競馬での稼ぎ方を勉強する暇を作りだす賢い時間の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬で稼ぐにはどのレースでどの馬が来るかを予想し、馬券を買って的中させることが必要です。

ではどうやってどの馬が来るかを予想するのか?

実はこのことを軽く考えている人が非常に多く、ロジックを教わったり買い目を教えてもらえればすぐにでも稼げるようになると勘違いしています。

残念ですが、競馬の稼ぎ方はそこまで簡単なものではありません。

算数の公式のように、方程式があってその通りに予想すれば百発百中で馬券が的中することはまずなく、むしろ100人競馬で稼ぐ人がいたら100通りのロジックが存在します。

そしてその100人は、それぞれ異なる経験や考え方を持っており、そうした背景などがロジックとして表れているにすぎません。

もし、これから競馬の稼ぎ方を身につけようと思っているのなら、ロジックを知ったり競馬で稼ぐのに必要な勉強や練習をつむ必要があります。

特にお金を稼ぐことを重要視した、いわゆる「投資競馬」をするのならなおさら。

ただ、勉強や練習をしようにも日々の仕事に追われて全く時間が取れないのであれば、いつまでたっても競馬で稼ぐことはできません。

そこで、競馬の稼ぎ方を身につけるために必要な時間を作るための方法をここで紹介します。

特に、投資競馬で毎月コンスタントに利益を出したいと考えている人には、競馬手法やロジック以上に知っておいてもらいたいことでもあります。



SPONSORED LINK

 

一朝一夕で競馬の稼ぎ方は身につかない

まず、投資競馬での稼ぎ方を身につけることについてですが、多くの人が大きな勘違いをしています。

それは「どの馬が来ればいいかさえ分かれば稼げる」という誤った常識を持っている点。

確かに競馬は馬券を的中させることによって払戻金としてお金を受け取るわけであり、どの馬が来るかさえ分かれば、後はその馬を絡めた馬券を買えばいいだけ。

しかし厳密に言えば、どの馬が来るか分かっても馬券が的中しない場合があります。

例えば、1頭確実に1着に入る馬が分かっていても、簡単に的中できる馬券種は単勝と複勝のみで、それ以外の馬券種はまだはずれる可能性が残っていますし、むしろそちらの可能性のほうが大きかったりします。

なぜなら、仮に馬連で勝負した場合、1着に入る馬以外で2着に入るであろう馬を見つけないと的中馬券を見つけることができないからです。

このように、どの馬が来るかとどうすれば馬券が的中するかは一見同じようで実は全然違っていたりします。

また、馬券が的中しても収支がプラスになるとは限りません。

もし三連単を1点1000円で100点買えば馬券を買うお金だけで10万円かかることになりますよね?

ということは、もし買った馬券の中で的中馬券があったとしても払戻金が10万円未満だったら収支としてはマイナスとなり、実質投資は失敗ということになる。

つまり、投資競馬での稼ぎ方を身につけるということは

◎的中馬券の買い方をマスターする
◎収支賀プラスになるような買い方をマスターする

この2点を身につけることが必要なのです。

しかし、今までギャンブルとして競馬をされてきた人にとって、この2つをマスターすることは決して容易ではありません。

複勝で買っていれば的中したものをオッズの高さに惹かれて馬連で買ってしまったばっかりに的中を逃すことだってあるでしょうし、あれもこれもとどんどん点数を多くしてトリガミになってしまった経験をした人も多いはず。

そういった、ギャンブルとしての取り組み方を投資の取り組み方に変えるには、時間をかけてじっくり直していかないといけないのです。

まさに禁煙やダイエットと一緒。

ですので、「誰でも簡単に・・・」なんて思わず、時間をかけて着実に身につけていくことが、一番の近道なのです。

 

7つの賢い時間の使い方

競馬の稼ぎ方を身につけるには時間をかけて1歩ずつ前に進むことが最良の選択です。

とはいえ、そのためには競馬について勉強したり練習したりする時間を作ることが大事になってきます。

しかし、ほとんどの人は競馬について勉強したりすることをしていません。

なぜなら、平日は朝から晩まで仕事をしていて、競馬について考えている時間がとれない・・・と思っているから。

確かに昼間一生懸命働いている人からすれば、休日以外競馬に費やす時間はないと思うかもしれませんが、実はちょっとした工夫で競馬にあてる時間を作ることができるのです。

1日は24時間ありますが、必ずどこかにムダな時間や不要な時間は少なからずあります。

走した時間をいかに減らすのかが賢い時間の使い方。

そこで、競馬の稼ぎ方を身につけるための時間を捻出するための“賢い時間の使い方”のポイントを7つ取り上げてみました。

1:1日を5分割する

いかに時間の使い方を見直しても、生きていくために必ず必要な時間もあるため、何でもかんでも時間を短縮すればいいってものではありません。

まずは、24時間をどのように使うのかを5分割にしてみましょう。

基本的に人が生活している中で時間を使っている項目と目安となる時間は次の5つです。

・睡眠・・・6~7時間
・生きるための時間(食事、風呂、トイレなど)・・・2時間
・仕事・・・10~12時間
・体調管理(運動や気分転換など)・・・3時間
・自分のための時間(競馬の稼ぎ方の勉強、家族との時間など)・・・3時間

これらを参考に今の自分の時間の使い方の偏りを見つけ、改善を心がけてください。

2:生活をパターン化する

総じて時間の使い方が下手な人は、生活がパターン化されていない傾向があります。

生活がパターン化されると「次何をしよう」と考える前に行動に移せるため、ちょっとした隙が生まれず次の行動に移れるようになります。

つまり、ムダに思考を働かせる時間や考える時間が短縮され、その分の時間が浮くため、自然と自由に使える時間が多くなる・・・ということ。

意外と考えたり悩んだりすると思っている以上に時間がかかってしまうので、そういった時間を省くためにも生活のパターンは作っておいたほうがいいでしょう。

3:朝と夜の1時間を大事にする

24時間の中で自由に使いやすい時間帯もあれば、逆に使いにくい時間帯もあります。

その中でも特に自由に使いやすい時間帯というのが朝の1時間と夜の1時間で、この時間帯はついテレビを見いてしまったり意味もなくインターネットをしていたりボーっとしていることが多い時間帯です。

こうした、意味なく過ごしている時間の使い方を改善するだけで、今まで全く進まなかった勉強や練習ができるようになります。

たとえ1日2時間だとしても、2日で4時間、1週間で14時間、1ヶ月で56時間ですから、意外とバカになりません。

4:インターバルを減らす

時間の使い方が下手な人は、行動と行動の間の時間が非常に多い傾向があります。

分かりやすくいうと、大掃除している途中でマンガを読んでしまったり懐かしいアルバムが出てきてついつい見入ってしまったりとか。

こうした時間を「インターバル」というのですが、この時間を今までより半分にするだけでも大きな時間の短縮となります。

休憩を取ることは大事ですがとりすぎるのは単なる時間のムダですし、集中力も分散されてしまうため、次にやることをあらかじめインプットしておいて、流れるように次の作業にうつるようこころがけましょう。

5:できることから片付けていく

特に仕事などで時間がかかる人にあることなのですが、すぐに終わることを後回しにして、時間がかかるものから着手しようとしますが、時間の使い方から考えると逆が正解です。

例えば返信が必要なメールがたまっているのであれば、まずはそちらを片付けてから時間のかかる仕事に取り掛かるなど、すぐにできることはさっさと済ませ、それから時間と手間がかかるものに取り掛かったほうが集中して取り組むことができます。

私生活でも同様で、すぐに終わるようなものからどんどん片付けていくことで、時間を使うべきものにしっかりと使うことこそが賢い時間の使い方といえるでしょう。

6:やらないことを決める

生活していると、どうしてもやらないことから、別にやらなくてもいいことまで様々な選択肢が出てきます。

その中でいかにやらなくていいことをやらずにスルーするかが意外と大事であり、それができないからどんどん時間を取られていってしまうのです。

そのためには、やるべきこととそうでないことを明確に線引きし、やらなくていいことには一切手をつけないようにする。

そうした心構えが、必要以上にやることを抱え込まない対策になるのです。

7:スキマ時間を大切にする

どんなに計画的な人でも必ずスキマの時間が生じるものであり、その時間をいかに活用するかが効率的な時間の使い方ができるかどうかにかかっています。

例えば、通勤が電車やバスの場合、通勤時間中に勉強したり本を読んだりする時間にあてたり、ちょっとした合間などにできることを済ませるように意識したり。

5分10分の短い時間ではありますが、そんな短時間でもできることをしっかり行っていくことで、後々時間にゆとりを持たすことができる。

こうした細かい時間の積み重ねによってそれから先の将来は大きく変わってくことになるのです。

 

「時間の使い方」以上に必要なもの

競馬での稼ぎ方を身につけるには、まずは時間をかけてしっかりと「競馬で投資をする」という構えを作っていことが重要です。

ただ、そうはいっても競馬は世間ではギャンブルであり“投資”という感覚で競馬に取り組むためには、時間をかけるだけではなかなか身につかなかったりするもの。

そこで、もう1つ競馬の稼ぎ方を身につけるうえで大事なのは「目標」です。

ここで言う目標とは「競馬で毎月50万円稼げるようになるぞ!」などといった決意表明のようなものではなく「この人みたいになりたい」といった、模範的な人を作ることを意味します。

人というのは無意味な行動に対してはとても消極的で、反対に意味を見出した行動には積極的になるものです。

競馬も同様で、あまりに高い目標を掲げてしまうと、それが高すぎて見えなくなってしまい、結局挫折してしまうことが多々あります。

しかし、目標を金額や生活といった抽象的なものではなく、人とというより具体的なものに置き換えることによって目標がブレることなく定まる。

さらに、目標とする人はすでに自分より前にいるわけですから、その人が通ってきた道を辿ることによって、より早く近づくことができるわけです。

事実、競馬で生計を立てられるほど利益を上げている人は結構たくさんいますし、僕自身もそういった人から投資競馬の基礎を学ばせいただきました。

そのいきさつは「成功者に教えてもらった競馬でコツコツ稼ぐ3つのポイント」で紹介していますが、こうした競馬の師匠と出会うことが最も早く目標を達成できる要素ではないでしょうか。

 

1日も早く競馬の稼ぎ方を身につけるために

冒頭でも話したように、投資競馬で稼げるようになるためには一朝一夕ではまず無理で、それなりの時間をかけてしっかりと勉強や練習を重ねる必要があります。

そのためには、まず競馬に割く時間を作る必要があり、それができない限り競馬でまとまった利益を上げ続けることはかなり難しいでしょう。

ギャンブルは常に主催者が勝つようにできています。

もちろん一時的に金額がプラスになることはあるでしょうが、おそらくトータルで計算してみた場合、90%以上の人が競馬でお金を失ったはず。

その理由は、馬券の買い方や予想の立て方がどうこうよりも“ギャンブル”として取り組んでいるからではないかと考えます。

つまり、競馬を“投資”として取り組むための思考の改善こそが、まずやるべきことなのです。

そのために、目標となるべき人を見つけ、その人の歩いてきた道を一歩ずつ確実に歩いていく。

時間はかかるかもしれませんが、それが確実に自分の目標に辿りつく方法ですので、まずはそこから変えていてみってはいかがでしょう。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。