実はチョー簡単!複勝だけでお金を稼ぐ投資競馬手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競馬でお金を稼ぐには、買った馬券を的中させる必要があります。

そこで、的中率を重視して複勝馬券を使って投資競馬をしている人も少なくありません。

『競馬でお金を稼ぐ』と聞くと、どうしても三連単などの高配当が期待できる馬券や、馬連のようになじみがある馬券でないとお金が稼げない・・・と思っている人もいます。

しかし、単純にお金を稼ぐだけでしたら、実は複勝で勝負したほうが効率よくお金を稼ぐことができるのです。

中には複勝だけで月に何十万円も稼いでいる人もいます。

では、複勝だけでお金を稼いでいる人というのは、どのような方法で競馬をしているのか?その秘策についてこれからお話ししていきます。



SPONSORED LINK

 

複勝が投資競馬向きな馬券である理由

競馬には色々な種類の馬券があり、それぞれに特徴があります。

その中でも、競馬で稼いでいる人が好んで使っている馬券の1つが複勝です。

複勝馬券とは、各レースで3着以内に入る馬を1頭予想するもので、8種類ある馬券の中で最も的中しやすいものと言われています。

しかし、その反面オッズがあまり高くならず、複勝で万馬券が発生することがなく、大穴の馬が来たとしてもせいぜい20倍くらいまでしかつかないでしょう。

つまり“的中やしやすいけど配当は低い”というのが複勝馬券の特徴です。

この特徴を理解した時、競馬で稼ぐ人とそうでない人とで、全く異なる見解を示します。

競馬で稼げない人というのは、主に“一攫千金”を狙う傾向がるため「配当が低い複勝ではお金は稼げない」と判断し、高配当が期待できる馬券での勝負を選択します。

ところが競馬で稼ぐ人というのは「的中率が高いのだから」と、的中のしやすさを取って、あえて複勝を使います。

もっと言えば、“不的中になるリスクを回避しているから”です。

確かに三連単は的中すれば大金を手にすることができます・・・が、その的中の難易度が人が考えている以上に高いのです。

仮に16頭立てのレースの場合、三連単が的中する確率は約0.03%で100点買ったとしても3%しかないのに対して、複勝の的中確率は約19%。

つまり、三連単を100点買っても複勝1点買った方が確率的には的中しやすいわけです。

馬券が当たった・外れたを楽しむ競馬であれば、三連単を買うのも夢が合っていいかもしれませんが、投資と言うお金を稼ぐ行為をするには三連単はとても効率が悪い馬券なのです。

投資競馬成功者は、そのことを理解しているから、リスクが低い複勝で勝負しています。

より多くのお金を稼ぎたいのであれば、掛け金を増やせばいいだけの話。

投資とは常にリスクとリターンが隣り合わせだということを認識して取り組む必要があり、“ローリスク・ハイリターン”などないということを知っておかないといけないのです。

 

複勝を使ってお金を稼ぐ3つのコツ

お金を稼ぐために投資競馬の手法を身につけたいのであれば、まずは複勝の買い方をマスターするのが一番の近道です。

複勝は各レースで3着以内に来る馬を1頭選ぶもっとも的中させやすい馬券種です。

しかし、その的中のしやすさからあまりオッズがつきにくく、なかなか利益を増やしづらいというイメージを持たれていますが実はそんなことありません。

的確な予想と正しい買い方をすれば、むしろ複勝が一番効率よくお金を増やすことができる馬券です。

ですが、ただ単純に複勝で的中する馬を予想して買うだけではお金は増えていきませんし、利益の伸びもゆるやかなままです。

複勝でお金を稼いでいる人達は、一見何気なく馬券を買っているように見えて、実はきちんと計算した買い方を確立しており、それによって月々の利益を効率よく増やしているのです。

そのお金を稼ぐための複勝の買い方とは大きく分けて次の3つのです。

複勝のコツ1:基本的に1点買い

複勝は馬券の特徴として高い的中率を誇っており、どんなレースでも15%以上の確率で馬券を的中することができるため、基本的に1点買いで勝負します。

逆に複勝で多点買いをすると的中率は格段に上がりますが、それと同時にトリガミになる可能性も比例して上がるため「的中したけど収支はマイナス」という残念な結果になりかねません。

出走する馬の中から3着以内に入る馬を1頭選ぶだけですから、軸馬がどうとか相手馬がどうとかを考える必要がなく、非常にシンプルな予想で的中させることができるのです。

複勝のコツ2:あえて1着を狙わない

複勝馬券は3着以内に入れば的中となるわけですが、競馬で稼ぐ人達は1着に入る馬を複勝で買うことはあまりありません。

なぜなら1着で来る馬を狙うなら複勝よりも単勝の方がオッズ的に魅力ですし、人気馬1着の複勝払戻金よりも、中堅の人気馬が2着か3着に入った払戻金の方が配当的に高くつく傾向があるからです。

そのため、あえて1着に来る馬ではなく2着か3着に来る馬を予想して複勝で買うのがもっともオーソドックスな買い方といえるでしょう。

複勝のコツ3:オッズ2倍前後を狙う

複勝は的中がしやすい反面、あまりオッズが高くならないのが特徴で、1番人気の馬が入っても払戻金が140円とか130円にしかなりません。

いくら的中してもそれでは利益が少ないため、複勝で狙う際にはオッズが少なくとも2倍はある馬に絞りましょう。

もし複勝オッズが2倍以上ありながら、3着以内に入る可能性が薄い馬しかいない場合は思い切って見送り、余計な損失を減らすよう心がけてください。

 

複勝を使ってより多く稼ぐための方法

複勝でお金を稼ぐには

・1点買いで勝負する
・1着は狙わない
・オッズ2倍を狙う

この3点を心掛けることによって、効率よくお金を稼ぐことができます。

ですが、ただ、複勝を中心に競馬をしていっても、資金管理が完全でないとオッズが低いため最初は思うように利益を伸ばすことができません。

そのため、多くの人が複勝を諦めオッズが高い馬連や三連単の多点買いに方向転換するのですが、実は複勝1点買いの的中率が高まると1レースでより多くの利益を残せるようになるのです。

複勝は、3着以内に入るであろう馬を1頭見つけることができれば的中する馬券です。

ということは、この1頭を軸に他の馬券種と併せて買うことによってダブル的中やトリプル的中をさせることも可能なのです。

例えば、3着以内に必ず入る馬(A)を1頭見つけたとして、その馬よりも強いと判断できる馬(B)がもう1頭いたとしましょう。

この場合、まず軸馬で複勝馬券を買い、馬Aと馬Bのワイド馬券で購入する。

馬Bは馬Aよりも強いわけですから、馬Bの2着以内が堅いことになり、複勝・ワイドのダブル的中ができる・・・というわけ。

また、他の馬との強さの比較によっては馬連や馬単に切り替えてもいいかもしれません。

このように、複勝1点で的中できるようになるだけで、1レースで利益を2~5倍近くにまで増やすことができ、実際にこうした買い方で競馬で稼ぐ人達は利益を伸ばしているのです。

ただ多点買いをする場合は、トリガミになるリスクがでてくるため、「投資競馬に欠かせない合成オッズの計算方法と賢い使い方」でも紹介している合成オッズを前もって計算しておく必要はあります。

複勝を1点で的中させれるようになるだけで、単勝やワイドなどでも的中するためのきっかけをつかむことができます。

そう考えると、へんに馬連や三連単の稼ぎ方を身につけるよりは、複勝の1点買いで的中させる方法を身につけたほうが近道と言えるでしょう。

 

「複勝ころがし」は稼げるのか?

複勝でお金を稼ぐ有名な手法の1つとして「複勝ころがし」があります。

複勝ころがしとは複勝で得た払戻金を全額次のレースの複勝に投資して、利益を雪だるま式に増やしていく競馬手法のことで、1.5倍前後の複勝オッズを5回的中させれば、払戻金は最初の資金の10倍以上になります。

この複勝ころがしはとにかく的中させることが重要で、的中率は100%でなければ手法が成立しません。

そのため、どれだけオッズが低かろうがほぼ間違いなく来る馬に狙いを絞って馬券を買っていくのが大きな特徴とも言えます。

ただ、この複勝ころがしが“投資競馬”の手法として適切かどうかについては多くの人が否定的な見解を示しています。

その理由は2つあります。

1つは、この複勝ころがしの理論が「100%的中する」という前提条件があって初めて成立する手法であり、1度でも外してしまうと利益がゼロになるリスクがあるのです。

そしてもう1つの理由は「控除率」です。

控除率とは馬券が的中した際にJRAが運営手数料という名目で徴収するお金の割合のことで、複勝馬券が的中した場合、払戻金の20%が差し引かれます。

つまり、複勝ころがしをすればするほど控除金額も比例して多るうえに、複勝馬券を買う度に控除金額が差し引かれるため、苦労して馬券を的中させてもその半分近くをJRAに持っていかれることになるのです。

これらの理由から、複勝ころがしはお金を増やすという点では推奨できないので、間違っても実践しないようにしましょう。

 

副業は投資競馬の基本

「お金を稼ぐこと」を第一に考えるのであれば、複勝の1点買いで的中できるようになるのが最もリスクが低いと考えています。

どれだけ多点買いをしても、おそらく実績を出している人達の合成オッズは2倍~3倍くらいがほとんどで、それ以上出している人はごくわずか。

でしたら、最初から2倍台の複勝1点で賭けるのと結果的には同じことになりますよね?

もちろん、複勝買いの馬券種を使った競馬手法を批判するつもりはありませんし、それで利益が出ているのなら今後その手法を使っていく方が確実に利益は増えていくでしょう。

的中率が40%もあればおそらく複勝だけで利益を増やし続けてくことができるはず。

複雑なロジックを覚えたり最初から膨大な資金が必要な手法を使うよりもローリスクでハードルが低いと思うので、ぜひ正しい複勝の買い方のマスターにチャレンジしてみてください。



SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。