投資競馬マインド

競馬で得た配当を活用して不労所得の仕組みを手に入れる方法

競馬をしている人の多くは、いかに馬券を的中させてお金を増やすかを考えて実践しています。

そして、ゆくゆくは競馬の配当だけで生計を立てられたら・・・と考えている人も少なくないはず。

事実、競馬で稼いだお金で生活している人もいれば、子供を大学に入学させるお金を全額競馬の配当で支払った人もいます。

このように競馬は、ただのギャンブルとしてだけではなく“投資”として取り組むことによって、生活に必要なお金を稼ぐことができる手段の1つになる可能性を秘めています。

もっと言えば、競馬を活用することによって『不労所得の仕組み』を手にすることも夢ではありません。

ただそのためには、今までのように「馬券を買って的中したかどうか」だけにフォーカスしていては、その領域にたどり着くことができないでしょう。

そこでここでは、この先の人生において金銭的な不安を払しょくするための“ちょっと変わった”競馬の取り組み方についてお話しします。

おそらく、競馬を通してここまで考えている人は決して多くないので、もし共感していただけるのであれば、是非とも実践してもらえればと思います。

[adsense]

 

投資競馬の隠れたデメリット

このサイトを見ている人のほぼ全員が、何かしらの理由で「競馬で稼ぎたい」「馬券を的中させたい」と思っていることでしょう。

競馬は一般的にはギャンブルや娯楽というイメージを持たれていますが、取り組み方を少し変えるだけで“投資”として取り組むことができ、毎月コンスタントに収入を生み出す一種の副業ともなります。

しかも掛け金によっては競馬で得られた一ヶ月の配当が勤め先からもらっている給料と同じくらいかそれ以上になることだってあります。

さらに中央競馬だけに絞るのであれば、普段仕事が休みの人が多い土日に開催されるのも追い風となって、近年“お金を稼ぐ手段”の1つとして競馬を選択している人が多い印象です。

またインターネットの普及により「投資競馬」という言葉が浸透し、こうしたノウハウを販売する業者や専門家が出たのも要因の1つと言えるでしょう。

確かに競馬は、最も素早くお金を稼ぐ方法の1つであると考えています。

しかし「競馬で稼ぐこと」がメリットだらけでデメリットが1つもないわけではありません。

まず1つ目のデメリットが“資金損失のリスク”です。

競馬でお金を稼ぐには馬券を購入する必要があり、その馬券を買うのにお金が必要です。

しかも購入した馬券が必ず当たる保証はなく、外れてしまった場合は購入金額が1円も返ってきませんから、中途半端な知識と経験だけで取り組むといつの間にか資金が底をついてしまうリスクがあります。

そしてもう1つのデメリットが“時間”です。

『時間』による競馬のデメリットとは?

例えば、株やFXといったトレードは証券取引所が空いている時間であればいつでもトレードをすることができます。

しかもその方法も、パソコンやスマートフォンから売買の予約をすることができるため、ある程度シナリオができていれば、先に売買予約だけ設定しておき、時間を自由に使うことができます。

それに対して競馬は、ほぼリアルタイムで取り組まないといけません。

その理由は、競馬の配当はオッズによって決まりますし、そのオッズも馬券の購入金額によって左右されるため、購入が締め切られた後にならないとオッズが確定しないからです。

そしてこのオッズという数字は、競馬を予想するにあたってかなり重要な数字のため、株やXのように前もって馬券を購入するのが非常に難しくなっています。

つまり毎週競馬で稼ぎたいのであれば、少なくとも土日のうちどちらか1日は競馬に取り組む時間を確保する必要があるということ。

さらに、中央競馬に限って言えば開催されるのは1週間のうち2日間しかないため、株やFXに比べると投資ができるタイミングが限られています。

もちろん株やFXでもチャートを確認したり経済ニュースをチェックしたりなど、それなりに時間をかける必要があります。

ただ競馬ほど限られた時間にしなければならないことというのは実は少なく、特にFXは平日であればほぼ24時間いつでもトレードができるため、チャンスを逃しても次のチャンスはそこら辺に転がっています。

しかし競馬は1日24レース(もしくは36レース)しかないため、チャンスも必然的に少なくなるための1つのチャンスの重みが非常に大きくなる。

分かりやすく言うと“半自動化”ができないのです。

 

競馬の配当で不労所得を得るための3つのステップ

不労所得とは、文字通り働かなくても収入を得ることができる仕組みを指します。

例えば、商売をしている人が人を雇い、その人に任せれば自分がその商売に賭ける時間はゼロになり、自由時間が生まれますよね?

しかも商売そのものは動いているわけですから収入だって入ってくる。

競馬で稼ぐもう1つの方法「アフィリエイト」について」でも紹介しているアフィリエイトも、不労所得の仕組みを作るための手段の1つと言っていいでしょう。

ですが、先ほども挙げたように、競馬で的中馬券を買うためにはほぼリアルタイムで取り組まなければなりません。

言い換えれば、競馬をしなかったら損もしないとけどお金も稼げない・・・ということ。

では競馬を活用して不労所得の仕組みができないかというと実はそんなことはなく、次の3つのステップを実践することで、不労所得の仕組みを作ることができます。

ステップ1:将来送りたい人生をコミットする

どのように馬券を的中させて配当を得るか・・・それを考えるよりも、まず「どんな人生を送りたいか」というゴールを決めることが大切です。

なぜなら、人は明確な目的(ゴール)があるかないかによってモチベーションが大きく変わっくるからです。

これは競馬も同様で「稼げるようになりたい」といったようなザックリした目的では、すぐに挫折してしまう可能性があります。

それに不労所得と言っても、その額によって送れる生活は全く変わってきます。

例えば、月1~2万円の不労所得があれば満足な人もいれば、月に数十万円を目指している人もいますし、この金額によって準備することや取り組む内容も大きく変わってきます。

つまり、明確なゴールを先に決めておき、そこから逆算してすべきことや学ぶべきことをハッキリさせることが、最短距離を走れる唯一の方法といえるでしょう。

ステップ2:競馬で稼げるようになる

競馬で不労所得を得るのなら、とにもかくにもまず「競馬で稼ぐ」ことが必須になります。

この具体的な方法については特にこれといった制限はありません。

自分が最も得意な手法や馬券種を活用し、手元にしっかりお金が残るよう資金管理の徹底さえ間違えなければ、競馬で利益を上げることは難しくないでしょう。

とはいえ、片手間で取り組んだり情報商材を買ってその通り実践しただけで結果がでるほどハードルが低いわけではありません。

どんな手法であれ、まずはしっかりと競馬で稼ぐ力を身につけるための勉強や練習をして、自分の中で「競馬で稼ぐこと」に対して自信をもって取り組めるようになりましょう。

ステップ3:競馬の配当を元手に実践する

競馬で稼げるようになったら、次はその稼いだお金を元手に別のものに投資します。

その時にポイントとなるのは「自分の時間や労力をかけることなくお金が増えていくもの」を選択したほうがいいでしょう。

例えば投資信託や不動産投資などといった、お金を預けてあとは放置したまま・・・といったものがベストです。

もちろん投資には少なからずリスクがついてくるため、どんな投資を選んでも元本割れする可能性はありますが、たとえ資金がゼロになってもまた競馬で稼ぐだけですから、そこまで大きなリスクにはなりません。

むしろ毎週生活するために競馬をするほうが配当如何でその月の生活がままならなくなるリスクがでてくるため、あまり得策とはいえません。

投資も、いろいろ探せばローリスクで確実にお金を増やせるものがたくさんありますので、根気よく探してみて、納得のいくものに投資するよう心がけましょう。

 

競馬の配当だけで生活はできるのか?

先ほども少し触れましたが、競馬の配当だけで生活を維持することは可能か不可能化でいえば“可能”です。

競馬で1億円稼ぐ人が実際に取り組んでいる3つの約束事」でも紹介しているように、競馬で1億円以上稼いでいる人もいるくらいですから、競馬の払い戻し金だけで生計を立てることも、決して不可能なことではありません。

ただし、そのためには「常に競馬で利益を出し続けれなければならない」というプレッシャーを背負いながら競馬に取り組む必要があります。

元々競馬はギャンブルであり娯楽の1つですから、外れてもお小遣いが減るだけで生活になんら影響がない程度にお金を使うのが基本です。

ですから外れても「まあ、いっか」で済ませることができる。

しかし、競馬の配当で生計を立てるとなると「当てたい」という勘定ではなく「当てなければいけない」という感情で取り組むようになります。

そのため、普段と同じようなモチベーションで取り組むことができなくなるため、普段は必ずチェックしていたところを見落としたり、逆にあまり気にしてない数字やデータを気にし始めたりと「勝ちパターン」とは違う手法になってしまう危険性があります。

そのため、個人的には「競馬の配当で生活をする」ということをお勧めしていません。

本業や競馬の払い戻し金以外の収入が入ってくる状態を維持し、その中で競馬の配当を生活費に充てる・・・そうすれば、万が一競馬で稼げなくても少なくとも生活費が尽きることはないはず。

こうした収入の確保も、どのような人生を送りたいか?によって変わってくるため、まずは自分の人生についてじっくり考えてみることが、競馬で生計を立てるための第一歩といえるでしょう。

 

“競馬で稼ぐ”の真のメリット

世の中にはいろいろなお金を稼ぐ方法があります。

特に最近ではインターネットの普及によって、インターネットを使った副業やビジネスが増えてきましたし、起業のハードルが昔に比べて低くなった印象があります。

その中で「投資競馬」という選択肢が生まれ、競馬を投資と見立てて取り組む人が増えてきました。

では競馬の配当で利益を生むのにはどういったメリットがあるのか?

個人的に競馬は“最も早くお金を生み出すための方法”と考えています。

事業をすれば当然利益を出すまでに大金を投資したり営業活動が必要になりますし、株やFXなどのトレードでも、勉強時間や練習時間が必要になります。

勉強や練習については投資競馬にも当てはまることですが、競馬の良い点はその日に収支が確定するということ。

馬券を購入して数十分後には結果が分かるわけですから。

そのため、競馬で得たお金を別の(極めてローリスクな)投資をするための資金に充てるのが個人的に最もお勧めなやり方だと考えています。

もちろんこれは個人の価値観や考え方がありますから、必ずそうすべきではありませんが、それが一番有効な使い方だと思います。

この当たりの詳細なお話についてはメルマガで触れていますので、興味がありましたら登録してみてください。

自分にとって競馬とどう付き合っていくか・・・それを一度じっくり考えてもらえればと思います。

[adsense]

【無料メールマガジン】大阪競馬ストーリー通信

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信やノウハウがあります。例えば

わずか5点で三連単を的中させるノウハウ
たった3分で軸馬を見つけられるテクニック
12年間プラス収支の人の買い目配信サービス
プロが厳選する穴馬予想情報
毎月5万円競馬で稼ぐマル秘競馬ソフト

などなど。しかしこうした情報を手にしても95%の人は競馬で勝てずただただお金を失っているのが現状です。

もちろん中には悪徳な業者が販売している詐欺まがいな情報もあります。

しかし競馬で稼げない最大の原因はあなたの「競馬のあり方」が間違っていることに他なりません。

「どうすれば手元のお金が増えるのか?」をしっかり考えて競馬に取り組めば、自然とお金は増えていきますし常に競馬の収支はプラスで終えられるはずです。

ですが現実は馬券を買ったほとんどの人が外し「競馬のあり方」を理解して買っているほんの一部の人だけが競馬で稼いでいます。

事実、競馬のあり方を学び競馬に対する考え方や取り組み方を変えたことによって、1年間で競馬で100万円稼いだ人もいます。彼の的中率は81%以上!

もしあなたが今後競馬でお金を減らしたくないと考えているのなら・・・

イチから競馬で稼ぐことを学んでみませんか?

僕は2007年に「大阪競馬ストーリー」を発足して以降、多くの人の「競馬のあり方」を矯正し、競馬で稼げる人を世に送り出してきました。

先ほど紹介した的中率81%の人も僕の無料メルマガをきっかけに競馬を学びはじめ、今では競馬を収入源の1つとして取り組んでいます。

あなたが今後競馬を「収入の1つ」として考えているのなら、そのための本質を身に着けるためにも「大阪競馬ストーリー通信」に登録してみてください。

大阪競馬ストーリー通信では他の競馬情報商材や情報配信サービスでは解説されていない「競馬のあり方」を正すための情報を無料でお伝えしています。

興味があれば下記フォームからメールアドレスを入力してお申し込みください。


もちろん内容が気に入らないのであればいつでも解除できます。

登録すれば某情報商材販売サイトの売上ランキングで3ヶ月連続1位を獲得した情報商材のアレンジ版をプレゼントしています。そちらを読んでから解除してもらっても結構です。

あなたにおすすめの関連記事