競馬を“血統”で分析する時にチェックすべき項目3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬を予想するファクターの1つに『血統』というものがあり、この血統からどの馬がレースで勝つ力を秘めているかを見極めることができます。

競馬はブラッドスポーツと言われているくらい血統によってレース結果が左右されるもので、この特徴を把握することで馬券に絡む馬を絞り込むことができます。

ただそのためには、競馬の血統についての知識がないとできません。

ここでは、血統を使って競馬を予想する際に知っておくべき特徴や情報についてお話しするとともに、血統を使って予想する際にチェックすべき項目を紹介しますので、ぜひ今後の予想に使ってもらえればと思います。



SPONSORED LINK

 

競馬を血統で分析するメリット

そもそも競馬の予想に血統が使われる大きなきっかけになったのは「ダービースタリオン」や「ウイニングポスト」などの競馬育成ゲームが販売されたことです。

ゲームの中でGⅠ馬を作るためには血統を考えて配合する必要があり、この発想が競馬予想に反映されたことが血統を使ってする予想の需要を高めたと考えらえます。

では具体的に血統を使って予想することでどういったメリットがあるのか・・・それは次の4つが挙げられます。

1:レース前から予想が立てられる

レースを予想する時、オッズや競馬理論の数値(データマイニングやコンピ指数)などを使う場合、その数値が表記されるまで予想が立てることができません。

特にオッズはレースが終わって払戻金が確定するまで常に変動しているため、どのタイミングでチェックするかによっても変わってきてしまいます。

それに対して血統は、競走馬がこの世に生を受けてから現在に至るまで変わることがない不変のデータなため、オッズや各理論の数値の算出を待つことなく予想を立てることができます。

極端な話、レースの出走が確定した瞬間にどの馬が勝つかを予想することができるということ。

そのため、血統からどの馬が勝つかを予想して馬券を買うことができるため、レース当日に仕事などの予定が入っていても大きな弊害にならないのです。

ただし、馬券を一度買ってしまえばキャンセルができないうえ、オッズの変動を見ながら買うことができないため、連対式の馬券を複数買ってしまうとオッズ次第ではトリガミになってしまう可能性もあります。

ですので、もし血統を使って前日に馬券を買うのであれば余計なリスクを減らすために馬券種は単勝もしくは複勝に絞るのがベスト。

さらにあえて1点買いにすることでトータルの収支をマイナスにするリスクを防ぐなど、馬券の買い方にも工夫が必要になります。

2:デビュー前から強さの優劣がつけられる

一度でもレースを出走すれば、過去のレース戦歴として新しい予想の材料となりますし、競馬理論の数値にも反映されます。

ところが競走馬が始めて出走するレース(新馬戦とよぶ)では、一度もレースに出走したことがない競走馬ばかり出走するため、一部の競馬理論が算出できません。

しかし血統を使えば馬のポテンシャルを測ることができるため、こうしたデビュー戦のレースでも的を絞った予想をすることができます。

特に各競走馬とも公式のレースはこれが初めてのため、まだ場馴れしていないこともあってか比較的に血統がレース結果に反映しやすい傾向があります。

そのため、材料不足で新馬戦を見送ることなく勝負を仕掛けることができるため、利益を増やすチャンスを広げることとなります。

ただ、必ずしも血統がレース結果に左右されるわけではないため、血統が良い競走馬が勝つ保証はありませんので、血統だけを見て判断するのは控えたほうがいいでしょう。

3:競走馬の特徴が把握できる

競走馬によって得意なレースやそうでないレース、または力を発揮しやすい展開などがそれぞれ異なります。

こうした各競走馬の特徴を踏まえたうえでレース展開を予測し、どの馬にとって有利な展開になるのかを予想することでどの馬券を買えば的中するかがより明確になってきます。

競走馬の特徴はそれまでのレースの成績などを見てもある程度把握できますが、実は血統からも競走馬のストロングポイントやウィークポイントなどを知ることができます。

冒頭でも話したように競馬ブラッドスポーツであり、血統によって距離、コース(芝もしくはダート)、得意なレース中の位置などを分けることができます。

その典型的なのは「クロフネ産駒の初ダートは黙って買え」という言葉。

つまり、血統の違いよって各競走馬の得意なレースや不得意なレースにも違いが表れるのです。

もちろん調教師をはじめ、競走馬を生産する関係者もこうした血統の影響については把握しているはずですから、よほど馬の特性に外れたレースに出走させるようなことは滅多にしてこないと思います。

ただ、血統の具合によってその特性が色濃く出るかどうかが変わってくるため、2~3頭で悩んだ場合には血統で判断してもいいでしょう。

4:競走馬のポテンシャルを測れる

血統は競走馬の特性だけでなくその馬のポテンシャルを測る材料にもなります。

例えば大舞台に強い血統もいれば、大きなレースになると実力が発揮しづらい血統もあります。

また、若いうちから才能が開花しやすい血統もあれば、ある程度年齢を重ねてから開花する血統、さらには、実力が長期間持続しやすい血統というものもあります。

こうした目には見えない実力や才能を読み取る術として血統が使われることがあり、特にGⅠなどの重賞では血統との相関性について理論的に分析している人も少なくありません。

またGⅠなどの注目度が高いレースになれば、当然競走馬の調子をその日がベストになるように調整してくるため、各競走馬のポテンシャルがレースの結果に大きく影響を与えるので、チェックしておくといいでしょう。

 

血統で予想する際のチェック項目

血統を用いて予想することで、早い段階から馬を絞り込むことができますし、それによって的中率を上げたり外れ馬券を避けたりすることができます。

競馬のレースは1会場当たり1日12レース開催されており、各レースの間隔は決して長くありません。

そのため、レースに出走する馬が発表されたと同時に血統を使って予想することで、事前に競走馬の目星をつけておき、当日はオッズや数値を比較して買うかどうかを短時間で判断することができます。

つまり、血統を使って予想をすることで馬券を的中させるための“下準備”ができるということ。

それだけでも血統を使う価値はあると思います。

では血統を使って予想する際に、どこをチェックすればいいのか?

実は血統を紐解いていくと非常に奥が深く、中途半端な気持ちで勉強しようとしてもあまりの奥深さに途中で挫折してしまうことも珍しくありません。

血統についての勉強が苦にならないならともかく、お金を稼ぐ目的で血統を使って予想をするのであれば、少なくとも以下の3点だけチェックすれば、ある程度的が絞れます。

1:競走馬の父馬を見る

競走馬も生き物ですから当然父馬と母馬がいますが、馬券を予想する際に血統を見るにはまず父馬がどの馬かをチェックしてください。

例えば2015年の日本ダービーを制覇したドゥラメンテの血統を見てみると父馬がキングカメハメハ、母馬がアドバイヤグルーブとなっています。

ドゥラメンテ

2:競走馬の母馬の父(母父)を見る

競走馬の父馬を確認したら、次に母馬の父馬(おじいちゃん)をチェックします。

先ほどのドゥラメンテの場合、母父馬はサンデーサイレンスとなっています。

なお、各競走馬の血統や父馬や母馬を調べる場合は「netkeiba.com」というサイトで調べることができますので、こちらから調べたい競走馬を調べて血統をチェックしてください。

3:各馬の系統をチェックする

父馬と母父馬がどの馬かを確認したら、その馬の特徴からこの競走馬の特徴を分析します。

例えばドゥラメンテの場合、父馬がキングカメハメハですから瞬発力が高くスローペースが得意な特性を引き継いでいるとうかがえます。

また母父馬がサンデーサイレンスですから、レースの後半に力を発揮しやすい傾向があるため、スローペースが予想されるレースでは全力を発揮しやすい馬と言えるでしょう。

また父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという組合せの場合、特に中山競馬場で無類の強さを発揮する傾向があるため、ドゥラメンテが中山競馬場で走る場合は、少なくとも馬券に絡む可能性が高いと考えていいでしょう。

・・・このように、父馬と母父馬から競走馬の特徴を導き出すことができます。

この特徴を加味して予想することで、より高い確率で馬券を的中させたり、穴馬を見つけたりすることができるので、基本的な系統の特徴くらいは知っておいた方がいいでしょう。

 

血統を使って予想する上での注意点

これまで血統を使った競馬予想のメリットや具体的な見方についてお話してきましたが、当然デメリットもあります。

まず、血統によって予想しても決してそれが“決定”ではないということ。

確かに血統を紐解くことによって各競走馬の実力や内に秘めたるポテンシャルを測ることができますが、その違いが必ずレースに反映されるかというと、そうとは言い切れません。

例えばスポーツでも、ランキングが低い選手が高い選手に勝つことだってありますよね?

競馬も同じで、血統通りに常にレースが展開されるわけではありませんから、血統の予想に依存することは非常に危険です。

あくまでも「予想する時のファクターの1つ」として使うようにしましょう。

さらに血統は、その競走馬の“家系”を辿るようなものですから、極めようと思ったらかなり奥深いところまで追求しなければいけなくなります。

競馬には何十年という歴史があり、当然競走馬の歴史も同じかそれ以上の歴史があります。

そのため、1頭の競走馬の血統を完全に調べようと思ったら、それこそ何百頭もの競走馬の特徴を調べ上げる必要がでてくるのです。

このように

・血統による特徴は決して絶対ではない
・血統を極めようと思ったら相当勉強が必要

この2点に注意して血統を予想に活用してください。

 

血統は競馬予想に役立つ「要素」の1つ

競馬の予想に血統を使うことで、競馬理論やオッズからは見つけられない馬券に絡む競走馬を見つけることができたりします。

ただ投資競馬をする場合は、的中するよりも払い戻しがいくらなのかが重要なので、きちんとオッズを確認してから馬券を買うようにしましょう。

的中させることとお金を稼ぐことは違いますから、血統の情報を上手に活用して利益が出る馬券を見つけてもらえればと思います。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。