一点買いでお金を稼ぐための効率的な馬券の買い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬でお金を稼ぐためには馬券を買うことが必須です。

多くの人は、1レースにあたり何点も買ういわゆる“多点買い”をしていますが、中には1レース1点しか買わない“一点買い”をしている人もいます。

馬券を1点しか買わないから当たらないのでは・・・と思う人も多いでしょう。

一見多点買いの方が、何点も馬券を買いますから的中しやすいと思うかもしれません。

ですが、お金を稼ぐために行う投資競馬という観点で考えた場合、実は多点買いよりも一点買いの方が、自身の的中率も回収率も高めることができるのです。

そこでここでは、一点買いで的中させるためのコツについてお話しします。

これから競馬でお金を稼ごうと思っている人は、ここで紹介している一点買いのコツを理解して、効率よく競馬で稼ぐ方法を身につけてください。



SPONSORED LINK

 

一点買いで勝負する3つのメリット

一点買いとはご存知の通り、1レースで1点しか馬券を買わないことを指します。

そうなれば、的中確率は出走頭数と馬券種の的中条件に照らし合わせた数字になりますよね。

例えば、12頭で走るレースの場合、最も的中率が高いのは複勝で3/12で、逆にもっとも的中率が低いのは三連単で1/1320となります。

つまり、1レース1点しか買えないとすると、複勝馬券は4レースに1回的中することになり、三連単は1320レースに1レース的中することになる。

ですが、複勝や単勝は的中しやすい反面オッズが低くなりがちなため、単勝や複勝の一点買いよりも三連単の多点買いの方がトータルで利益が出やすいと思われがちです。

確かに単純な配当は複勝よりも三連単の方が高いです。

しかし実際は、高配当の馬券種を多点買いするよりも、複勝1点買いの方が競馬でお金を稼ぐことができるのです。

では具体的に一点買いにはどんなメリットがあるのか?

次の3つのメリットが挙げられます。

一点買いのメリット1)回収率100%以上が確定

多点買いにおける最大のリスクはなんといっても「トリガミ」です。

トリガミとは馬券が的中しても回収率が100%を割りこむ状態のことを言い、せっかく的中しても収支がマイナスになってしまっては投資をしている意味がありません。

しかし一点買いでおいてはトリガミになる可能性はまずゼロです。

いくらで買った馬券が的中していくらになるかを払い戻し結果を見て確認するくらいで、的中したら利益が入り、外したら損失をするというシンプルな構造です。

そのため、的中したけどトータルで収支がマイナスだった・・・なんてことにもなりませんし、トリガミにならないよう資金や掛け金を調整する手間もかかりません。

むしろ、1点で的中させるために競馬に対して真剣に向き合うことができるため、多点買いしている頃に比べて的中率は上昇するでしょう。

一点買いのメリット2)的中しやすい

多点買いをする場合、同じ馬券種で異なる並びで買うのが一般的で、とにかく“質より量”という感じで馬券を買っていきます。

そもそも多点買いをする三連単や三連複といった馬券種は1点の的中率がかなり低いため、より多くの点数を買わないとかすりもしないことになる可能性が高いから。

つまり、的中させる難易度はとても高いのです。

対して複勝一点買いは的中するかしないかの二者択一ではあるものの、1点あたりの的中率は他のどの馬券種よりも高いのは明らか。

ようするに、三連単で1000円ずつ10点購入して2万円稼ぐのと、1万円を複勝オッズ2倍の一点買いに賭けて的中させるのとでは、同じ2万円稼ぐのでも、明らかに後者のほうが難易度が低いのです。

一点買いのメリット3)他の馬券種に派生できる

一点買いをする場合、多くの人は複勝もしくは単勝で勝負をします。

その理由は、それ以外に馬券では的中率が低すぎるため、どれだけ分析や予想をしても外れる可能性が高いからです。

複勝一点買いで的中できるようになる・・・ということは、少なくとも3着以内に入るであろう馬を見つけることができることを意味します。

これができるようになれば、残りの馬との比較で1レースで何点もの馬券を的中させることができます。

例えば複勝と単勝のダブル的中、複勝とワイドのダブル的中など。

また、うまくいけば複勝・単勝・ワイドのトリプル的中みたいなことも十分可能性としてありえます。

もちろん、オッズと比較してワイドを馬連、枠連、馬単などに切り替えたりすることもできますし、それによってさらに利益を伸ばすことも可能。

そうなれば、1レースで回収率150%どころか200%超えるたりすることも夢ではありません。

 

一点買いに向いている馬券種と向かない馬券種

単純にお金を稼ぐのであれば、一点買いは非常に有効な手段の1つと言えます。

1点しか買う必要がありませんから合成オッズを計算する手間も省けますし、難しい馬券種で多点買いするよりも高い的中率で勝負することができます。

また、的中してお金を稼いだ時に発生する税金の面からも、何十点と多点買いするよりも一点買いで勝負したほうが支払う税金は安くなります。

これらの点を考慮しても、一点買いこそが投資競馬における基本的なスタンスと言っていいでしょう。

ただ、一点買いで勝負しようとする場合“どの馬券で勝負すればいいのか?”という疑問にぶつかると思います。

一点買いは1レースにつき1点で勝負するわけですから、当然的中しやすい馬券で勝負することが前提となります。

そう考えると、複勝、単勝、ワイドの3種類のどれかに絞られます。

逆に三連単、三連複、馬単といった、1点当たりの的中率が低い馬券種は、一点買いには向かない馬券と言えます。

「でも複勝や単勝じゃオッズが付かないんじゃ・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、実は競馬で稼ぐのであれば、必要以上に高いオッズを狙うのはよくありません。

なぜなら、競馬で稼ぐために最も重要視すべきことは“どんな馬券で稼ぐか?”ではなく“競馬でいくらか稼ぐか?”です。

例えば三連単を30点買ってトータルの利益が2万円だったのと、複勝オッズ2倍の馬券を1万円で買って的中させても、トータルの利益は変わりませんよね?

先ほど、一点買いのメリット2)でもお話ししたように、三連単を何十点買うよりも、複勝を1点予想して買う方が、明らかに難易度は低いです。

ならば、1回の競馬における目標獲得金額から逆算して、どのくらいのゾーンの馬券にいくら賭ければ目標金額が達成できるかを逆算すればいいだけ。

例えば、競馬で1日2万円稼ぎたいのであれば、オッズ2倍台の複勝を2万円で買って的中させれば目標達成ですよね?

以上の点から考えると、多点買いをしてまで難しい馬券種で勝負する必要はなく、むしろより簡単な馬券種で勝負したほうが、お金が稼ぎやすいのです。

一攫千金を狙わず、コンスタントに的中を繰り返していけば、自然とまとまったお金を競馬で稼ぐことができていることに気づくでしょう。

 

一点買いで的中させるためにすべきこと

これまで、一点買いで馬券を買うにおける特徴やメリットについてお話ししてきました。

とはいえ、多点買いよりも効率よくお金が稼げるとはいえ、一点買いで買った馬券が的中しなければ、競馬で稼ぐことはできません。

いかに複勝といえども一点買いでそうホイホイと的中できるものではありません。

ではどうすれば複勝一点買いで的中できるようになるのか?

一言で言えば「センス」を磨く以外に方法はないと思います。

センス・・・つまり感覚のことですが、このセンスは決して人が生まれ持った能力のことを指しているわけではありません。

まず、何かしらの技能を身につけるためには知識が必要不可欠です。

しかし、知識が得たからといってすぐに技能が身につくわけではなく、そこから相応の時間をかけてゆっくりと自分のものにしていく必要があります。

なぜなら、技能は絶対に体や頭を動かさないと身につかないからです。

そして、長い時間を経て知識と技能が一体化された状態を「センスがある状態」と言います。

ですから、センスを身につけるにはただ「一点買いで的中する方法」を知るだけでなく、その方法をじっくりと自分の体に身につけさせるための練習と経験が要るのです。

こうした練習や経験を繰り返していると、自然と臨機応変な対応が取れるようになります。

例えば、別々のレースで同じような馬を狙っていたとしても、「こちらはOKだけど、あちらはNG」というジャッジと結果が上手くリンクする機会が自ずと増えていくように。

もちろん、複勝一点買いで的中させる方法は、いろいろありますし、どれもあながち間違っていないと思います。

ただ、その方法を「知る」だけでなく技能として「身につける」ところまでいっていないからうまく的中させることができないだけ。

競馬で「楽して儲ける」ためにすべき“たった1つ”のこと」でも話していますが、まず最初に多くの努力を積んでおくことこそが、この先投資競馬でより多くの利益を手にする最短距離ではないでしょうか。

 

一点買いこそ投資競馬の基本

これまで一点買いの特徴や一点買いで稼ぐためのコツについていろいろとお話ししてきました。

もちろん多点買いが悪いわけではありません。

レースによってどの馬が来るか不透明なレースは少なくありませんから、そういったレースでは多点買いは有効な方法だと思います。

ただ、多点買いで的中するよりも複勝やワイドなどの的中しやすい馬券で勝負したほうがより簡単にお金が稼げることを知ってもらいたかったのです。

「とにかく馬券を買わないと当たらない」というのは馬券を買う上での1つの心理ですが、この心理が必ずしも利益をもたらしてくれるわけではありません。

ただ目先のお金だけを追いかけていると、後々面倒なことになる可能性があることだけは理解しておいてください。

そして、そういった未来のリスクを最小限にとどめる意味でも、やはり“複勝一点買い”という買い方が投資競馬に最も適していると考えます。

お金を増やすのではなくお金を失わない行動をとる。

これが投資の基本ですので、今後投資競馬に取り組むのであればこの言葉を念頭において手法やロジックを模索してもらえばまず失敗することはないでしょう。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。