三連複をボックス買いで的中させるために確認すべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三連複は的中すれば配当が高いですが1点狙いで買ってもなかなか当たりません。そのため、三連複を買う時は基本的に多点買いで購入すると思います。

ただ多点買いと言っても色々な買い方があります。その中の1つが「ボックス買い」

ボックス買いとは候補となる馬がどんな着順で来ても的中になるような買い方なのですが、三連複でボックス買いする場合はいくつかポイントがあります。このポイントを外すと的中してもお金が稼げなくなりますので、三連複のボックス買いメインで勝負しようと思っている人はぜひ以下の点を意識して馬券を購入してください。



SPONSORED LINK

三連複のボックス買いは“基本NG”

先に結論から言いますと、三連複をボックス買いするのはあまりお勧めしません。事実、三連複メインで馬券を買っている人の中でボックス買いしている人はあまり多くありません。

理由はカンタンで買い目が多くなってしまうから。

三連複は3着以内に入る馬を3頭予想する馬券種です。当然ボックス買いで選ぶ馬が1頭増えると点数は倍以上増えます。具体的には

4頭をボックス買い・・・4点
5頭をボックス買い・・・10点
6頭をボックス買い・・・20点
7頭をボックス買い・・・35点
8頭をボックス買い・・・56点

1点100円で購入したとしても8頭ボックス買いをした場合1レースにつき5600円かかる計算となります。さらに1点当たりの金額が増えれば当然掛け金も比例して増えます。

もちろんボックス買いの頭数が増えれば増えるほど的中率は必然的に高くなります・・・が、1レース当たりの掛け金も増えていくため、かなりの資金を用意しないといけません。しかもいくら三連複でボックス買いをしても的中する保証はありませんからリスクも当然たかくなります。

また三連複をボックス買いで購入して的中しても結果的に損をするリスクもあります。

三連複は三連単よりも的中する条件が緩い反面、上位人気が3着まで独占すると配当がかなり低くなります。場合によってはオッズ10倍を切ったりもするため、多点買いで的中しても掛け金を下回る払戻金になることもしばしば。

競馬でお金を稼ぐのであれば『高配当を的中する』よりも『買い目を1点でも減らす』ことが重要です

そういう意味でボックス買いはいたずらに買い目が増えてしまう買い方のため、三連複に限らずどんな馬券種でもあまりお勧めできない買い方といえます。的中しやすいのでついつい買ってしまうかもしれませんが、的中している割にお金が増えないので、投資競馬には向かない手法であることは覚えておいてください。

 

三連複のボックス買いが使える条件

「お金を増やしたい」という観点からすると、三連複のボックス買いで勝負するのはリスクが高いのであまりお勧めしません。ただ全く使えないか?と言われるとそんなことはありません。

レース次第では三連複のバックス買いが最も“アンパイ”な買い方になる場合もあります。特に次の2点が該当するレースでは三連複のボックス買いで勝負してみてもいいかもしれません。

ただし、あくまでも「勝負する価値がある」だけで三連複のボックス買いは最適というわけではないので、その辺は誤解のないように。

1番人気の馬の実力が怪しい時

各レースで1番人気から最下位人気まで必ず順位付けされますが、各人気の信用度はレースによって異なります。誰がどう見ても1番人気が勝つレースもあれば「これひょっとして・・・」という不安がぬぐいきれない1番人気のレースもあります。

三連複をボックス買いで買うのであれば1番人気の信用度が低いレースのほういいでしょう。1番人気がガチガチの場合はその馬が絡んでいない馬券は外れる可能性がありますし、高配当も期待できないためボックス買いで買うとトリガミになる可能性が高いからです。

しかし1番人気が不安定だと当然配当もそこまで低くなりません。むしろあえて1番人気が飛んでくれた方が、結果的に利益が生まれるためボックス買いで買ってもプラスの収支で終えやすくなります。

「1番人気は押さえておきたい、でも飛ぶかもしれないから他の馬も買っておきたい」

という状況だとボックス買いは有効な手段の1つとなります。

出走する馬の実力が横並びの時

レースによって競走馬の実力に格差があるものと均衡しているレースがあります。実力に格差がある場合はその馬を軸に据えたほうが買い目の少なく済みますが、実力が均衡しているとそもそも「どの馬を軸に据えればいいか?」が分からず悩んでしまいますよね?

そんな時に使えるのが「ボックス買い」です。

ボックス買いでは軸馬を決める必要がありませんから、3着以内に来そうな馬を片っ端から選ぶだけでOK。また実力が均衡しているレースの場合、馬券の購入も分散されるためどの馬が来てもある程度の配当が期待できます。

ただし、選ぶ馬の頭数の上限には注意が必要です。

あれこれ候補を増やしてボックス買いをしてしまうと買い目の点数が増えていきます。どれだけ買い目が増えても的中する馬券は1点だけですから掛け金の総額>払戻金になって結果的に損失を被りかねません。

ボックス買いをする際に選ぶ馬の上限としては

・7頭以下
・出走する馬の頭数の1/2以下(13頭立てレースの場合は6頭以下)

を目安に選ぶといいでしょう。

 

こんな時は三連複のボックス買い使用禁止!

先ほど三連複のボックス買いが使える条件についてお話ししましたが、逆に「絶対に使ってはいけない時」というのもあります。厳密に言えば使えなくはないのですが的中しても配当が低くて結局損をしたり、ボックス買いであっても的中させるのが難しいレースというのも中にはあります。

そういったレースを避けることでハズレ馬券の購入を避けてお金が無くなる機会を減らしたりもできるので、ぜひ下記3つのレースでは三連複のボックス買いを使わないようにしてください。

上位人気の馬で決着がついているレース

レースによっては特に波乱もなく人気順通りにレースが終わるのが安易に予想できるものもあります。そんなレースでボックス買いをしてもトリガミになって結局損をするだけなので極力手を出さないようにしましょう。

4頭ボックス買い(三連複4点買い)であれば収支的にプラスにできるかもしれませんが、5頭以上でボックス買いすると的中しても掛け金のほうが上回るため、結果的にマイナス収支になりかねません。

三連複のメリットは高配当ですが上位人気馬に馬券が集中するとビックリするくらい低い配当になりかねません。そうなると三連複で買う旨味はどこにもないので、諦めて他のレースを探したり別の買い方をした方がいいでしょう。

どの馬が来るか皆目見当がつかないレース

先ほど「馬の実力が均衡しているレースは三連複のボックス買いはアリ」と言いましたが、あくまでも競走馬の実力がある程度分析できていれば・・・の話です。つまり馬の実力が推し量れないレースには手を出してはダメということ。

そもそも『どの馬が来るか分からないレース』というのは、三連複のボックス買いであっても馬券を買おうとしてはいけません。奇跡が起きない限りどんな買い方をしても的中しないから。

競馬は1日24レース(週によっては36レース)開催されていますが、必ずどの馬が勝つか全く予想ができないレースがいくつかあります。なんとなく「こいつかな~?」と選んで買ってもたいてい外れます。

目に留まったレースを手あたり次第買っても競馬でお金は一向に増えません。買い方や手法を実践する前に「どのレースで勝負するか?」というレース選択をするクセをつけるといいでしょう。

重賞レース

遊びで買うのであればアリですが“お金を稼ぐ目的で重賞レースに挑むはお勧めしません。ましてや三連複のボックス買いは他のレース以上に難しいのでやめたほうが良いでしょう。

重賞レースは他のレースに比べて注目度が高いです。そのため、普段あまり馬券を買わない人も馬券を購入します。

では普段馬券を買わない人は何を参考に馬券を買うか?というと

競馬新聞に掲載されている予想屋のコメント
競馬番組のコメンテーターの見解
馬柱のマーク
自分の誕生日など気になる数字

などなど。そのため、人気と実力が伴わなくなるケースがしばしば発生し、非常に難しい競馬になりやすいのです。

競馬を楽しむ意味であれこれ予想して買うのは良いですが、重賞レース自体が「投資」に向かないレースなので、三連複のボックス買いでお金を増やしたいのであれば重賞レースで勝負するのは控えるべきだと思います。

 

まとめ

三連複のボックス買いは使うポイントを間違えなければ有効な戦略の1つだと思います。ただし、常に使える戦略か?というとそんなことはないし、むしろ使えるケースの方が少ないと言えるでしょう。

事実三連複メインでお金を増やしている人の多くは軸馬流しか三連複フォーメーションを多用している印象です。三連複のボックス買いを駆使して安定した稼ぎを出している・・・という人はほとんどいないのではないでしょうか。

投資競馬という点から見ても三連複のボックス買いは決して賢い方法とは言えないので、もし「競馬でお金を稼ぎたい!」というのであれば別の競馬手法を勉強したほうがいいかもしれません。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。