投資競馬における単勝馬券の正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬には様々な馬券の種類があり、それぞれ的中の条件やオッズの付き具合などが異なりますが、その中でもっとも古くからある馬券種の1つが「単勝馬券」です。

特に初心者の方にはなじみのない馬券かもしれませんが、実は投資競馬をしている人の中には単勝と複勝を中心に馬券を買っている人も少なくありません。

一見お金を稼ぐならば高配当を得やすい三連単や三連複を狙いがちですが、競馬でコンスタントに利益を稼いでいる人ほど単勝や複勝と言ったシンプルな馬券種で勝負している傾向があります。

そこでここでは、お金を稼ぐことに特化した単勝馬券の使い方についてお話ししますので、競馬を趣味ではなく“投資”として取り組もうと考えているのであれば、今後の競馬の取り組み方の参考にしてもらえばと思います。



SPONSORED LINK

 

単勝馬券の特徴

単勝馬券の使い方や必勝法をお話しする前に、おさらいがてら単勝馬券がどういった特徴を持っているのかを正しく把握しましょう。

単勝馬券とは、各レースで1着になるであろう馬を予想して購入する馬券で、予想した馬が1着になったことによって的中とみなされる馬券種です。

単勝2

単勝馬券のメリット

単勝馬券のメリットは、なんといっても予想がシンプルだということ。

例えば「最大9点買うだけで万馬券が的中する馬連馬券の買い方」で紹介されている馬連の場合、1着と2着に来る馬を予想し、両方とも当たっていないと的中とはみなされません。

さらに複雑なのはWIN5で、JRAが指定した5レースの各1着を全て当てないと的中にならない馬券もあります。

それに比べて単勝はレースで1着になる馬を予想するだけでいいですから、単純に「どの馬が1着になるのか」を分析・予想すればいいだけになります。

また単勝馬券は馬券そのものが持っている“的中確率”が他の馬券種に比べて高いのも特徴の1つといえるでしょう。

12頭立てのレースの場合、もっとも高配当が期待できる三連単の1点当たりの的中確率は1/1320に対して、単勝の1点当たりの的中確率は1/12と三連単よりも100倍以上的中する可能性が高いことになります。

単勝馬券のデメリット

的中する可能性が高く、シンプルな予想で買うことができる単勝馬券ですが、当然デメリットもあります。

まず単勝は買い目そのものが少ないため、高配当が期待できないということ。

三連単であればよほど人気馬3頭で固めない限りオッズが100倍以上つきますし、万馬券が狙うのであれば馬単でも出現する可能性は十分あります。

しかし単勝で万馬券が出現する可能性は極めて低く、レース前に100倍以上の単勝オッズの馬券を買ってもその馬券が的中する可能性は「初心者でも簡単にできる万馬券の的中確率を格段に上げる方法」でも紹介しているように1%に満たないのです。

また単勝馬券のシンプルな特徴によって「オッズのゆがみ」が出にくいという弱点もあります。

「オッズのゆがみ」とは、馬の実力からいくと的中する可能性が高いもののなぜかあまり買われていない馬券が発生した時に生じるもので、一言でいえば“お買い得な馬券”を指します。

三連単や三連複の場合、組合せが何百から何千通りとあるため、こうした“お買い得な馬券”が発生しやすいのですが、単勝馬券の場合、出走頭数=単勝の組合せとなるため、1着になる実力はあっても馬券が買われない状態が起こる可能性が低いのです。

そのため、的中することを前提に馬券を買うのであればオッズが低いゾーンを狙わなくいけなくなるため、1回当たりのレースで大金を手にするには掛け金を増やすしかないのです。

すなわち、外れた時の損失リスクが高まってしまうのです。

 

単勝馬券で的中させるためのコツ

単勝馬券に限った話ではなく、どんな馬券種にもメリットがあればデメリットがあります。

大事なのはこの2つを理解したうえでどのように使えばより効率よく競馬でお金を稼ぐことができるかを考えて行動すること。

そもそも単勝はレースで1着になる馬を予想するものであり、これは競馬を予想するうえで最も基本的な思考の1つです。

例えば馬連や枠連と言った連対式の馬券でも、1着に来る馬がどれを選べない限り、これらの馬券で的中させることはできません。

つまり、単勝で的中できるよう予想の仕方をマスターすれば、複勝はもちろんのこと、連対式の馬券を予想する時にも応用でき、結果的に自身の的中率を上げることにつながります。

では単勝で的中させるにはどのようにすればいいのか・・・ここでは

・一点買い
・多点買い
・複勝と合わせて買う

の3パターンの買い方のコツやポイントを紹介します。

一点買いをする時のポイント

単勝で馬券を買う場合、基本的な買い方の1つが一点買いです。

なぜなら、単勝のオッズは馬連などの連対式の馬券に比べてオッズがあまり高くないため、多点買いをしてもトリガミになる可能性が高くなってしまうからです。

そのため、より高い確率で予想した馬が1着になるようなレースを厳選する必要があります。

ここで大事なのは“人気が高い馬=1着になる可能性が高い馬”ではないということ。

例えば馬券を買う際に、競馬新聞のコメント欄を見て決めた人もいれば、データマイニングやコンピ指数から判断した人だっているでしょうし、もしかすると騎乗する騎手で選んでいる人もいるかもしれません。

こうした各々の見解や判断を総合的に数値化したのがオッズなのですが、必ずしもそれが馬の実力に見合うわけではありません。

特にGⅠレースなどの重賞では、実力が伴っていないにもかかわらず人気だけが高騰するケースは珍しくないため、1着になる実力を持ち合わせている馬を見極める術を身につけることが大切になってきます。

極端な話、自分の中で確実に1着に来る馬が明確になっているレースに巡り合うまで“待ち”の姿勢を貫くのも戦略としては有効です。

競馬で稼ぐのに欠かせない「一番人気」の正しい扱い方」で紹介しているようなことに注意してレースや馬を選ぶことができれば、購入する点数は少なくなるものの、結果的に競馬で収支をプラスにすることができるでしょう。

多点買いをする時のポイント

先ほど単勝馬券の買い方として『一点買いが基本』と言いましたが、多点買いが決して適さないわけではありません。

ただ、単勝の多点買いで勝負するためには一点買いをする以上にレース選択が重要になってきます。

ではどういった単勝の多点買いで勝負する場合、どういったレースを探して馬券を買えばいいのか・・・それは“1番人気が飛ぶレース”です。

下の表は2014年7月から過去5年間の中央競馬後半9~12Rで1番人気が負けた時の各人気馬の成績です。

単勝3 参考:競馬投資必勝の法則

この表から分かる通り、仮に1番人気が飛んだ時に代わりに1着になる可能性が高いのは5番人気まで。

ということは、1番人気の馬が飛ぶであろうレースを探して、2~5番人気の単勝馬券を機械的に買っていけば単勝馬券を的中させることができます。

ただし、この方法にはいくつか注意点があります。

まず券を購入する2~5番人気の払戻金が400円以上あること。

2~5番人気の4頭を機械的に購入するわけですから、1点100円で勝ったとしても400円必要になってくるため、収支をプラスにするには、最低でも4倍以上のオッズがないとトリガミになってしまうからです。

もちろん様々な情報から買い目を4点未満に減らすことができれば必要最低オッズのハードルも下がりますが、とりあえず最初は2番人気でオッズ4倍未満のレースは無条件に見送ったほうが良いでしょう。

また、いかに2番人気以下が4倍以上のオッズが付いていたとしても、1番人気が1着にきてしまったら意味がありません。

後半9~12Rにおける1番人気の勝率は29.9%と言われていますので、まずは1番人気の勝率を落とすためのロジックを見つけることが最優先にすべきことです。

複勝と絡めて買うときのポイント

単勝馬券で投資競馬をする際、最も効率よくお金を稼ぐことができる方法が単勝馬券と複勝馬券を組み合わせて買うことです。

まず1着になると思う馬を1頭見つけ、その馬に単勝・複勝両方の馬券を買います。

そうすれば、仮に1着と予想した馬が2着や3着になっても複勝馬券の方で的中しているため払戻金を受け取ることができますし、1着になれば単勝の払戻金と複勝の払戻金の両方を受け取ることができます。

ここでポイントなのは単勝と複勝を買う金額を調整すること。

例えば単勝馬券を500円買ったのであれば複勝馬券を1000円買うなど、単勝よりも複勝を厚めに買うことが収支をプラスにするコツです。

なぜなら、単勝オッズよりも複勝オッズの方が低くなるため、単勝と複勝を同じ金額で買うとトリガミになってしまうからです。

単勝と複勝の掛け金の割合は1:2もしくは3:7くらいが目安。

ただし、この買い方をもってしてもトリガミになってしまう場合もあります。

例えば単勝オッズが1.8倍、複勝の最低オッズが1.1倍の馬に単勝500円複勝1000円賭けたとしましょう。

そしてレースが終わりこの馬が3着に入って複勝の払戻金が130円だった・・・そうなると

130円×1000円=1300円

の払戻に対して、馬券を買った金額は

単勝500円+複勝1000円=1500円

となり、結果的に200円マイナスになってしまいます。

それを避けるために馬を選ぶ際は買おうとしている馬の複勝の最低オッズをチェックするようにしましょう。

 

投資競馬の基本とは「単勝」と「複勝」

特に競馬を始めて間もない人達は、馬連やワイドを買ったほうが当たりやすいため、あまり単勝にないのかもしれません。

ですが競馬でお金を稼ぐことを考えるのであれば、単勝や複勝と言った単式の馬券を中心に取り組んでいった方が効率よくお金を稼ぐことができます。

単勝で的中させるためのコツさえ身につけば、複勝はもちろん馬連などの連対式の馬券の予想にも応用できるので、単勝馬券で的中させる方法を勉強してみてはいかがでしょう。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。