競馬裁判男の手法から学ぶお金が増える馬券の買い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

少し前ですが「競馬裁判」が一時話題となりました。

これは大阪で実際に起きた裁判で、競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、無申告加算税を含む6億9000万円を追徴課税された男が、課税を複くとして国税局を相手取って裁判を起こしたもの。

第一審は原告(追徴課税を受けた男性)の言い分が主張され、課税額が大幅に減額されましたが、国税局が控訴しましたが、二審でも原告の主張が認められました。

こうした騒動は特に競馬をしている人達には非常に興味があったのだと思います。

ポイントとしては次の2点

・外れ馬券は経費なのか?
・どうやって億単位のお金を競馬で稼いだのか?

そこでここでは、この競馬裁判の例を挙げながら“お金を増やすこと”に特化した馬券の買い方についてお話ししていきます。



SPONSORED LINK

 

世間をにぎわせた競馬裁判の概要

まず、競馬裁判がなぜ起きたのか・・・ここから詳しくお話ししていきます。

きっかけはとある男性が2007年から2009年の3年間に28億7000万円分の馬券を購入し、30億1000万円の配当を得ていたこと。

あまり知られていないかもしれませんが、実は競馬の配当金にも税金はかかり、一定金額を超えると課税対象となります。

この男性もそのことを知らなかったようで、競馬で得ていた利益を申告していませんでした。

ところが国税局が男性につきつけたのは追徴課税額は約6億9000万円。

3年間で約5億7000万円の脱税をしたとして所得税法違反に問われ、無申告加算税を含んだ金額をつきつけたのです。

当然男性にそんなお金はない上に7億近くの追徴課税は不服だと主張し、国税局に対して裁判を起こした・・・これが競馬裁判の概要です。

この裁判でポイントとなったのは“外れ馬券の存在”。

男性は外れ馬券は“経費”と考え、国税局側は外れ馬券はそれを認めなかったことから、今回の裁判が起こったのです。

つまり男性の主張する利益は30億1000万円から28億7000万円を差し引いた1億4000万円。

対して国税局が主張する利益は30億1000万円から『的中馬券を購入した金額』を差し引いた約29億円。

税金は利益にかかりますから、この違いによって納税額の認識に違いが生まれ、裁判になるほどの大騒動となったのです。

 

競馬裁判の判決から学ぶべきこと

冒頭でもお話しした通り、今回の競馬裁判は競馬によって得た利益というものの認識の違いによって起こったものであり、結果は原告側の主張が通った形となりました。

つまり『外れ馬券も経費だ』ということ。

とはいっても、一概に全ての外れ馬券が経費だと認められたわけではありません。

今回のケースで言えば、男性は機械的に馬券を購入して利益を増やしていきましたが、こうした“機械的”な購入が投資として認められ、結果的に経費とみなされたことになります。

ということは

個人の思惑や願いなどといった非機械的な方法で購入した外れ馬券は経費として認められないということ。

「新場の頃から応援しているんだ!」というような思いで買った馬券はどれだけ外れても経費にはならないのです。

では機械的に馬券を買えばそれは全て経費となるかというと、それもまた違うと思います。

今回の競馬裁判のケースでは“経費”と認められました。

では、同じように機械的に馬券を買っている人の外れ馬券全てが経費となるかどうかはその時の状況によります。

ですので、いくら自分が競馬で投資をしている認識を持っていたとしても、外れ馬券=経費がまかり通るかどうかは微妙。

むしろ無理だと思って取り組んだ方が後々国税局と不毛な喧嘩をしなくても済みますので、あまり変な買い方をしないように気をつけましょう。

 

競馬裁判男が1億円稼いだ馬券の買い方

そもそも、この男性が3年間で30億円以上もの配当金を受け取らなかったら、国税局も指摘することはなかったでしょう。

では一体どうやって3年間で28億円もの馬券を買い、30億円以上もの配当金を手にすることができたのか?

それさえ知れば、自分の競馬で億を稼げるのではないか・・・なんて考えている人も少なくないはず。

そこで、ある程度推測ではありますが競馬裁判男が実際にどんなふうに馬券を買っていたのかを考えてみたいと思います。

1:対象レースはほぼ全レース

この男性はある競馬予想ソフトを使い、予想ロジックを独自にカスタマイズして競馬をしていたようです。

そして対象となるレースは新馬戦と障害を除く全レースで、さらに当日のオッズなどの情報などで微調整しながら取り組んでいたのだとか。

つまり土日はほぼパソコンに向かって競馬をしており、カスタマイズしたロジックによって買い目をはじき出して買っていたようです。

2:「破産しない」リスク管理

これはこの男性の買い方に限った話ではないですが、競馬で稼ぎ続けるためには資金がゼロにならないようにすることが最も重要です。

今回のケースで言えば、追い上げでなく負けたら掛け金を少なくしつつ損失をペイできる「追い下げ」を採用。

それによって資金が枯渇する前に回収していたみたいです。

3:独自の計算式で買い目を見つける

1:でもお話ししたように、市販されている競馬予想ソフトを独自にカスタマイズして買い目を見つけて馬券を買っていたようです。

その計算式がどういったものなのかは分かりませんが、式の数は40~50通りくらいあるらしく、各馬の独自の指数を算出し、それによって買い目を探していたみたいです。

 

以上が競馬裁判男の馬券の買い方の正体の一部ですが、結論から言うとこの方法を他の人間が真似するのは無理でしょう。

まず、競馬予想ソフトを独自にカスタマイズする時点で9割以上の人間が挫折しますし、カスタマイズの方法を見つけるのにこれまた時間がかかります。

ただ勘違いしないでくださいね。

彼の競馬手法を真似することはできませんが、彼と同じくらい競馬で稼ぐことができる未来への道が閉ざされたわけではありません。

分かりやすく言うと“競馬で誰でも億を稼ぐことができます。”

 

競馬裁判男が証明してくれた“ある事実”

競馬で勝てていないほとんどの人がこの競馬裁判のニュースを見て

「どうやったら1億も稼げるんだろう?」

と疑問を持ったかもしれませんが、実はそれよりも大事な数字が隠されているのを知っていましたか?

確かに彼は3年間で1億4000万円を競馬で稼ぐことに成功しましたが、重要なのは「いくら稼いだか?」ではなくその割合の数字です。

つまり回収率です。

競馬裁判男は3年間で1億4000万円稼ぐことに成功した、それだけ見れば「すげ~!」と思うかもしれませんが、この話には大事な前置きがあります。

それは「28億7000万円使って」という文章。

つまり、28億7000万円使って1億4000万円のプラス収支を出したわけで、回収率で言えば105%しかありません。

みんな利益や購入金額に驚かれているようですが、冷静に計算してみると意外と神がかり的な事をしているわけではない。

むしろ、そこらへんにいる競馬で普通に稼いでいる人と数字的には大きな差はないのです。

実際に、競馬でコンスタントに利益を出すには

的中率40%、回収率105%

この2つの数字をクリアすれば、自然とお金が増えていくのであり、この競馬裁判男はそれを素直に従ったにすぎません。

ではどのようにして、上記2つの数字をクリアする競馬手法を身につければいいのか?

具体的な手法やロジックは人によって異なるので一概には言えませんが、少なくとも次の3つを順守すれば競馬でプラスを出すことができるでしょう。

1:シンプルな馬券種で勝負する

競馬を使って投資をする時の基本的な買い方と馬券種の選び方」でもお話ししていますが、競馬で稼ぐためにはとにもかくにも的中することが絶対条件になってきます。

そのためには、三連単や三連複などといった的中条件が厳しいものよりも単勝や複勝といった1点で勝負できる馬券種で取り組むがお勧めです。

ある程度的中率が安定してきたら、あとは掛け金を上げるだけで利益はドンドンと増えていきますから。

2:基本的に「追い上げ」はしない方向で

競馬で稼ぐ手法の中で「追い上げ」を採用しているものが数多くありますが、個人的には推奨しません。

なぜなら、追い上げをするということは、その前のレースで外れ馬券を作っているということになりますよね?

そして、追い上げをすればするほど的中した際の払戻金が大きくなる・・・つまり課税対象金額がつりあがりなおかつ経費が少なくなるってこと。

追い上げが悪いと言いませんし「やるな!」とも言いませんがなるべく1戦1勝勝ち逃げできるスタイルがベストです。

3:成功者のロジックを真似する

正直に言いますと、この世に出ている色々な競馬投資手法の本質はそこまで大きな違いはありません。

買い目を選ぶ際に注目すべきポイントや参考にしているデータが違う物の、根本的な部分はほとんど一緒。

つまり、実際に競馬で稼いでいる人がどこを見て何を感じているかを本質的に捉えることができれば自然と的中率も回収率も上がっていきます。

「ここを見て買い目を決める」
「この計算で出た指数の馬が必ず来る」

というような、表面の数字だけを真似るのではなく成功者の考え方やものの視点そのものを真似るようにしましょう。

 

競馬裁判から学んだ理想の買い目とは?

単純な利益や金額だけを見ると今回の競馬裁判男はすごいと思うかもしれませんが、数字1つ1つの意味をしっかり追っておくと決して彼だけができたものではないことが分かってくると思います。

もちろん、技術的なロジックだったりを模倣するのは難しいですが、そもそも競馬で稼ぐ方法は1つではありません。

複勝であっても単勝であっても三連単であっても的中することが大事で、それがないとお金は一向に増えませんから。

そう考えると、三連単や三連複で大きく狙うことがいかにリスクが高いことなのかが実感できるはず。

最小限にリスクを抑えた賢い三連単の買い目の選び方」でもお話ししていますが、お金を稼ぐという観点では決して三連単はお勧め出来る馬券種ではありません。

理想を言うなら1点買いの1回勝負で的中させること。

そして、的中したらさっさとやめて利益を確定させること。

これを繰り返していけば、競馬裁判男よりは速度は落ちますが、間違いなく億単位の利益を競馬で手に入れることができるはずです。

ただそのためには「勝てる馬券の買い方」の本質を身につけることが絶対条件。

予想会社の情報を鵜呑みにしたり、サイトやブログなどで公開されている競馬手法に依存することなく、自らの力で利益が積み上げれるよう、しっかりと“競馬で稼ぐ本質”を身につけましょう。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶ競馬で“お金を稼ぐ人”になるための無料講座

kizi-sita

現在多くの競馬で稼ぐための情報配信や情報商材がありますが、それらを手にしてもほとんどの人がお金を稼ぐことができていません。

その理由は

「こうすれば競馬で稼げるようになる」
「ここを見て馬券を選べば的中する」


などといった競馬の「やり方」ばかりを追いかけており、最も大切な競馬の「あり方」を矯正することを怠っているからです。

競馬の「あり方」を変えることによって競馬の取り組み方が変わり、レースや馬の選び方が変わり、最終的に競馬の結果が変わってきます。

つまり、この先競馬でお金を稼ぎたいのであれば、まずは今までの競馬の「あり方」を改める必要があるのです。

事実、8年間全く競馬で稼ぐことができなかった人でも、競馬のあり方を変えることによって、2015年1月~7月の約半年間の的中率が81.8%という驚異的な数字を出すことができました。→成績の詳細はこちらをクリック

そして

競馬で稼ぐために必要な競馬の「あり方」を有名な投資家である、ウォーレン・バフェットの投資哲学から学ぶことができます。

実はバフェットは若い頃、競馬で大きな失敗して大金を失う経験をしているのですが、その経験が今の彼の投資哲学に反映されています。

そこで、バフェットがこれまで出版した著書の中から競馬のあり方を学べる部分を抜粋した競馬のあり方を変えるための投資競馬講座を無料で公開いたします。

講座でお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・

 
・競馬でお金を稼ぐことに特化したオッズの正しい見方と馬券の買い方(競馬でお金を稼ぐのなら人気の馬を買うのではなく“価値のある馬券”を買う必要があり、これができるようになればどんな馬券種でも競馬で利益を出せるようになります。)

・競馬で損をするリスクを最小限に抑える理想の馬券の買い方(競馬で勝てない人ほど無視しがちな“ある競馬のリスク”を馬券の買い方を改めるだけで限りなくゼロにすることができます。)

・お金を増やすために徹底すべき投資競馬に取り組む姿勢(競馬で稼ぐ・稼げないの違いが出る最大の原因は「どの馬券を買うか」ではなく競馬に取り組む姿勢であり、この姿勢で取り組めば競馬で大損することはまずありません。)

・競馬で稼ぐ方法を最短距離でマスターするためのたった1つの行動(この行動をとることによって、これまで勉強した競馬の知識や情報をもれなく自分のものにすることができますし、競馬で稼げるようになるのです。)

・投資競馬で成功するカギを手に入れるためにあなたが絶対にすべきこと(多くの人があまりやりたがらないことですが、実はその奥深くに競馬で稼ぐための秘訣が隠されていますので、目を背けず正面から向き合いましょう。)

 

先に言っておきますがこの講座に参加してもすぐに稼げるようになりません。

しかし競馬のあり方を変えれば、意識が変わり、必ずやり方に変化が生まれます。

その変化によって、結果的に自力で競馬を使ってお金を生み出すことができます。

この先競馬を収入源の1つとして考えているのなら・・・
今まで競馬で負けた分をキッチリ取り返したいのなら・・・

下記フォームからメールアドレスを記入してこの投資競馬講座に参加し、あなたの競馬を「あり方」を変えて稼げる力を身に着けてください。


メールアドレス



※もちろん、イメージしたものと内容が違っていたら、いつでも解除してもらって結構です。


的中率81.8%の結果はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。