top

ここでは、高橋一二三氏が販売している競馬商材「2点競馬」の評判や教材で紹介されているノウハウについて調べたことを紹介していきます。

この競馬商材は、文字通り2点で馬券を的中させるためのノウハウがまとめられており、中穴から万馬券の的中もさせられることが販売ページの中で謳われています。

ある程度競馬をしたことがある人であれば、こうした謳い文句について

「そんなことできるわけない!」

と思いながらも、心のどこかでは

「もしそんなことができたなら・・・」

と興味を惹かれる人もいると思います。

そんな人のために、実際教材ではどんなことを紹介しているのか、また購入者などの評判はどうなのか、そもそも本当に2点で馬券を的中させることが可能なのか・・・などをと調査してみました。

omousi

 

2点競馬で用いる唯一の競馬データとは?

競馬で馬券を的中させるためには、何かしらのデータや情報を収集しないと、まず安定した的中率や回収率を出すことはできません。

2点競馬も同様に、特定のデータを収集し、そこから統計学に基づいた分析方法や資金配分を駆使して競馬でお金を増やしていく方法をマニュアル化しています。

ではその特定のデータが何かと言うと「コンピ指数」です。

コンピ指数とは、日刊スポーツ新聞がスピード数値を基にして独自に算出している競走馬の能力の示す数値のことで、多くの人が愛用しているデータの1つです。

コンピ指数の求め方については日刊スポーツ新聞が独自の計算方法で算出しているため、誰も出すことができないですし、それが原因でコンピ指数に懐疑的なイメージを持っている人も少なくありません。

しかし2点競馬でこのコンピ指数を使って買い目をあぶりだしています。

コンピ指数を使うメリットとしては色々ありますが、一番のポイントは朝一で全レースの買い目を出すことができる点です。

競馬にはオッズやコンピ指数と言った予想に役立つ情報データがたくさんありますが、これらのデータの最終決定値は各数値によって異なります。

例えばオッズであれば、レースが終わって確定が出るまで数値が変化するため、ある程度の誤差を計算したり、オッズを確認するタイミングを統一するなどといった工夫が求められます。

さらに、オッズはレース出走時間になればなるほどより正確な数値になっていくため、オッズを使って分析・予想する際にはレース出走ギリギリまでどの馬を買うかを判断することができません。

つまり、ほぼ1日競馬にかかりっきりならないといけないのです。

それに対してコンピ指数はレースが始まる前日には数値が確定するため、レース出走から何分前、何時間前であっても予想することができます。

そのため、2点競馬はあまり競馬に時間を割けない人でも実践できる馬券術なのです。

 

2点競馬の具体的な予想法

コンピ指数を使ってわずか2点で馬券を的中させることができる!・・・と謳っている競馬商材「2点競馬」ですが、ここだけ聞くとかなり怪しい感じがしますね。

競馬を少しでもやったことがある人なら分かると思いますが、そもそも的中馬券を2点で当てることは結構難しく、仮に複勝2点で勝ったとしても的中するかどうかは感覚的に五分五分だと思いますし、的中しても複勝は相対的にオッズがつきにくい馬券種ですから、かなり高い確率でトリガミになります。

しかもこの競馬商材では馬連もしくは馬単、応用をきかせれば3連単での的中も可能と謳っているため、余計怪しさを感じるのが普通の人でしょう。

では具体的にどのようにコンピ指数を使って2点で的中させるのか?

まず、各レースに出走する馬のコンピ指数からそれぞれを8つの分析コードに振り分けます。

この8つの分析コードは、それぞれ異なる買い目の出し方を表しており、この8つの中から任意で1つ選択し、その分析コードに沿った買い目の出し方によってその日開催される全レースの馬券を購入します。

販売ページに書かれている『最低軍資金は1日4800円』というのは、そういう意味です。

ここでポイントなのは「どのコードがもっとも的中するのか?」ですが、実はこの8つの分析コードを時期によって使い分けることができるかどうかが、この馬券術で稼げるかどうかの分岐点になります。

中央競馬は1年中開催していますが、いつも同じ競馬場で開催されているわけではありません。

「春競馬」「夏競馬」という言葉があるように、各季節によってレースの性質や出走する馬のタイプなどが異なり、それによって予想する際の注意点なども微妙に変わってきます。

つまり、年中通して同じロジックで予想すると季節によって的中率や回収率に差が生まれる・・・ということ。

この事実を認識することができれば、時期によって分析コードを使い分け、より回収額を最大化させることが可能となります。

もちろん、最初から上手くいくわけではありませんし、どの分析コードがどの時期に使えるかを知るためにも、過去のレースを使って検証することは必須事項と言えるでしょう。

 

2点競馬を使えば確実に稼げるのか?

コンピ指数と分析コードを使って全レースをベタ買いするだけで利益が生まれる2点競馬ですが、では実際にお金を稼ぐことはできるのかと言うと、おそらく難しいでしょう。

少なくとも商材を買ってすぐに結果が出るか?というとまず出ません。

その理由は、まず分析コードの的中率の回収率がどのくらいなのかをきちんと見極める必要があるからです。

2点競馬のデメリットは、高額配当を中心に馬券を買うことによる的中率の低さです。

8つの分析コード全てを検証してみると、2~3レース的中したものもあれば、1レースも的中していないコードもあったりします。

そのため、「どの分析コードが的中しやすいか?」を先に見つけておく検証が必須となるわけです。

これを怠ると、おそらくどれだけ頑張っても収支は増えません。

これは2点競馬のみならず全ての競馬商材に言えることですが、まずは商材に書かれているノウハウを自分のものにするための練習が不可欠であり、ここにしっかり時間と労力をかければ、おそらく販売ページに書かれているような結果を手にすることができるでしょう。

また、プラスアルファで独自のフィルターをかけることで、的中率を高めることができたりもしますので、購入してしばらくは、馬券を買わずに検証と練習に時間を充てることをお勧めします。

そこさえしっかり押さえておけば、この競馬商材は役に立つと思います。

 

普段競馬に時間をかけられない人は試してみては?

2点競馬の評価については賛否両論あるものの、コンピ指数を使った競馬手法を学びたい人は手に取って試してみる価値はある競馬商材だと思います。

また、土日が忙しくてなかなか競馬に割く時間がない人も、前日買いや当日の朝にまとめて購入することができるので、お勧めかもしれません。

馬柱やパドックを一切見ないため、競走馬の正確な強さを測ることができない分、的中率に不安が残るものの、前日買いの1つの手段としては有効ではないかと思います。

詳細については下記ボタンをクリックして確認し、それを見て最終的にどうするかをご判断ください。

omousi

 

ただ1つ断言できるのは、競馬でお金を稼ごうと考えているのなら「手法」より先に身につけなければいけないものがあります。

それは競馬に望む姿勢や競馬に対する考え方・・・つまり「競馬の在り方」です。

ここさえ身につければ、おそらくどんな馬券種を用いてもきちんと利益を上げることができますし、反対にこれが身についていないといくら競馬商材を買いあさっても一向に利益を出すことはできないでしょう。

もし競馬を「副業」や「投資」と考え、お金を増やすことを目的として取り組んでいるのなら、競馬の在り方を教えている無料オンライン講座を開講しているので、こちらに参加してみてはいかがですか?

≫無料講座の詳細はこちらをクリック