「競馬で稼ぐ力」を身につけるのに欠かせない3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬で稼ぐ力を身につけるための方法というものは限られており、一般的に

・情報商材を買う
・セミナーに参加する
・稼いでいる人に弟子入りする

くらいしかありません。

もちろんこれら3つの方法を実践したとしても、本人がしっかり行動しないと競馬で稼ぐことはできないでしょう。

しかし、ただ行動するだけでは競馬で稼ぐ力を身につけるのに時間も労力もお金を無駄にかかってしまう可能性があります。

最短で競馬で稼げるようになりたいのであれば、勉強や練習のコツをつかみ、効率よく取り組む必要がある。

そこでここでは、競馬で稼げるようになるための練習や勉強を最短でこなすための3つのコツを紹介します。

この3つのコツをつかむことができれば、早ければ3ヶ月くらいで競馬で利益を出せるようになるでしょう。



SPONSORED LINK

 

1.正しい目標を立てる

現在競馬で安定した利益を出している人達は、必ずその日の目標金額や月間の利益目標を明確に設定し、そこから逆算して戦略を立てて競馬に挑んでいます。

競馬で稼げるようになりたいのであれば、まずはこうした目標を明確にすることが大切です。

しかし、ただ単純に

「競馬で年間100万円稼ぎたい」
「毎月5万円の利益が出せるようになりたい」

などといった漠然とした目標ではいつまで経っても達成することができません。

大事なのは「なぜそのお金を競馬で稼ぐ必要があるのか?」をハッキリさせること。

例えば、現在会社に勤めており、なかなか給料が上がらないため、その分を競馬で稼いで少しでも生活にゆとりを持たせたい人がいるとします。

そんな人が競馬で月間100万円稼ぐ必要があると思いますか?

おそらく5万円も利益を出せば生活はかなり楽になると思います。

また、ゆくゆくは競馬の払戻金だけで生活することを夢見ている人がいたならば、月に5万円や10万円ではとてもじゃないですが生活することはできませんよね?

だったら「どうやって毎月競馬で30万円の利益を上げられるか?」を真剣に考える必要がある。

このように“競馬で稼いだお金を何に使うか”を明確にすることが、稼ぐ方法を勉強する前にやっておくべきことの1つなのです。

「目標なんてどうでもいい!とりあえず稼げるようになりたい!」と思っている人ほど、稼ぐ力を身につける努力や勉強がうっとうしく思い途中で投げ出してしまいます。

それどころか「もっと簡単に競馬で稼ぐ方法があるはず」と言って、楽な道へ逃げようとする。

そもそも、お金を稼ぐのがそこまで簡単なのであれば日本は今頃不況から脱出していますし「競馬でお金を稼ごう」なんて思うこともないでしょう。

特に競馬で安定して利益を出したい人ほど目先のお金に囚われず、競馬の利益の使い方を明確にしなければいけません。

“どうやって稼ぐか”も大事ですがそれ以上に“稼いだお金を何に使うのか”をきちんと考えておくことが、競馬で稼ぐ力を身につけるためのコツと言えます。

 

2.競馬を“当てる”ことにこだわらない

競馬で稼ぐ場合、買った馬券が的中しなければ払戻金を受け取ることができないため「どうやって的中馬券を予想するか?」が稼ぐ力のキモとなってきます。

しかし、そこに固執しすぎると的中してもお金が稼げない状態に陥ってしまいます。

極端な話、的中率を上げる最も簡単な方法は“全頭買い”で、どの馬券種でも全通りの馬券を買えば100%的中させることができます。

ただし、全頭買いしたからといって利益が出るかどうかはまた別の話だということは、少しでも競馬の経験がある人なら分かるはず。

例えば12頭立てのレースで単勝を全頭買いした場合、1点100円で買ったとしても1200円かかりますよね?

ということは、単勝オッズが12倍以上の馬が1着にならない限り、馬券は的中室しても収支はマイナスになるいわゆる「トリガミ」になってしまうわけです。

つまり、的中率を上げることと競馬で稼ぐことは全くの別物だということ。

馬券が的中するかどうかは結果論でしかなく、ある程度安定した的中率を確保できているのなら、無理に上げる必要はありません。

それよりもっと大事なのは「いくらの利益を出すためにどのくらいのオッズのゾーンを狙って勝負をするか」ということ。

例えば、競馬で1日1万円の利益を出したい場合、さまざまなやり方があります。

・オッズ2倍の馬券に1万円賭ける
・オッズ5倍の馬券に2500円賭ける
・オッズ10倍の馬券に1200円賭ける

などなど。

ではどの方法がベストな方法なのか・・・実はどの方法もベストですし、ここにこだわる必要はどこにもありません。

なぜなら、競馬で1万円稼ぐことができれば、具体的な手段や方法は対して重要ではないからです。

ところが競馬で勝てない人ほど本来そこまで重要視する必要がないことにフォーカスし、そこに稼ぐためのコツがあるように勘違いしています。

手法やロジックにフォーカスするのは危険?

ここでもう少し手法や方法にフォーカスすることが危険かについてお話ししていきます。

断っておきますが、手法やロジックを全般的に否定しているわけではありません。

こうした手法は数多く知っておけばとても心強い味方になりますし、正しく使えばきちんと競馬で利益を出すことができます。

しかし、手法やロジックの正当性を過信してここに重要性を置きすぎると、投資競馬の本質を見失うことになりかねないのです。

1.でもお話ししたように、投資競馬において大切なのは「競馬でいくら稼ぎたいか?」という金額をベースにした考え方です。

そのため、的中率や回収率と言った数字は目標の利益を稼ぐための戦略を立てる上での材料でしかなく、そこまで重きを置く必要はないのです。

例えば「オッズ2倍台」を狙おうとする場合、おそらく三連単と三連複以外の馬券種であれば、組合せ次第で2倍台のオッズが存在するはずです。

その中から最も的中する可能性が高い馬券を選べば、より高い確率で的中し、払戻金を受け取ることができます。

ところが、ここで馬券種を「馬連のみ」と縛ると選択肢は一気に狭まります。

オッズが2倍台であっても対象となっている馬の信ぴょう性が低かったら思い切って勝負できませんし、そもそも2倍台のゾーンがなかったら馬券すら買えません。

事実、競馬で稼ぐ人達は特定の馬券種にこだわっておらず、場合によってコロコロと買う馬券種を変えている人もいます。

これらはすべて「どうやって稼ぐか?」ではなく「いくら稼ぐか?」にフォーカスしているからこそできること。

手法やロジックに固執すると自身の選択肢を狭めることになるため、あまりこだわり持たずに勉強することをお勧めします。

3.過去のレースから“パターン”を読み解く

競馬で稼ぐ人達は、ある程度オッズや事前のデータを見ることでレースの展開を読み取ることができます。

これは決して予知能力があるわけでもインサイダー的な情報を収入しているからではありません。

過去レースを検証することで、同じようなパターンのレースを頭の中にインプットしているだけなのです。

「歴史は繰り返される」と言いますが、これは決して単なることわざではありません。

例えば1990年にバブルが崩壊しましたが、その70年前にも大正バブルというものがあり、それが崩壊した歴史があります。

また世界に視野を向けてみても、1929年にアメリカで世界恐慌が起こりましたが、その約80年後の2008年にリーマンショックが起こり、再び世界全体が不況に陥りました。

自然災害でも1923年に関東大震災が起こり、1995年には阪神大震災が起こりましたし、1933年に昭和三陸沖地震が起こったのに対して2011年に東日本大震災が起こったりとか。

このように、世の中で大なり小なり起こった出来事はすべて過去に一度は起こっていることなのです。

そしてこれは競馬のレースにも同じことが言えます。

今週開催されたレースのほとんどは、過去のどこかに同じような展開で同じような人気の馬が勝ったレースが必ずあり、こうした“パターン”を見つけることができれば、あとはこれから開催されるレースの中で同じようなパターンのレースを探すだけ。

レースの展開やどの馬が勝つかも過去のレースから紐解くことができるため、他のレースに比べて容易に未来を予測することができます。

もちろんレースのパターンの数は無限にあるため、1つのパターンを見つけるのも決して簡単ではありません。

しかし、過去のレースから1つでもパターンを見つけることができれば、あとはそのパターンに合致したレースで勝負すればいいだけですから、的中率や回収率は上がり、より利益を得られるチャンスが増えることでしょう。

「勝つ馬を見極める方法」を極めるよりもレース全体のパターンを見つけることの方が効果としては高いと思うので、過去レースを検証して自分なりのパターンを見つけてみてください。

 

競馬の予想方法は多種多様

現在投資競馬の勉強をしている人の中には「競馬で稼ぐ方法は1つしかない」と思っている人も少なからず存在します。

しかし、これまでお話ししたように競馬で稼ぐことにおいて最も重要なのは“競馬で利益を出すこと”であり“手元にお金が残るような賭け方をすること”に他なりません。

究極を言えば、これらが達成できていれば馬券種の選び方や買い方などはあまり気にする必要はない・・・ということ。

もちろん最初は何も分からない状態からスタートするわけですから、最初は情報商材だったりセミナーなどで教えてもらったことから入るのは結構です。

大事なのは、そこから自分の経験や感覚を組み込んでオリジナルの予想方法を構築する努力をしていくこと。

それこそが競馬で稼ぐ力を身につけるための最大のコツですので、教えられたことをただ鵜呑みにするのではなく、自分なりにアレンジして投資競馬を勉強していってもらえばと思います。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。