競馬で稼ぐ基礎知識

連対式馬券で使われる4つの買い方の基本的な攻略法

馬券にはさまざまな種類がありますが大きく分ける「単式」と「連対式」の2つがあります。

単式とは、出走する競走馬の中から1頭を選んで馬券を買うもので、単勝や複勝がこれに当たります。

それに対して連対式とは、出走する競走馬の中から2頭以上選ぶ必要があり、その2頭の着順の組合せ条件によって的中・不的中が決まるため、単式と比べて連対式の馬券のほうが多くなります。

こうした組合せが多い馬券を効率よく買う方法が競馬にはあります。

ここでは、連対式の馬券の買い方とそれらの特徴について紹介しますので、今後の馬券の買い方の参考にしてください。

[adsense]

 

連対式馬券の4つの買い方とは

先ほどもお話ししたとおり、連対式の馬券とは2頭以上の馬を選ぶ馬券のことを言い、具体的には馬連、枠連、ワイド、馬単、三連複、三連単の6種類を指します。

この連対式の馬券の特徴は選んだ2頭のうち1頭だけ当たっても的中とならず2頭(三連複・三連単の場合は3頭)全てが当たって初めて的中となります。

そのため、単勝や複勝に比べて的中する可能性は低くなるものの、的中した時の払戻金(つまりオッズ)は連対式の馬券の方が相対的に高い特徴があります。

2015年7月19日に開催された函館8Rで例を挙げますと、このレースでは単勝・馬連・枠連・馬単のそれぞれ1番人気が的中となりました。

その時の払戻金は以下の通りです。

馬券 買い方2 参考:JRA

このように、同じ1番人気の馬券が的中したにもかかわらず、馬券種が異なるだけで払戻金に大きさが出ており、単勝と馬単とでは約4倍以上の差がでています。

つまり、1点当たりの金額を低く抑えつつ、的中した時に大きな配当を得ようと考えるのであれば、単式よりも連対式の馬券の方が可能性として高いということ。

そのため現在馬券を買っている多くの人は馬連や三連複などといった、配当が高くなおかつ連対式馬券の中で的中させやすい馬券を使っています。

単勝1点に1000円賭けるよりも馬連を100円ずつ10点買ったほうが配当も大きいですし、点数を多く買っている分的中する可能性が高くなる・・・と考えているからです。

さらに、こうした考えでもって連対式の馬券を買っている人達は、主に次の4つの買い方を活用して購入しています。

これらの買い方は全て馬券を買う際に指定することによって、欲しい馬券をもれなく全て購入できる方法なので、連対式の馬券を中心に買うのであれば、絶対に知っておいて損はありません。

ボックス

ボックスとは、自分が馬券に絡むであろう馬の全ての組合せを全て購入する買い方です。

馬券 買い方3

ボックスの具体的な特徴については「競馬でボックス買いを使って利益を増やすための3つのコツ」でも紹介していますが、連対式の馬券で的中率を重視するのならこの買い方がお勧めです。

例えば2着以内に来ると予想した馬が4頭いた場合、その4頭のうち2頭が2着以内に入れば的中するわけですから、そこまで具体的な分析や馬の絞り込みをすることなく馬券を当てることができます。

ただし、選ぶ馬の頭数が多くなればなるほど組合せの数も多くなるため、購入する点数も多くなります。

また同じ頭数でも馬券種によっても点数の違いが生じます。

馬連で4頭をボックス買いした時の組合せは6点ですが、三連単で4頭をボックス買いすると24点になります。

当然点数が増えればそれだけ掛け金が増えるため、馬の頭数や購入する馬券種によっては1レース当たりの必要掛け金に違いが生まれます。

流し

流しとは、馬券に絡む競走馬を固定し、そこから組合せを考えて購入する買い方のこと。

そして固定する馬のことを「軸馬」と言います。

馬券 買い方4

流しの特徴は、軸馬を固定することで買い目の点数を押さえることができる点です。

例えば馬連で「必ず2着以内に入るだろう」という競走馬を1頭見つければ、残りの馬の中から2着以内に入る可能性が高い馬をピックアップするだけで済みます。

その候補となる馬が2頭いたのなら点数は2点で済みますし3頭いたら3点で済むため、ボックス買いと比べると馬券購入に必要な掛け金を抑えることが可能。

ただし軸馬が来なかった場合は買った馬券全てが外れ馬券になるというリスクがあるため、軸馬の選び方が的中率に大きく反映されます。

そのため、より高確率で来る馬を軸馬に置けるかどうかが最大のポイントとなっており、「競馬初心者でもたった“2秒”でできる軸馬の決め方」のような軸馬を見つけるロジックが重宝されています。

また三連単・三連複の場合は、軸馬を1頭にするか2頭にするかによっても的中率や点数が変わってきますし、三連単や馬単など着順も的中条件に関する馬券種はどの着順の馬を軸馬にするかによって組合せが変わってきます。

自分なりの予想や分析方法を用いて軸馬を見つけられる人にはお勧めですが、そうでない人が流しで買うと全馬券不的中になる可能性が高いので、自分の軸馬の見つけ方を確立してから挑戦するようにしましょう。

フォーメーション

フォーメーションとは、それぞれの着順に来るであろう馬をピックアップし、それらの組合せを全て購入する買い方で、着順が的中条件になっている馬単や、3頭を選ぶ三連複や三連単でよく使われます。

例えば三連単で

「4番と6番は2着以内に来るだろう」
「8番は1着には無理だけど3着以内には来ると思う」
「もしかすると13番が3着になるかもしれない」

と予想した場合、これらの予想を全て反映させる買い方をフォーメーションで買おうとすると以下のようになります。

馬券 買い方5

フォーメーションの最大の特徴は、各着順の予想が具体的になっているため、買い目の点数を最小限に抑えられることです。

特に馬単や三連単などは着順も的中条件に含まれているため、どうしても点数が増えてしまい、1レース当たりの掛け金が多くなってしまいます。

しかし、フォーメーションは限りなく的中の可能性が低い馬券の購入を削ることによって、最小の掛け金で的中させることが可能となるため、回収率を高めることができるのです。

また「的中率50%を誇る三連複フォーメーションを使った競馬手法」で紹介しているように、三連複をフォーメーションで買うことで高い的中率でなおかつ高配当が狙えるような買い方もあります。

その反面、フォーメーションはよりピンポイントにレースを予想する必要があるため、かなりの分析力が求められるため、中級者~上級者向けの買い方と言えます。

マルチ

マルチとは軸馬を1頭決めて購入する買い方で、その点については流しと似ています。

マルチと流しとの違い・・・それは軸馬の着順の固定です。

流しの場合、軸馬を選ぶ時には着順が決まっており、例えば馬単を流しで買うと軸馬を1着にして買った時、この軸馬が2着になったら不的中になります。

それに対してマルチで買うと、軸馬が2着になる場合の組合せも購入するため、流しで買った時と比べて的中する可能性は高くなります。

馬券 買い方6

その反面、流しに比べて買い目の点数が多くなるのがデメリット。

例えば軸馬1頭にヒモ馬3頭を馬単で流しで買った場合、点数は3点で済みますが、マルチで買うと軸馬が1着の時と2着の時の両方を購入することになるため、点数は倍の6店になります。

また単純な的中する組合せだけなら馬連の流しと同じになりますので、的中した時の配当を比較する必要もあります。

 

連対式馬券を買う際の3つの注意点

連対式の馬券は組合せや買い方次第で、少額な掛け金で大きな配当を得られる可能性を秘めています。

そのため、現在馬券を買っている人でも単式の馬券よりも連対式の馬券(特に馬連と三連単)を買うことを前提とした予想や分析方法の方が注目を集めています。

ただ、連対式の馬券は的中の条件も厳しいため、なかなか当てることが難しい馬券であることには間違いありません。

だからこそ、先ほど紹介した4つの買い方を活用することで、自身の的中率を高めて行く必要があるのですが、実はこうした連対式の馬券を買う際には共通して注意すべきことがあります。

競馬で勝てない人でも先ほど紹介した4つの買い方は知っていると思いますが、それでもお金が稼げないのは単純に予想や分析や馬の選び方が悪いだけではありません。

連対式の馬券を買う際に気を付けなければいけないことを無視して買っているから、結果的に手元にお金が残らないのです。

では具体的にどういったことを注しなければいけないのか?ここで1つずつ解説していきましょう。

1:買い目の点数

これは競馬を始めて間もない初心者に多いのですが、とにかくあれもこれもと馬券を購入してしまう人がいます。

確かに馬券を購入すればそれだけ的中する可能性は高くなります・・・が、的中したからと言って必ずお金が稼げるわけではありません。

例えば1点100円で10点購入した場合、必要な掛け金は1000円です。

そしてその中の1点が的中し払戻金が680円だった・・・そうなると結果的に320円のマイナスだということに気づきますよね?

実はこうした当たり前の計算が、いざ馬券を買う時になると全く計算ができなくなってしまう人がいます。

単純に買った馬券が当たった・外れたを楽しみたい人ならともかく、競馬でお金を稼ぎたいのなら、いたずらに買い目の点数を増やすのではなく、なるべく少ない点数で的中できるよう、日頃から勉強や練習を積むことをお勧めします。

2:トリガミのリスク

トリガミとは、馬券は的中したけど収支はマイナスになるという現象で、多点買いをする際に起こりうることです。

先ほどの1:でも紹介した買い目の点数が増えるのもその要因ですが、もう1つの要因が“上位人気の馬を中心に買うこと”です。

そもそも的中馬券の払戻金は掛け金とオッズによって計算することができます。

ここでポイントとなるのはオッズで、特に多点買いの場合は「多点買いする際に知っておくべき合成オッズの賢い使い方」で紹介しているような合成オッズを計算し、どの馬券にいくら賭けると収支がプラスになるかを正確に見極めてから購入しなければいけません。

しかし、ここで紹介した4つの買い方は均等買いとなるため、的中した馬券次第ではトリガミになる可能性が含んでいます。

馬券は的中したけどお金は減った・・・なんてことは、投資競馬をする上で本末転倒なことですから、稼げる買い方をするようにしましょう。

3:税金問題

馬券を買っているほとんどの人は競馬で収支を出すことができていないため、気にしていないのかもしれませんが、実は多点買いで万馬券を的中させてしまうと税金をガッツリ取られてしまいます。

馬券の払戻金にかかる税金の算出方法は「最小限にリスクを抑えた賢い三連単の買い目の選び方」でもお話ししていますが、端的に言いますと“外れ馬券は経費として認められない”ということ。

これについては様々な意見や見解がありますが、法律上はそうなっているので、それに従って馬券を買ったほうが無難です。

つまり、万馬券狙いで何十点も買うくらいなら掛け金を多くして小数点数で勝負したほうがリスクは低いということ。

せっかく得たお金を税金で取られないよう、買い方も少しずつ改めて言ってもらえればと思います。

 

投資競馬のコツは“損をしないこと”

馬券には様々な買い方があり、これらを上手に活用することで的中率を上げることができます。

しかし、いくら的中率を上げてもその数字がそのまま収支に直結するわけではありません。

特に連対式の馬券は1点当たりの的中率が低いため、どうしても多点買いが中心になってしまいますが、点数が増えれば増えるほど必要な掛け金が多くなってしまいます。

競馬で稼ぐために馬券を的中させることも大事ですが、それ以上に大事なのは「損をしないこと」。

これを念頭に競馬に取り組めば大きなお金は稼げないかもしれませんが、無駄なお金を競馬と取られることはありませんので、守りながら増やしていくようなスタイルで競馬と付き合っていってください。

[adsense]

【無料メールマガジン】大阪競馬ストーリー通信

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信やノウハウがあります。例えば

わずか5点で三連単を的中させるノウハウ
たった3分で軸馬を見つけられるテクニック
12年間プラス収支の人の買い目配信サービス
プロが厳選する穴馬予想情報
毎月5万円競馬で稼ぐマル秘競馬ソフト

などなど。しかしこうした情報を手にしても95%の人は競馬で勝てずただただお金を失っているのが現状です。

もちろん中には悪徳な業者が販売している詐欺まがいな情報もあります。

しかし競馬で稼げない最大の原因はあなたの「競馬のあり方」が間違っていることに他なりません。

「どうすれば手元のお金が増えるのか?」をしっかり考えて競馬に取り組めば、自然とお金は増えていきますし常に競馬の収支はプラスで終えられるはずです。

ですが現実は馬券を買ったほとんどの人が外し「競馬のあり方」を理解して買っているほんの一部の人だけが競馬で稼いでいます。

事実、競馬のあり方を学び競馬に対する考え方や取り組み方を変えたことによって、1年間で競馬で100万円稼いだ人もいます。彼の的中率は81%以上!

もしあなたが今後競馬でお金を減らしたくないと考えているのなら・・・

イチから競馬で稼ぐことを学んでみませんか?

僕は2007年に「大阪競馬ストーリー」を発足して以降、多くの人の「競馬のあり方」を矯正し、競馬で稼げる人を世に送り出してきました。

先ほど紹介した的中率81%の人も僕の無料メルマガをきっかけに競馬を学びはじめ、今では競馬を収入源の1つとして取り組んでいます。

あなたが今後競馬を「収入の1つ」として考えているのなら、そのための本質を身に着けるためにも「大阪競馬ストーリー通信」に登録してみてください。

大阪競馬ストーリー通信では他の競馬情報商材や情報配信サービスでは解説されていない「競馬のあり方」を正すための情報を無料でお伝えしています。

興味があれば下記フォームからメールアドレスを入力してお申し込みください。


もちろん内容が気に入らないのであればいつでも解除できます。

登録すれば某情報商材販売サイトの売上ランキングで3ヶ月連続1位を獲得した情報商材のアレンジ版をプレゼントしています。そちらを読んでから解除してもらっても結構です。

あなたにおすすめの関連記事