1日も早く競馬で稼ぐ方法を身につけた方がいい最大の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔から「競馬でお金を稼ぎたい」「競馬の稼ぎだけで生活したい」と思っている人は多かったですが、最近は全く競馬をしたことがない人もそういった目的で競馬を始める人が増えているように感じます。

競馬はどの馬が勝つかを予想して、その予想が的中したら利益を手にすることができる“ギャンブル”です。

当然ギャンブルですから、最終的には主催者(JRA)が利益が出るような仕組みになっています。

ですが、競馬に挑む姿勢と適切な資金管理をすることによって、競馬をギャンブルではなく“投資”として取り組むことによって、手元にお金が残るようになるのです。

こうした投資競馬の手法がインターネットを中心に出回たことが、競馬でお金を稼ぐ力を身につけるべく、取り組んでいる人が増加したと思われます。

ただ、実際に競馬で稼げるようになった人はごくわずかで、多くの人は未だ結果が出ぬままの状態。

中には「稼げないのなら・・・」と競馬から足を洗った人もいることでしょう。

別に競馬以外にもお金を稼ぐ方法はたくさんありますし、その人の性格や考え方によっては競馬に不向きな人もいます。

ですから「競馬が一番簡単なお金を稼ぐ方法です!」と主張するつもりはありませんし、投資競馬手法の取得を強要する気もありません。

しかし、もし競馬で稼げるようになりたいと本気で思っているのなら、今からでも一から勉強しなおして、その方法を会得することをお勧めします。

なぜなら、競馬で稼ぐ力を身につけることによって、この先に待つ将来に対する不安や悩みを解消することができるからです。

そこでここでは、投資競馬でお金を稼ぐことがいかに自分の将来を明るいものにするかを紹介します。



SPONSORED LINK

 

サラリーマンが競馬で解消される3つの不安

現在ほとんどの人が、毎日生活するためにサラリーマンとして会社に勤め、そこから給料として収入を得ていると思います。

しかし、中にはサラリーマンをやめていずれは独立したいと思っている人も最近は増えてきました。

その1つの手段として「競馬で馬券を的中してお金を稼ぐ」という方法に活路を見出そうとしているサラリーマンも、決して少なくありません。

とはいえ、なぜそこまでして独立したいのか?

そこには、昔では考えられなかったらサラリーマンの将来に対する不安があるからだと思います。

特に以下の3つはかなりのウエイトを占めていると思います。

1:年齢に対する不安

日本の男性の平均寿命は2010年の厚生労働省の統計で79.64歳で、現在50歳の人に残された時間は、あと30年もないことになります。

そう考えた時、ふとこれまでの自分の人生とこれからの自分の人生を考えた時に「このままでいいんだろうか?」と思った人も多いはず。

それと同時に

「これからはなるべき悔いのない選択をしたい」
「自分自身が納得できる、自由な生き方をしたい」

という気持ちが沸き上がった人もいるでしょう。

ただ、人が生活するうえでお金はなくてはいけないものですし、サラリーマンとして勤めている以上自分が自由に使える時間はたかが知れています。

こうした、現在の年齢と残された時間を考えた時に、ふと不安に感じた人はかなり多いと思われます。

2:年金に対する不安

高度経済成長期にバリバリ働いていた人は、会社を定年退職する際に会社から十分過ぎるほどの退職金をいただき、国からも生活に不自由しない程度の年金を受け取ることができていました。

しかし、今では会社からの退職金も年金も期待できないでしょう。

特に年金は年々支払う額が増えているにもかかわらず、支給される金額や引き下げられたり、支給が開始される期間が延びたりと、昔ほど満足にもらえないのが現状です。

そのため、これまで支払った金額を全額支給してもらえる可能性は限りなく低くなったうえに、これからさらに厳しくなることが予想されるため「果たして自分たちが定年を迎えたら年金はどうなるんだろうか?」という不安を抱いている人も多いことでしょう。

3:生活費に対する不安

サラリーマンの時は極端な話、職場に行って言われた仕事をこなしさえすれば、給料がもらえて、そのお金で生活することができました。

しかし、もしリストラされたら・・・倒産したら・・・今までもらえていた給料は当然もらえなくなり、生活ができなくなりますよね?

昔はリストラや倒産なんてものは、小さな会社にしかないことでしたが、最近では大企業でも経費削減のために断行しています。

もちろん理不尽に切られることはありませんが、いつ職を失い、収入がろになるか分からないのが今の時代です。

そうした不安を抱えながら仕事するくらいなら・・・と考えるようになったことが、独立を意識する人が増えた原因ともいえるでしょう。

 

“副業”として競馬で稼ぐメリット

現在、サラリーマンや自営業者が副業の一環として投資競馬に取り組んでいる話をよく聞きます。

昔の副業というと、本業が終わった後にアルバイトをしたり、自宅で在宅ワークを行う程度で、種類もそこまで多くありませんでした。

しかし、インターネットの普及によって副業の種類もたくさんできました。

例えばアフィリエイトや、株やFXなどといった投資も副業として認識されています。

その中でも、競馬がもっとも副業としてベストな選択ではないかと個人的には考えています。

例えばアフィリエイトの場合、「競馬で稼ぐもう1つの方法「アフィリエイト」について」でもお話ししている通り、取り組んでからお金が稼げるようになるまでかなりの時間と労力が必要になります。

もちろん、一度作ってしまえばあとはそこまで大変ではないのですが、多くの人は収入が発生する前にやめてしまいます。

また、株やFXといった投資も、インターネットを介して少額から取引できるようになりましたが、資金以上の損失を出してしまうリスクを無視することはできません。

それに比べて競馬は、主に毎週土日に開催されるため、お金を稼ぐチャンスは株やFXなどに比べて少ないですが、その分資金を失うリスクも低くなっています。

また、馬券が外れても損するお金は馬券を買ったお金より多くなることはないため、株やFXと比較しても圧倒的にリスクが低いことが分かります。

そして、馬券が的中すれば即日利益が手元に入ってくる。

つまり競馬は、即効性があり、なおかつ他の投資と呼ばれるものよりも圧倒的にリスクが低いことから、“副業”として最適なのです。

もちろん、サラリーマンの休日にあたる土日に開催しているため、会社に隠れてコソコソ取り組む必要もないのもメリットの1つといえるでしょう。

 

競馬で稼ぐ上での注意点

副業として他のお金を稼ぐ方法よりも優れている競馬ですが、決して万能というわけではありません。

その最たる例が稼げる金額です。

例えばアフィリエイトの場合は、作業に要した時間に比例して収入が上がっていき、上手に取り組めば月に100万円稼ぐことも夢ではありません。

また株やFXといった投資も、市場の流れに乗れば1回のトレードで数十万の利益を出すことも可能でしょう。

しかし競馬で大きな利益を出そうとした時、基本的には2つの方法しかあります。

1つ目は、高いオッズの馬券を買って的中させる
2つ目は、馬券を買う時の金額を吊り上げる

前者については馬券種を換えることによって可能となりますが、基本的にオッズが高くなればなるほど的中する可能性は低くなります。

そのため、1回のレースで何通りの場面を買う「多点買い」を使っている人がいますが、この多点買いも合成オッズを計算しないと、買い方を誤るとお金を稼ぐどころか損をする可能性があります。

合成オッズについては「多点買いする際に知っておくべき合成オッズの計算方法と賢い使い方」で詳しく解説していますので、多点買いをする場合はあらかじめ目を通しておくことをお勧めします。

そして後者についても、100%的中する馬券が存在しない以上“外れる”というリスクがつきまとうため、掛け金を上げれば上げるほど損失リスクは高くなる。

つまり、競馬で毎月数十万円から数百万もの収入を得るのはかなり競馬の経験や知識がないと難しいということ。

とはいえ、別にそこまでの大金を稼ぐ必要はありません。

「競馬で月5万円稼ぐ」ことが生活にもたらす大きな好影響」でもお話ししているように、毎月5万円稼ぐことができれば、まず生活でお金に困ることはなくなるでしょう。

 

「競馬でお金を稼ぐ」ことの意味

多くの人は競馬で稼いだお金を

・生活の一部に充てる
・高級車などのほしいものを買う
・子供の大学資金にする

などに使おうと考えているでしょうし、もしかしたらキャバクラのお姉ちゃんに貢ごうと思っているかもしれません。(笑)

人が稼いだお金はその人のものですから、何にどう使おうが誰にも文句は言えません。

大事なのは、稼いだお金をどう使うか以上に「自分の力だけでお金を稼ぐことができるか」という点。

東京五輪の経済効果から考える競馬で稼ぐ力の必要性」でもお話ししたように、経済事情によって生活が豊かにもなれば苦しくもなります。

もし生活が苦しくなった時に、自力でお金を稼ぐことができたらどうでしょうか?

悠悠自適とまではいかなくても、景気に左右されることなく今まで通りの生活を送ることができるはずです。

しかし、自分の力でお金が稼げなかったら、依存していた会社の給料が突然ゼロになったら今まで通りの生活を送ることはまず無理です。

少し極端な話と思われるかもしれませんが、そんな時代が来ないとはだれも言い切れないはず。

だからこそ、現在普通に生活できている時に“自分の力でお金を稼ぐ力”をつけておく必要があるのです。

そして、そのハードルが最も低いのが競馬だと個人的には考えています。

もちろん、1日や2日で稼ぐ力が身につくわけではありませんし、最初はそれなりに勉強だってしないといけません。

ただ、難しい国家資格を取得したり、何ヶ月もコツコツ作業をするアフィリエイトよりも早く収入が生まれますし、株やFXに比べてリスクも低いです。

もし今、自分の将来に金銭的な不安が少しでもあるのなら“競馬”という選択肢を頭の片隅にいれておくのもいいかもしれませんよ。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。