投資競馬に欠かせない合成オッズの計算方法と賢い使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

馬券を買う時、多くの人は何点か複数の馬券を購入すると思いますが、こうした買い方をするにあたって重要なのが“合成オッズ”です。

特に投資競馬のように“お金を稼ぐ”ために競馬をしている人は、買った馬券を的中させることが重要になってきますから、高配当が期待できる連対式馬券の多点買いを中心に買っていることでしょう。

投資競馬において多点買いは選択肢の1つです。

しかし、多点買いで実践しているにもかかわらず、合成オッズを無視して馬券を買っていたり、そもそも合成オッズの出し方や合成オッズが何なのかすら分からない人も少なくありません。

そこでここでは、投資競馬をするにおいて重要な合成オッズの計算方法や、上手な使い方について紹介します。

特にこれから「競馬でお金を稼ごう!」と思っている人は、これを知っているかどうかで手元に残る金額が大きく変わってきますので、ぜひ学習してください。。



SPONSORED LINK

 

なぜ合成オッズを計算する必要があるのか?

競馬のキャリアが長い人なら「合成オッズ」という名前くらいは聞いたことくらいはあるでしょう。

合成オッズとは、いわゆる多点買いをした時の複合オッズのことで、払戻金額が等しくなるように分配した際の払い戻し率の事を指します。

例えば、オッズ2.0倍の単勝馬券100円だけを買って的中した場合、オッズは2.0倍であることは誰が見ても分かります。

では

オッズ2.0倍の単勝馬券
オッズ3.4倍の馬連馬券
オッズ2.8倍の枠連馬券

これらをそれぞれ100円ずつ買った場合、もし馬連馬券のみ的中していたら、340円の払い戻しになります。

ですが、馬券を買うのに使ったお金は単勝・馬連・枠連1枚ずつの合計300円。

つまり

300円使って340円の利益を出した

・・・ことになります。

このように、複数の馬券を購入して的中した場合に、複数の買い目を一点買いにした場合のオッズに置き換えることを「合成オッズ」というのです。

競馬では馬券が的中しても必ずしもお金がプラスになるとは限りません。

その典型的なパターンが多点買いしたことによる“トリガミ(当たってもマイナスになる状態)”になるケースがあるからです。

先の例で言えば、オッズ2.0倍の単勝馬券的中しても、馬券購入額300円には届かないのが分かりますよね?

こうした状況を、合成オッズを事前に計算しておけば、オッズ2.0倍の単勝馬券を“買わない”という選択ができたわけです。

収支度外視で馬券を当てたいだけでしたら合成オッズを計算する必要はありません。

しかし、お金を増やすための競馬(投資競馬)をするのであれば、お金を稼ぐことが馬券を買う目的ですから、収支がマイナスになるような買い方は絶対に避ける必要があります。

合成オッズは、多点買いで投資競馬をする人であれば、真っ先にチェックすべき項目といえるでしょう。

 

合成オッズを導き出す計算式

多点買いを頻繁に行っているなら、合成オッズをきちんと計算して馬券を選ぶ必要があります。

そのために必要なのは合成オッズの計算方法で、これを知らないと合成オッズを導くことはできません。

ではどのように合成オッズを導き出せば良いのか・・・計算は次の通りです。

例えば、6.8倍と4.6倍のオッズの買い目2点を買おうとする場合、まずそれぞれの逆数を調べます。

1÷6.8≒0.1471
1÷4.6≒0.2174

次にこの二つの数字を足します。

0.1471+0.2174=0.3645

最後にこの数字を1で割ります。

1÷0.3645≒2.7435

つまり

この2点買いは2.74倍の価値があるということになります。

もちろん、3点買う人は3点分、4点買う人は4点分の計算をしないといけませんから、多点買いの数が多ければ多いほど計算が面倒になってきます。

そのため、あらかじめエクセルかなにかで計算式を入力しておけば、オッズを入力するだけで合成オッズが算出されるようにしておけば時間短縮にもなります。

 

投資競馬における合成オッズ活用法

さてここからが本題で、この合成オッズをどのように活用すれば良いのか・・・それについてお話していきます。

間違っても合成オッズは多点買いをした際に「いくら稼げるのかな?」という皮算用をするためだけのものではありません。

競馬でお金を稼ごうと思っている人や投資競馬をしている人にとってはこの合成オッズがわからないと利益は増えませんし、少なくとも「コンスタント」にお金を増やし続けることは不可能でしょう。

まず、合成オッズを活用するに当たって絶対に必要な数字があります。

それが“自身の的中率”です。

例えば、的中率が35~40%だとすると、10回中3~4回的中する計算になりますよね?

ということは、単純にオッズが3.5倍以上のオッズを狙わないとトータルでプラスにはならない・・・ということになります。

さらに合成オッズで考えるならば、計算した数字が3.5倍以上を出さないといけなくなるため、当然1つ1つのオッズはそれ以上でないと採算がとれません。

では実オッズとしてはどのくらいの範囲を狙えば良いのか?

その答えは次の式で求めることができます。

1÷3.5≒0.2857

仮に三点買いをすると、少々アバウトになりますが、

0.2857÷3≒0.0952
1÷0.0952≒10.5042

つまり、的中率35%くらいの人は、最低でも10.5倍のオッズのものを狙わないと採算に見合わないわけです。

言い換えれば、オッズを見て10.5倍以下の馬券を買ってもトリガミになる可能性が出てくるわけです。

こうすれば、多点買いをしてお金を稼ぐには、どのくらいのオッズのゾーンを狙う必要があるかを逆算して導き出すことができます。

これ以外にも、合成オッズから実オッズを逆算することで、自分が買おうとしている馬券のそれぞれいくら賭ければ、的中した時にプラスの収支になるか・・・を導き出すことができます。

計算が面倒な場合は、インターネットに合成オッズ画計算できるサイトがありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。

多少手間はかかりますが、大切なお金を失わないためにも、合成オッズをきちんと計算し、上手に活用することが投資競馬をするにおいては重要です。

 

合成オッズを活用してレースを選ぶコツ

合成オッズは、トリガミになる買い方を避けるためだけではありません。

実は、目をつけているレースが、投資の対象となりうるかどうかを調べることもできるのです。

多点買いは、いくら実オッズが高くても点数が多くなればなるほど合成オッズは下がっていきます。

つまり、的中率が悪ければ多点買いをしてもトリガミになる可能性がどんどん高まる・・・というわけ。

もちろん、狙う馬券種によって的中率は大きく左右されます。

三連単と複勝では同じ馬券でも的中率が雲泥の差ありますからね。

ただ「これだけ買ったんだからどれか1枚くらいは当たって利益は出るだろう・・・」と思って多点買いをしているのなら、それはたんなる幻想だと断言しておきます。

どれだけ多点買いで馬券を買っても全部外れれば利益はゼロですし、1点買いで的中すれば、複勝でも余裕で倍以上のお金になって返ってくるでしょうから。

もちろん、利益が見込めないのであれば馬券を買わなければ良いだけの話。

ようするに

合成オッズと自身の的中率から「勝負して良いレースかどうか」を判断することができるのです。

例えば、先ほどの3点買いの例で良いますと、実オッズ10.5倍以上の馬券を買わないと利益ができないことになります。

ではもし、買おうとしているレースで10.5倍以上のオッズがついた組み合わせがない場合、「やらずにスルーする」という選択肢が出てくるわけです。

もちろんこれは、的中率によっても変わってきます。

的中率が50%あるのなら、合成オッズは2.2倍以上あればプラスになります。

同様に

40%なら合成オッズは2.9倍、
30%なら合成オッズは4.0倍、
20%なら合成オッズは6.7倍、
10%だと合成オッズは18.2倍・・・

この辺が1つの目安でしょう。

あとは先ほどの計算方法で狙う実オッズを出せば、自然と狙う範囲が限定されるはず。

その中から「これは来そうだな・・・」と思ったものだけで勝負し、そうでないものは潔く見逃す。

このように、合成オッズを活用することによって“勝負するレース”と“見逃すレース”を正確に把握し、お金をムダに失う機会を減らすことができるのです。

 

合成オッズを活用すれば外れ馬券が減らせる

競馬で成功している人達というのは、決して百発百中ではありません。

的中することもあれば、外れることもある・・・むしろ馬券種によっては外れることのほうが多い人だっています。

しかしそれでも、月間トータルでしっかりプラスにすることができているのです。

その秘訣は『どれだけ損失を少なくし、的中した時の払戻金を多く手にするように買うか?』を極めること。

合成オッズはそのためには欠かせない数字となってきます。

合成オッズを活用することで、トリガミの可能性を含む買い方を避けたり、的中する可能性が低いレースを回避することができます。

実はこれが重要なのです。

ハズレ馬券に費やすお金を減らすことができれば、自然と手元にお金が残るようになり、投資競馬としては“成功”といえますよね?

こうした考えをもって取り組まないといつまで経っても競馬でお金を稼ぐことはできません。

「いかに馬券を的中させるか?」も大切ですが、それ以上に「いかに馬券の損失を抑えるか」も大切です。

この先、真剣に競馬でお金を稼ぎたいのであれば、合成オッズを使ってムダな馬券を買わないようにしましょう。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。