競馬初心者に知ってもらいたい馬券の的中率を上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬の経験が浅い初心者の人達がまず取り組むのが的中率を上げるための勉強です。

特に競馬で稼ごうとするには買った馬券が的中していることが大前提で、どの馬が勝つのかを予想するのか、どの馬券種を買えばいいかを見極めることが大切になります。

的中率が上がれば、それだけ払戻金を受け取れる回数が増えるわけです。

そのため「どうやったら的中率が上がるのか?」を勉強するわけですが、実は競馬で勝てない人ほど間違ったやり方や考え方で上げようとしているのです。

そして、競馬のキャリアを積めば積むほど、間違った方向にどんどん進んでいき、やがて引き返せなくなってしまう。

そうならないように、初心者の時から正しい的中率を上げるための方法を取り組まなければいけません。

そこでここでは、競馬初心者にうちから取り組んでもらいたい的中率を上げる方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。



SPONSORED LINK

 

競馬初心者が知っておくべき2つの数字

的中率さえ上げれば競馬で稼げる・・・と思っている初心者も多いと思いますが、実はその発想は半分間違いです。

確かに的中率は競馬で稼ぐ上で重要ですが、実はもう1つ把握しておくべき数字があります。

それが『回収率』です。

回収率とは掛け金に対していくらお金が回収(儲かったのか)を示す割合のことを言い、100円賭けて200円の払戻金を得た場合、回収率は200%となります。

つまり、投資競馬のように競馬をお金儲けとして取り組むのであれば、的中率と回収率のバランスが重要になってくるのです。

例えば、的中率が60%あっても回収率が80%だったら、馬券を買って的中しても収支はマイナスとなりますし、逆に的中率が10%でも回収率が110%だったら、収支はプラスになる。

高い的中率を誇っている手法でも回収率が100%を割ることがあるのか・・・と思うかもしれませんが、特に多点買いをしているとこのような状態になることは決して珍しくありません。

そして、競馬でコンスタントにお金を稼ぐのであれば、自身の的中率と回収率がどのくらいなのかを知ることが本当のスタートです。

もし、自分の回収率が100%を上回っているのであれば、競馬でお金が稼げているわけですから、わざわざ的中率を上げる必要はありません。

むしろ、買って外れたレースを分析して“あえて勝負してはいけないレース”の特徴を発見したほうが、的中率を上げるより簡単に利益を増やすことができます。

なぜなら、外れ馬券を買う金額を減らせば、その分利益が上乗せされるわけですから。

また、不的中になる馬券を買わない分、馬券を買う回数も減るわけですから、自然と的中率だって上がります。

つまり、初心者の段階で自分の的中率と回収率を知ることが最も大事だということ。

これを知らずに競馬手法などに手を出してしまうと、変な知識が入り込んでしまい、自分にとってベストな取り組み方を自ら捨てることになってしまいます。

まずは、自分の投資競馬の実力がどのくらいあるかを冷静に分析しましょう。

 

初心者でも簡単に的中率を上げる方法

競馬で的中率を上げる方法というのは、競馬の情報商材やセミナーなどで色々な買い方やロジックが紹介されています。

的中率50%を誇る三連複フォーメーションを使った競馬手法」もそうですし、「初心者でもできる!軸馬をたった2秒で見つける方法」などもその1つです。

ですが、もっと簡単に的中率を上げる方法はあります。

これを初心者のうちに知っているかどうかによって、今後の自身の競馬の取り組み方に大きな影響を与えるでしょう。

では、具体的にどんな方法なのか?

それは「馬券を買うレースを絞り込む」です。

例えば同一の競馬場で1レースから12レースまで馬券を買ったところ、的中率30%回収率105%のノウハウがあったとしましょう。

ここから分かることは、上記結果が出たノウハウでは12レース中3レースは的中するということで、残りの9レースは不的中になったわけです。

競馬で勝てない人は不的中になった9レースをどうにかして的中させようとしますが、実は競馬で結果を出している人達は逆の行動をとるのです。

つまり、不的中になると分かっているレースは手を出さずにそのまま見送る。

仮に不的中になった9レースのうち、明らかにノウハウに合致しないレースが2レース合った場合、その2レースはあえて勝負せずに見送ります。

そうすれば、馬券が外れた回数が9回から7回に減少したことになり、12回中3回の的中が10回中3回の的中となるため、的中率は30%から33%に上がるわけです。

分かりやすく言えば、的中率の分子(的中した回数)を増やすのではなく、分母(馬券を買った回数)を減らすことで的中率を上げていくのです。

1日の的中回数が2回でも5回中2回と10回中2回とでは、的中率は2倍違ってきますよね?

このように、投資の対象となるレースを前もっていくつかピックアップし、ノウハウや手法に合致しないものを除外することが、最も確実に的中率を上げる方法なのです。

ここでポイントとなるが、不確定な要素があるレースは全て排除すること。

「もしかするとこれかな?」といった半信半疑で馬券を購入しても的中しない場合が往々にしてあります。

どんな手法を用いても「対象となるレース」「対象にならないレース」「どちらとも取れるレース」の3つに分けることができると思いますが、基本的に「対象となるレース」以外には手を出さないことをお勧めします。

レースの数はお金を増やすチャンスの数ではなく、お金が減るかもしれないリスクの数と心得て取り組むのが、投資競馬の正しい姿勢と言えます。

 

競馬初心者が注意すべき“本命馬”の使い方

競馬の的中率を上げたいのであれば、馬券の買い方や軸馬の選び方を勉強するよりも、勝負するレースの選び方を練習するのが近道です。

そうすることで「馬券を買わない」という選択肢があることを認識でき、無駄な外れ馬券を買うリスクを減らすことができます。

とはいえ、馬券を買わないと的中しないし的中しないとお金も稼げませんから、どこかのレースで馬券を買う必要はあります。

その時に、競馬初心者がやりがちな行動の1つが『本命サイドの馬券を買う』というもの。

人気が高い馬というのは、世間から見て1着に来ると思われている馬ですから、他の馬に比べて的中する確率は高くなります。

特に競馬は、実力ではなくクラスによって出走できるレースが異なりますし、同じクラスでも実力はバラバラですから、単純な確率のゲームというわけではありません。

そのため、実力があり人気が高い馬を中心に買っていけば100%とはいかずとも高い確率で的中すると思います。

ですが、こうした本命サイドの馬を買うことで的中率を上げるのには大きなリスクが伴います。

このリスクを理解していなければ、的中率が上がらず、競馬で損をすることになるのです。

そのリスクとは主に次の2つです。

1)不的中になった時の損失が大きくなる

競馬は馬券購入額によってオッズが上下するため、人気が高ければ高いほどオッズが低くなりますし、的中してもあまり大きな配当がつきません。

つまり、的中してもあまり配当が付かないため、より多くの払戻金をもらおうとすると、自然と掛け金を増やす以外の選択肢しかなくなるわけです。

しかし掛け金を増やすと、今度は不的中になった時のリスクが大きくなります。

1番人気の馬を賭けておけば間違いなく的中する・・・というわけではなく、どの馬で賭けても馬券を購入した以上“不的中になる”というリスクがついてきます。

ですから、同じ馬券を買っても100円で不的中になれば損失額は100円で済みますが、1万円賭ければ損失額は当然1万円となるため、ハイリターンを求めると自然とハイリスクになってしまうのです。

確かに1番人気の馬の方が最下位人気の馬に比べて上位に食い込んでくる確率は高いですが、馬券に絡む保証がどこにもない以上、的中率重視で本命馬狙いの買い方は危険と言えます。

2)トリガミになる可能性が高くなる

トリガミとは的中したけど払戻金が掛け金よりも低くなる状態のことを言い、多点買いをした場合に起こります。

例えば、馬連馬券を100円ずつ4点購入した場合、掛け金の合計は400円となります。

そしてそのうちの1点が的中し、払戻金が340円だった場合、馬券は的中したけど結果的に60円のマイナスになりますよね。

こうしたトリガミになる要素の1つが“オッズが低い馬券を多点買いする”であり、的中率重視で選ぶこと起こりやすくなります。

つまり的中率を上げる代わりに回収率を下げることとなり、馬券が当たっても利益ではなく損失がでてしまう・・・ということ。

単純に馬券を当てることを楽しむのならまだしも、お金を稼ぐという点から考えると本末転倒な行動になってしまうわけです。

 

初心者の方が経験者よりも的中率を上げやすい

競馬の経験を積めば積むほど、それだけ競馬に関する経験値が蓄積されるため、馬券を当てるのに有利と思われるかもしれません。

しかし、その経験によって間違った競馬の取り組み方をしている人も少なくありません。

彼らは、自分のこれまでの競馬の取り組み方を捨てることができないため、正しい取り組み方を受け入れることができず、いつまで経っても的中率が上がらないのです。

その点競馬初心者は、経験や知識が浅い分、軌道修正するまでに要する時間が短いですから、正しい情報に触れさえすれば、あっさりと的中率を上げることができるでしょう。

だからこそ、『自分は競馬初心者だ』と思っているうちに、正しい競馬の取り組み方を心掛けてください。

そうすれば、何年も馬券を買っている人が越えられない壁をほんの数ヶ月で越えてしまうことも夢ではないでしょう。



SPONSORED LINK

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。