馬の負け組ほど「負けない競馬」の意識が希薄な傾向があります。競馬でお金を稼ぐためには「負けない競馬」を心がける必要があります。そんな負けない競馬をするための戦略を紹介します。...

まとめ

これまで自分が普段取り組んでいる方法を元に“勝負レース”を絞り込むルールを紹介しました。勝負レースが絞り込めれば不用意に馬券を買ってお金を失う心配がなくなります。

もちろんこれをもとに自分なりにアレンジしてより確実な勝負レースを絞り込む方法を確立してもかまいません。競馬でなかなかお金が増えない人はぜひ参考にして自分にとっての勝負レースを探し出してください。

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座
kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」

などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 

・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。

メールアドレス

※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。