競馬で稼ぐ基礎知識

競馬で稼ぐために“やってはいけない”情報を使い方

競馬で稼ぐには、様々な情報を収集し、それらを分析してどの馬券を買うかを判断することが重要になってきます。

そして競馬で稼ぐことができる人とできない人の差も、この競馬の情報の部分にあります。

競馬の情報というのは非常に膨大で種類も多いため、どの種類のものを使ってどう分析するかによって買うべき馬券が変わってきます。

さらに最近では的中馬券を教えてくれる情報会社や情報の使い方を紹介している情報商材の登場によって、情報の集め方や使い方がより複雑になっていきました。

そのため、競馬で勝てない人達はどうやって情報を集め、その情報をどう分析していいかが分からなくなってしまい、間違った情報の使い方をしてしまっているのです。

だから結果を出すことができない。

では具体的に競馬で勝てない人達はどんな間違った情報の使い方をしているのか?

ここで詳しくお話ししますので、もし心当たりがありましたら今すぐ使い方を改めるようにしてください。

[adsense]

 

競馬で勝てない人は情報に依存する

まず、競馬で勝てない人の共通点の1つとして「情報に依存している」というものがあります。

冒頭でも言いましたが競馬には様々な情報があり、それらを活用することでどの馬が勝つかを予想することができます。

つまり、競馬でお金を稼ぐには情報の活用が必要不可欠だということ。

ところが、情報はあくまでも最終的な判断を下すための“材料”であって“答え”ではありません。

例えばデータマイニングという競走馬の力を数値化したものがあります。

数値が高いほどそのレースの中で高い実力を誇る・・・だったらマイニング指数が高い馬を中心に馬券を買えば高い確率で的中するのではないか?

・・・と、競馬で勝てない人達は考えるのです。

しかし実際のところは「データマイニングを使った馬券的中活用法」でもお話ししているように、様々な理由でマイニング指数を鵜呑みにするのはリスクが高いため、いくつかの情報と組み合わせて使うことが大切になってきます。

にもかかわらず、競馬で勝てない人達は、特定の情報をチェックして

「この馬の数値が○○だからこの馬が来る」
「×××でこんなデータがあるからこの馬が勝つ」
「▲▲▲▲があの馬を進めていたからこいつに賭ける」

など、情報の信ぴょう性を疑うことなく勝負するため、買った馬券のほとんどが不的中になるのです。

情報とは、例えるなら食材みたいなもので、正しい調理法で調理してはじめて活かされます。

なんでもかんでも生で食べたらお腹を壊してしまうように、競馬の情報もなんでもかんでもうのみにせず、情報の“調理法”を身につけることが競馬で稼ぐためには必要不可欠なのです。

 

競馬で勝てない人が依存しやすい2つの情報

情報は、鵜呑みにするのではなく、自分なりにアレンジやカスタマイズをして活用することで馬券の的中率や回収率を上げることができます。

ただ、こうした情報の活用法は色々実践して経験を積んだり人から押してもらわない限り、なかなか身につくものではありません。

そこで、多くの人が目をつけたものが2つあります。

1つは競馬で稼いでいる人が、実際に馬券を買ったり馬を選んだりする時に用いている考え方や判断基準を体系化した、いわゆる情報商材というものです。

この情報商材には、販売者がその日馬券を買うまでの一連の行動が記載されており、その手順通りに馬券を選んで買うことによって的中することができるようになる、いわば“競馬の参考書”みたいなものです。

つまり、競馬で稼ぐための必要な情報と、その情報の使い方が紹介されているため、こうした情報商材を活用して情報の使い方を勉強する人も多いです。

そしてもう1つの情報が、サイトやメール等でどの馬が来るかを教える“買い目情報”です。

買い目情報とは、レース、購入する馬券の種類、購入対象の馬をメールなどで具体的に教えてくれるサービスのこと。

この買い目情報は、発信者によって馬券の種類や情報の内容について異なり、「どのレースでどの馬をどんな馬券種でいくら買えばいいのか?」まで事細かに紹介するところもあれば、その日開催されるレースの軸馬を配信しているところもあります。

こうした情報を受け取って自分の馬券選びの参考にしたり、その情報を信じてそのまま馬券を購入したりします。

このように、競馬で稼ぐための具体的な行動を明確に紹介しているものが情報商材と解明情報なのですが、この2つを用いても競馬で勝てない人は後を絶ちません。

その最大の理由は、限りなく具体的な情報を得ることができるため、その情報に依存してしまうのです。

「この情報商材ではこう言っていたからこの馬が来る」
「この前送られた買い目はこれだったからこれで的中する」

・・・というように、自分で考えなくてもこれら2つの情報源には答えが明記されているため「その通り買っていれば競馬で稼げる」と勘違いしてしまうのです。

 

競馬で勝てない人の間違った情報商材の使い方

先ほど情報商材に依存している人は競馬で勝てない・・・ということをお話ししました。

しかし、情報商材を購入した人全てが勝てないわけではなく、そこから競馬の勝ち組に入っていった人も少なくありません。

では、同じ情報商材を使っても競馬で稼げるようになった人と一向に勝てないままの人とでは、どこに違いがあるのか?

その答えは情報商材の“使い方”に違いがあったのです。

特に競馬で勝てない人というのは、次のような使い方をするがベストだと考えています。

1:「技術だけ」を学ぼうと思っている

情報商材にはレースの選び方や馬を選択する基準、もっと丁寧なものになると例外的に稼げるパターンなども紹介しています。

こうしたレース選択のテクニックや馬選びの技術というのは、競馬で稼ぐ上で重要なのは間違いないのですが“絶対”というわけではありません。

つまり、競馬で勝てない人ほど“この方法さえマスターすれば競馬で勝てるようになる”と技術やテクニックを過信し、依存しているのです。

競馬の技術は正しいシチュエーションで使えば絶大な効果を発揮する反面、間違ったシチュエーションで使っても買った馬券はかすりもしません。

また、使い方だけを覚えてもきちんと使いこなせるようになるまでには経験を積む必要があり、経験値を蓄積するためには多少なりとも時間がかかります。

このように、テクニックや技術はあくまでも競馬で稼ぐために必要なピースの1つであり、技術だけで勝てるようになるほど競馬は簡単なものではありません。

テクニックを過信するとお金は増えるどころかどんどん減っていってしまうのです。

2:ノウハウだけで何とかしようとしている

競馬で勝てない人の多くは1日も早く競馬で勝てるようになって、これまでの負けた分を取り返そうと考えています。

そして負けた人達の多くは、自分が競馬で勝てない理由を勝手に「的中馬券を見極める方法を知らないから勝てないんだ」と勝手に解釈し、それを解決するために情報商材を求めます。

確かに「的中馬券を見つける方法」を知れば競馬で負けることはないでしょう。

しかし、現在競馬で勝てる人達も実は「的中馬券を見つける方法」を完全に熟知しているわけではありません。

競馬勝ち組の人達は、自身が使っているノウハウを応用して、もっとも効果的に利益が出せるよう掛け金等を調整して、無駄な損失を出さずきちんと利益が残るよう取り組んでいます。

競馬で勝てない人ほど「競馬で稼ぐには的中すること」と思っていますが、実はそうではなく「いかに損失を最小限に抑えて馬券を買うか?」を意識して馬券を買うことが競馬で稼ぐ最も基本的な考え方なのです。

つまり、馬券が外れて損失が出るのは当たり前なのです。

的中させることばかりにフォーカスし、情報商材に的中率向上だけを求めてしまうと、資金管理がおろそかになりお金が一向に増えないのです。

 

競馬で勝てない人の間違った買い目情報の使い方

情報商材は自分で勉強し、経験を積むことによって勝てるようになるため、情報商材を手に入れてから勝てるようになるためどうしても時間がかかってしまいます。

しかし買い目情報を配信してもらえば、受け取った情報を参考に馬券を買えばいいだけなので、情報商材比べて即効性が高く誰でもすぐに使える情報といえるでしょう。

にもかからず、こうした買い目情報の配信を受けても競馬で勝てない人は存在します。

その理由の1つに「情報の虚偽」というものがあり、単純に情報を配信している会社が嘘の情報を配信しているから勝てない・・・という見方をしている人も少なくありません。

でも実は買い目情報を受け取っている側にも勝てない原因があるのです。

買い目情報を受け取っておきながら競馬で勝てない人には次の2つの共通点があります。

1:配信された情報を鵜呑みにする

配信された買い目にどこまで信ぴょう性があるのか・・・これは各情報会社によって異なるため一概に断言することはできません。

ただ1つ言えることは“的中率100%はあり得ない”ということ。

そもそも買い目情報の配信とは一定のロジックや分析によって導き出された“的中する可能性が極めて高いもの”であり、本当に的中するかどうかは実際に走ってみないと分からないのです。

またそのロジックも時代によって色あせてしまうものもあり、去年は的中率が30%だったのに今年に入ってから的中率が15%に落ちた・・・なんてものもあったりします。

そのため、受け取った情報に対してさらに自分なりにフィルターをかけたりアレンジをかけたりして、少しでも不的中の可能性を低くするような作業をするのがベスト。

逆に受け取った買い目情報をそのまま鵜呑みにし、言われたとおりの馬券を買っているだけでは自分でフィルターをかけることもアレンジもできないため、リスクを抑えることができません。

絶大な信頼を置いている人から情報を受け取っているならまだしも、ある程度疑問や不安を感じているのなら、買い目の情報を鵜呑みにせず、判断材料の1つとして扱いましょう。

2:自己責任を放棄している

買い目情報を受け取っていながら勝てない人の中には情報発信者にクレームを言う人も珍しくありません。

情報通りに馬券を買ったのに当たらなかったのですから「勝てないから返金しろ!」「正しい情報をよこせ!」と言いたい気持ちは分かります。

しかし、買い目情報をどう読み、どう判断し、どんな馬券を買うのかは本人次第であり、その責任は自分で取らなければいけません。

例えばお金を支払ったのに情報が送られてこないとならば情報会社に落ち度がありますが、受け取った情報の内容の保証までしてくれるところは1つもないでしょう。

受け取った情報を元にどんな馬券を買うのかはその人が判断したわけですから、その時の損失のリスクもその人が背負うのは競馬をする者として当然です。

あくまでも競馬は自己責任でやるものだということをしっかり認識してください。

 

競馬で稼ぐなら情報の活用の仕方が大切

競馬で稼ぐには情報は必要不可欠です。

しかし、情報を集めただけでは意味がなく、その情報から何を導くのかが大切で、そのためには情報を正しく活用することが重要なのです。

競馬で勝てない人ほど、情報の信ぴょう性も確認せずにそのまま鵜呑みしてしまいます。

情報は不変ではあります・・・が、大切なのはその情報の裏に隠させているもので、それを見極めることができれば、競馬で稼ぐことができるでしょう。

これを機会に情報の使い方を改め、競馬で勝てない現状から打破してもらえたと思います。

[adsense]

【無料メールマガジン】大阪競馬ストーリー通信

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信やノウハウがあります。例えば

わずか5点で三連単を的中させるノウハウ
たった3分で軸馬を見つけられるテクニック
12年間プラス収支の人の買い目配信サービス
プロが厳選する穴馬予想情報
毎月5万円競馬で稼ぐマル秘競馬ソフト

などなど。しかしこうした情報を手にしても95%の人は競馬で勝てずただただお金を失っているのが現状です。

もちろん中には悪徳な業者が販売している詐欺まがいな情報もあります。

しかし競馬で稼げない最大の原因はあなたの「競馬のあり方」が間違っていることに他なりません。

「どうすれば手元のお金が増えるのか?」をしっかり考えて競馬に取り組めば、自然とお金は増えていきますし常に競馬の収支はプラスで終えられるはずです。

ですが現実は馬券を買ったほとんどの人が外し「競馬のあり方」を理解して買っているほんの一部の人だけが競馬で稼いでいます。

事実、競馬のあり方を学び競馬に対する考え方や取り組み方を変えたことによって、1年間で競馬で100万円稼いだ人もいます。彼の的中率は81%以上!

もしあなたが今後競馬でお金を減らしたくないと考えているのなら・・・

イチから競馬で稼ぐことを学んでみませんか?

僕は2007年に「大阪競馬ストーリー」を発足して以降、多くの人の「競馬のあり方」を矯正し、競馬で稼げる人を世に送り出してきました。

先ほど紹介した的中率81%の人も僕の無料メルマガをきっかけに競馬を学びはじめ、今では競馬を収入源の1つとして取り組んでいます。

あなたが今後競馬を「収入の1つ」として考えているのなら、そのための本質を身に着けるためにも「大阪競馬ストーリー通信」に登録してみてください。

大阪競馬ストーリー通信では他の競馬情報商材や情報配信サービスでは解説されていない「競馬のあり方」を正すための情報を無料でお伝えしています。

興味があれば下記フォームからメールアドレスを入力してお申し込みください。


もちろん内容が気に入らないのであればいつでも解除できます。

登録すれば某情報商材販売サイトの売上ランキングで3ヶ月連続1位を獲得した情報商材のアレンジ版をプレゼントしています。そちらを読んでから解除してもらっても結構です。

あなたにおすすめの関連記事